2018年04月16日

疫病の元凶は女の血のケガレ

神道で天皇に代わって伊勢神宮に仕え、三種の神器を
扱う神聖なる役職は斎宮という巫女。血の穢れの観念は
仏教伝来以降。

律令制で家父長制が貴族社会に定着し、男性優位社会となり、
都に人口集中による疫病・災害が蔓延すると、原因は女性の
血のケガレだと、仏教僧によって広められた。伝統文化の根
なんて、たいていこんなものだよ。
頭の悪い愚鈍な暴力デブ集団の女性差別も、六世紀のクソ坊主
が説いた「女は血でけがれておる。疫病の元凶じゃー」という
説教をそのまま信じた哀れな信者のなれの果てだって事だよ。
守るべき伝統文化のカケラもないだろうに。

kame3328 at 08:56|この記事のURLComments(0) 密教・仏教・禅 

2018年03月26日

四川・長江文明

○四川・長江文明


1973年・1978年の発掘調査で発見された浙江省余姚市の
河姆渡遺跡(かぼといせき)により、この説は覆される。
河姆渡遺跡は紀元前6000年から紀元前5000年頃のものと
推定され、大量の稲モミなどの稲作の痕跡が発見された。
稲作を行っていた事からその住居は高床式であった。

このように河姆渡遺跡は明らかに黄河文明とは系統の
異なるものであり、それまでの「中国文明すなわち
黄河文明」という当時の定説を大きく覆す事になった。

更に、東北の遼河周辺でも文明の痕跡が発見されるに至り、
現在では遼河周辺、黄河上・中・下流域、長江上・中・
下流域に分類し、それぞれが互いに影響しあい、かつ
独自の発展を遂げていったと考えられている。


初期段階より稲作が中心であり、畑作中心の黄河文明との
違いからどちらの農耕も独自の経緯で発展したものと
見られる。長江文明の発見から稲(ジャポニカ米)の
原産が長江中流域とほぼ確定され、稲作の発祥もここと
見られる。日本の稲作もここが源流と見られる。

中流域の屈家嶺文化(くつかれいぶんか、紀元前3000年? -
紀元前2500年?)・下流域の良渚文化(りょうしょぶんか、
紀元前3300年? - 紀元前2200年?)の時代を最盛期として、
後は衰退し、中流域では黄河流域の二里頭文化が移植
されている。黄河流域の人々により征服された結果と
考えられ、黄帝と神農や蚩尤の対立などの伝説は、
黄河文明と長江文明の勢力争いに元があると考えられる。

河姆渡遺跡からは玉で作られた玉器や漆器などが発見されて
おり、また呉城文化(紀元前1400年? - 紀元前1000年?)
からは磁器が発見されている。中国文化の重要な一翼を
担うこれらの文物の源流がここから出たのではないかと
する説もある。

これらが後の楚・呉・越に繋がったと考えられるが、
どのような流れをたどって繋がるのかは未だ解らない。
本格的な発掘が始まってより30年ほどしか経っておらず、
発見されたものの量に対して研究が追いついていないの
が現状である。

四川盆地では長らく文明の発見が無かったが、1986年
に四川省広漢市の三星堆遺跡(さんせいたいいせき)
から大量の青銅器などが見つかり、一気に注目される
ようになった。

四川は地形的に他の地域と途絶しており、そこで発見
された文明は黄河・長江とも異質な文明を発展させて
いた。そこで四川文明と分類されることもある。

三星堆の特徴として怪異な面が多数発掘されることがあり、
青銅の人像の顔に被せられた黄金面も発掘された。古代に
あったとされる蜀の国だと考えられる。この蜀国は
『史記』ではほとんど登場せず、まだ中華文明の視野の
外の地域であった。唯一、秦の恵文王の紀元前316年に
司馬錯によって滅ぼされて、秦の版図に入ったことが
記される。

なお、蜀地域の地域史書である『華陽国志』ではこの
古代蜀についての詳しい記述があったが、黄河文明中心
史観の時代にあってはこれらの文献は想像の産物だと
思われていた。しかし、三星堆遺跡の発見で一躍現実味
を帯びたものとなった。

2004年現在、長江文明・四川文明とも体系化された文字は
見つかっていない。ただし、文字様の記号は見つかって
おり、その年代は紀元前2000年から紀元前600年とされて
いる。現在出土している最古の甲骨文字が紀元前1300年
くらい(武丁期)のものなので、これが文字だとすれば
甲骨文字に先んじた文字ということになる。

