蒲田 風俗 【蒲田手コキング】 手コキ オナクラブログ

東京 蒲田 オナクラ 手コキ ブログ 

2019年10月

一昨日テレビでラーメン人気店の密着を

見ててラーメン屋やりたいなぁと

人生軽く考えてるパナキです。

昨日の朝の7時頃幻想的な景色が

東京都内などで広く濃霧「放射霧」と

呼ばれてるみたいですね。

僕が住んでるところもスカイツリー近くなので外見たら

霧が凄くて前が見えない程でした。

(ちょっともってます)

それでも霧でJR総武快速線などが東京、千葉、埼玉の

一部列車に遅れがでるほど。。

幻想的な景色を引き換えに通勤に苦労しました。

おわり

 


いつになったら歯ブラシが
2本になるのか?
結婚していた頃3本の歯ブラシありましたが
離婚してしまい・・・・
離婚者が多いですが
なぜ結婚するのか?
◆1人が寂しいから
◆子どもが欲しいから
◆1人じゃできないことがあるから
◆家庭を持って、心の拠り所が欲しいから
賛否用論
結婚すれば自由がなくなる!
結婚しても幸せになれるとは限らない!
結婚って我慢我慢
我慢できない知人バツ3いますが
見てて分かります
間違いなく、✕4・✕5達成する!
※よく、いい人と出会いがないな~とか言ってる人
いますが、自分は、いい人なのでしょうか?
よ~~く考えましょう。

1

冬が来るのか?
最近布団から起きるのが辛い。
眠気がたまりません。
小山田です。

あまりにも眠いので、
朝起きたら、逆立ちしてます。
頭に血が上ると、まあまあ目が覚めるんです。

ただあまりにも眠い時は、転びます。。。

さぁ、今日は雨で寒いと予報でしたが、どうなるでしょう?

季節の変わり目は、風邪が流行る。
とりあえず風呂に入って、寝ましょうか。

こんにちは

『かつお』

です。

もうすぐ

『ハロウィン』

ですね。

日本では、コスプレなどがフォーカスされやすいですが

実際の起源はご存知ですか?

ハロウィーンは、アイルランドやスコットランド、

古代ケルト人のドイルドの信仰が起源だと言われています。

ケルト人にとって1年の初めは11月1日であり、1年の終わりが10月31日。

この日には、秋の収穫を祝うと共に、この世と霊界を自由に行き来できる時期であり、

死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

この時に悪霊も一緒に来ると信じられており、

不気味な仮装で悪霊から身を隠し、魔よけのために焚火をしました。

このように、元々は古代ケルト人の宗教的な祭りからスタートしていますが、

現在、アメリカなどでは宗教的な意味合いはほとんどなく、民間行事のひとつとなっているようです。

先祖の霊を迎えるという意味では、日本の盆踊りにコンセプトが近いと言えます。

収穫を祝うという意味では、日本各地で開催される収穫祭でしょうか。

日本で初めてハロウィーンを取り扱ったのは、

1970年代、キデイランド原宿店であると言われています。

その後、1983年には、同キデイランド原宿店がハロウィーン商品の販売促進のために

、ハロウィーンパレードを行いました。

ハロウィーンの認知度が急激に上昇したきっかけは、

1997年に東京ディズニーランドで開かれた

「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」

での仮装イベントです。それ以来、東京ディズニーランドでは、ハロウィーンが秋の恒例イベントとなっています。

2000年代後半には、菓子メーカーがハロウィーンに着目し、

ハロウィーン商品を毎年販売するようになりました

。さらに、バラエティショップなどで仮装用品の販売が始まるなど、

多方面からハロウィーンが急速に広まっていきました。

とくに仮装については、もともとコスプレ文化に馴染みがあった日本では親和性も非常に高く、

「悪霊から身を隠すための仮装」の範囲を大きく超えて、

何でもござれのコスプレとして、独自の方向で進化していきました。

また、ハロウィーンのイベントが「SNS映え」することもあり、

ハロウィーンのイメージの拡散を強く後押ししたと考えられているみたいです。

経済効果も1000億円以上と凄いんですが、

一方で、パレードの騒動や、ゴミの散乱、

酔っ払いによるトラブルなどが多発するようになりました。

とくに昨年は、渋谷で大量の逮捕者が出るなど、大きな社会問題となりました。

賛否両論ありますが、大きな経済効果があるのも事実です。

日本人はクリスマスのように、本来は宗教的な行事も、

恋人や家族と楽しむイベントとして受け入れ楽しんでいます。

ハロウィーンも、マナーを守って楽しむ分には、季節行事の1つとして、

また、大きなビジネスチャンスとして、盛り上がっていけばいいと思います。

 

かつお

 

1
 

 

今日は「時間を大事に」というお話です。
昔から「Time is money = 時は金なり」という言葉はよく耳にしますね。

「Time is money」
この言葉はアメリカの建国の父の一人として活躍した
「ベンジャミン・フランクリン」が語った言葉といわれております。
その言葉が日本に伝わり、

直訳して「時は金なり」と訳されています。

意味は皆さんのご存じのとおり
『時間はお金と同じようにとても貴重なものなので、無駄に浪費したりせず、有意義な使い方をしましょう』

この意味を掘り下げた考え方は色々とございますが、
一つは、
【機会費用】とう考え方です。

例えば、学生の頃の夏休みを思い出してみましょう。
「アルバイトをしようかとも思っていたけど、結局ダラダラと過ごして終わってしまった・・・」
こんな経験や、周囲にこんな学生さんがいませんでしたか?
仮に、「ダラダラと漫画を読んだりゲームをしたりして過ごした夏休みにアルバイトをしていたら10万円稼いでいた」とします。
そぉすると、『10万円を払って、漫画を読んだりゲームをしたりした』ということに置き換わります。
これが【機会費用】の考え方なのです。

 

ダラダラと時間を過ごすことは、お金をほとんど使っていないように思えますが

実は手に入ったはずの利益を捨てて、ダラダラと過ごす時間を買っているということになります(^^;;

この【機会費用】という考え方を日々の生活の中で意識して活用してみると、
人生の質や充実感・幸福感を得られる機会が圧倒的に増えていきます(^O^)♪
ぜひ、活用してみてください!

↑このページのトップヘ