こんにちは

『かつお』

です。

今日は2月14日・・・

あまり関係のない

『バレンタイン・デ-』

です。

今週も局長『小山田さん』の指令により

調べてきました、バレンタイン・デーを・・・。

バレンタイン 』 この言葉の起源は、実は人の名前だったんです。

バレンタインは元々、3世紀にローマで殉教したキリスト教の聖人の名前から来ています。

イタリア語にすると「ヴァレンティーノ」で、この言葉自体は英語での発音なんです。

当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、兵士達の戦意を削ぐからという理由で、若者同士の結婚を禁止していました。

そんな中聖バレンタインは、若者達を憂いて密かに結婚させていったのです。

当時、ローマ国ではローマ国教という宗教が優勢で、

キリスト教徒であった聖バレンタインも、改宗を命じられたものの

承諾せずに投獄され、処刑されてしまいました。

この処刑された日が『 バレンタインの起源』とされ、

現代でいうところの、2月14日だったという事です。

よく勘違いしがちな事なのですが、バレンタインにチョコレートを

送るのは日本特有のモノではなく、海外発祥なのだそうです。

元々はイギリスのチョコレート会社である、キャドバリー社が

考えだしたのだそうで、ギフト用のチョコレートを製造したのに合わせて、広まったとのこと。

日本では、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年、

『バレンタインチョコ』についての広告を出し、

以降はチョコレートの消費が増加するのに合わせて、広まっていったという事です。

今では当たり前のように、デパートで行われている

バレンタインチョコのフェアを最初にやったのは、新宿伊勢丹だったようで、

本格的な風習として広まって行ったのは、1970年頃だったみたいです。

 

以上、報告結果になります。

どっかで、いきなり『好きです!!』なんて

もらえたりしないかなと妄想しときます。


1