稲作の起源は,中国最古の文明が発見された長江
(揚子江)流域とされています。それまで中国で
最古の文明と考えられていた黄河流域の「黄河文明」
より早い時代に,揚子江沿いに在った「長江文明」
を発見したのは,国際日本文化研究センター教授
の安田喜憲氏らでした(1996年)。この
長江文明は,畑作中心の黄河文明に対し,稲作
中心で,ジャポニカ種が栽培されていました。
稲作の起源は,少なくとも8,600年前までは,
確実に遡れる。もし,土器にある圧痕が稲作の
証拠とすれば,少なくとも11,000年位前
までは確実に遡れます。玉蟾岩(ぎょくせんがん)
遺跡や仙人洞遺跡では14,000年前まで遡れる
可能性が指摘されているという段階です。との
ことです
中国の国営通信,新華社は22日,中国の長江
(揚子江)下流の新石器時代の上山遺跡
(浙江省浦江)から,約1万年前の世界最古の
栽培稲のもみ殻が見つかった,と伝えた。新華社電
によると,これまで最古の栽培稲は長江中流の
遺跡などで見つかった8,000年前のものと
されており,稲作の起源はさらに約2000年
さかのぼることになる。

同省の考古学研究所などが調査した結果,上山
遺跡で約1万年前の土器とともに大量の稲のもみ殻
が出土。もみ殻を調べたところ,野生種より長さが
短く,幅は逆に太い栽培稲の特徴が確認できたと
いう。専門家は今回の結果について「長江下流が
稲作の発祥地の一つであることを裏付けた」との
見方を示した。

中国の長江文明は今から約4,000年前に崩壊しま
した。これは,4,200年前に訪れた寒冷化に
よって,中国北部の畑作牧畜民(漢民族)が南下
してきて,稲作漁労民である彼らを滅ぼしたことに
よります。 (日本においても,この寒冷化の
時期に「三内丸山」も崩壊したと考えられます。

さらに今から約3,000年前にもう一度寒冷期が
訪れます。このとき,畑作牧畜民(騎馬民族)の
さらに激しい拡大・南下があり,長江流域の稲作漁労民
は,雲南省や貴州省へと逃れました。また一部の
人々は日本へと船でやって来て,米や文化(稲作
文化)を伝えたと考えられています。
なお,滋賀県守山市で発掘された弥生時代中期の
下之郷遺跡からは,温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカ
の両方の稲が確認されており,東南アジアから直接の
伝来もあったようです。

・弥生時代に日本へ水稲耕作をもたらした人々(弥生人)
 は、長江文明が起源とされる
・黄色人種、高床式、農業、武器を持たない



○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「謎の古代日本史/ユダヤ人秦氏と神道」
を出版しました。「日本は神道だが、神道はユダヤ教だな。」とは、
明治天皇の言葉である。購入は↓↓ から
          http://www.amazon.co.jp/dp/B00WT3T2S2
kame3328 at 07:01|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2018年03月19日

3500年前からの寒冷・乾燥化:殷王朝→周王朝

3500年前から3200年前、ユーラシア
大陸内陸部で寒冷化と旱魃が進んでいく。
この気候悪化のなかで、中央アジアのスキタイ=
シベリア文化の遊牧民は、騎馬に必要な
鎧やくつわを鉄器で作り、さらに鉄製の弓や
武器をいち早く手に入れ、騎射技術を獲得
した騎馬軍団を作り上げる。この騎馬技術は、
テュルクやモンゴルに伝播していった。


3500年前、夏王朝に服属していた殷(商)族
(モンゴル騎馬民族)が反乱を起こし、夏王朝
を滅ぼして、殷王朝を打ち立てる。夏王朝の
チベット族(羌族)は洛陽地域を放棄し、
西へと移住した。殷王朝を興した部族に
ついては、イラン系遊牧部族に侵略され
逃げ延びたトルコ族とする説もある。



3800年前頃の楼蘭の遺跡から、ヨーロッパ系
白色人種の特徴を示すミイラが見られること
から、白人の影響も無視できないが、中央
アジアから起こった戦車の技術を取り入れる
のはモンゴル族でもトルコ族でも可能である。
むしろ殷が夏の体制をそのまま引き継いでいる
こと、及び殷に起こった漢字の独自性や天信仰
から見て、「モンゴル族による政権」とみる
べきであろう。

【北狄出身】の殷人はおそらく元来は遊牧民で
あったものが中原に移住してきて畑作農耕にも
従事するようになっていった部族です。何故なら
この殷人は王朝を開く前も開いた後も、何度も
その居住区を変えているからです。つまり遷都を
頻繁に行っているわけですが、これは牧草地を
求めて移動を繰り返す遊牧民の生活スタイルが
残っていたからでしょう。

また、殷王朝においては宦官、つまり去勢した
男の奴隷官人階級が出現することになり、これは
この後のシナの王朝には必須のものとなって
いきましたが、これは遊牧民族諸国において
見られた制度です。そしてまた殷王朝においては
各種の祭祀において神、つまり先祖霊を祀る際に、
牛や豚や羊などの動物の犠牲を捧げる風習が
ありましたが、これも遊牧民の風習です。そして
時代が下ると殷王朝では戦争で捕らえた敵国の
捕虜をも犠牲の供物にしていたようです。

・北狄=黄河北岸の内モンゴルやゴビ砂漠方面に
住む民族で、新モンゴロイド系の遊牧民や狩猟民
でツングース族、モンゴル族、トルコ族など

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「謎の古代日本史/ユダヤ人秦氏と神道」
を出版しました。「日本は神道だが、神道はユダヤ教だな。」とは、
明治天皇の言葉である。購入は↓↓ から
          http://www.amazon.co.jp/dp/B00WT3T2S2
kame3328 at 09:47|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2018年01月28日

東夷の背景に潜むイスラエル文化

○東夷の背景に潜むイスラエル文化


イスラエルの民が東夷の背景にあるならば、
必ずや、イスラエル文化の痕跡が東アジアの
歴史に残されているはずです。九夷や東夷
の生活習慣や思想についての記述がある
後漢書、三国志、梁書、魏書、随処等の東夷伝
に、少なくとも2つの決定的な根拠が記載
されています。まず後漢書東夷伝によると、
東夷の風習は「酒を飲み、歌舞することが
好きで、時にはかんむりを冠り、錦の衣を
着る」とあり、更に「器具には、俎豆を使用
する」と繰り返し記載されていることに注目
です。「俎」は、生贄の肉を乗せるまな板で
あり、豆は菜を盛るたかつきのことです。
この2つの文字を合わせると、祭祀の供を盛る
器の意味となります。つまり東夷では、
祭壇とお供えを伴う儀式を執り行い、燔祭
を伴う宗教的儀式を営んでいたことがわかり
ます。
次に、「政治のゆきわたったところでは、
道義が行われる」だけでなく、「法は7〜800年
も続き、それゆえ東夷は一般に穏やかに行動し、
心に慎むことを慣習としている」と記載されて
いることにも注目です。これらの記述からは、
東夷の民が先祖代々、律法を共有していた
ことがわかります。イスラエルの民はモーセ
の律法に従って燔祭の儀式を長年執り行って
きただけでなく、トーラとも呼ばれる律法を
社会全般の規律として遵守することに努め
続けてきた民族です。モーセに律法が与え
られた時代は、およそ前13世紀です。そして
イスラエル国家が崩壊し、大勢の北イスラエル
及び南ユダ王国の民は、北イスラエルが
前721年に滅びた直後の前6世紀、そして
南ユダ王国は前586年に滅びたことにより、
前6世紀から前5世紀にかけて多くのイスラエル
難民がアジア大陸を東方に旅したと考えられ
ます。つまり、モーセの律法を掲げた
イスラエルの民が中国の淮河流域周辺に到達
したと考えられる時期は、モーセの時代から
ちょうど7〜800年後のことであり、東夷伝
の記述に合致します。

また隋書列伝には、東夷は「衣服に
ついては一般の服装と礼服とが兼ね備わり」
「儒教の経典を学ぶことが好きで、文学や
史書を愛読する」、そして「先哲の遺風が
なければ、どうして能くこのような(良い風習に)
なることができようか」と書かれています。
この特徴こそ、正にイスラエル民族の天性と
いえる勉学や宗教に対する熱意と姿勢の表れ
ではないでしょうか。そのイスラエルの
ルーツを自ら悟り、東夷をこよなく敬愛した
のが孔子です。このように東夷は博学である
だけでなく、宗教的儀式にも長け、そして
規律正しい人種だったことがわかります。
古代社会において、同様の慣習や文化的背景
を持つ民族は少なく、シュメールを先祖と
するイスラエル人の民族移動と東夷の関係を
結びつけることにより、多くの謎を解明
することができます。

東夷の地域では鳥がトーテムとして崇拝されて
おり、殷人にも鳥をトーテムとする習俗や、
殷王朝の始祖「契」がツバメ(玄鳥)の卵から
生まれたという伝説があります。これらから、
殷人と東夷が同じ出自である可能性もあります。
これらを踏まえると、メソポタミアで侵略を
受けて流浪の民となったシュメールの後裔が、
東方へと逃げ延びて殷人(の祖)と交わり、
略奪や交易の手法を殷に伝え、冒頭に記した
殷王朝における好戦性・侵略性、残酷な統治、
商業活動の伝統と私権性・蓄財性が高い特性
として顕現したのではないでしょうか

2000年、東京大学の植田信太郎、国立
遺伝学研究所の斎藤成也、中国科学院遺伝
研究所の王瀝らは、約2500年前の春秋
時代、2000年前の漢代の臨シ(中国
山東省、黄河下流にある春秋戦国時代の
斉の都)遺跡/山東省?博市の市轄区から
出土した人骨、及び現代の臨シ住民から
得たミトコンドリアDNAの比較研究の
結果を発表した。それによると、三つの
時代の臨シ人類集団が異なる遺伝的構成を
持つことが明らかになった。

約2500年前の春秋戦国時代の臨シ住民の
遺伝子は現代ヨーロッパ人の遺伝子と、
約2000年前の前漢末の臨シ住民の遺伝子は
現代の中央アジアの人々の遺伝子と非常に近く、
現代の臨シ住民の遺伝子は、現代東アジア人の
遺伝子と変わらないものであった。

この研究により、2500年前にユーラシア大陸の
東端に現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に
近縁な人類集団が存在していたことが明らかに
なった。

また、2500年前から2000年前の500年間
に臨シ集団に大きな遺伝的変化が生じたことから、
過去に人類集団の大規模な移動があったことを
示唆している。

中国当局は、遺伝子検査の結果を受け入れて、
中国のタリム盆地で1980年代に発見された、
4000年前の貴婦人のミイラと3000年前の
ミイラをコーカソイド(白人)と認めた。この
地域やってきた人類はこの白人が最初で、
東アジア人より1000年も前のことであった。
中国当局は当初この結果を認めるのを躊躇して
いた。その理由は政治的なもので、新疆ウイグル
自治区の最初の人類は白人ということになると、
イスラム分離派に理論的根拠を与えるというものだ。

ミイラと関わってきた西欧の科学者Victor Mairは、
「現代のDNAと古代のDNAのテストの結果、ウイグル、
カザフスタン人、キルギス人などの中央アジアの
人々は、東アジア人とコーカソイドの混血である」
という。中国から出た最初のコーカソイドのミイラ
は、Yingpan Manという2000年前のもので、
東京江戸博物館に展示されたという。


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「謎の古代日本史/ユダヤ人秦氏と神道」
を出版しました。「日本は神道だが、神道はユダヤ教だな。」とは、
明治天皇の言葉である。購入は↓↓ から
          http://www.amazon.co.jp/dp/B00WT3T2S2
kame3328 at 15:24|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2018年01月21日

殷は民族的には東夷に近い人種。東夷とよばれた民族

○殷は民族的には東夷に近い人種。東夷とよばれた民族


後漢書東夷伝によると江蘇省、山東省付近
漢民族は周辺の諸民族を文化的に劣ったものとして
見下した。漢民族は周・漢から

九夷の原点は、前20世紀、東アジアの中国に突如
として姿を現した、9つの部族からなる異国人の
集団にあります。九夷については 夷・于夷・
方夷・黄夷・白夷・赤夷・玄夷・風夷・陽夷と
9部族の名前が具体的に挙げられる。

夏王朝と同時期、西アジアで勢力を持ち始めた
イスラエル12部族も、年の月や、個別の色に
結びついてそれぞれの部族がシンボル化されて
いました。ナフタリ族は1月の緑、ヨセフ族は
2月の白、ベンジャミン族は3月の黒、ルベン族は
4月の銀、シメオン族は5月の金、レビ族は6月の
紫、ユダ族は7月の茶、イッサカルは8月の黄、
ゼブルン族は9月の桃、ダン族は10月の青、
各部族には年の月と色が割り当てられていたの
です。つまり、古代社会において抽象的な名称が
使用されることに何ら不思議はなく、むしろ
九夷が、黄、白、赤という同じ色彩のアイデン
ティティーをイスラエルと共有していることに、
九夷とイスラエルの関連性を垣間見ることが
できます。
 イスラエルのルーツは、元を辿れば古代
メソポタミア南部に興ったシュメール文化圏の
大都市、ウル出身のアブラハムに遡るため、
シュメール人が先祖と言えます。そのシュメール人
こそ、当初、東アジアを訪れた九夷の正体で
ある可能性が高いのです。当時シュメール
文化圏では統治国家としての都市の雛型が
存在していたと考えられ、人類最古の文字とも
言われる楔形文字が体系的に整理されていま
した。また戦車を発明し、車を活用していた
だけでなく、高度な天文学の知識も携え、
農業や灌漑、そして航海技術まで会得して
いたのです。ところが、シュメール国家は
前21世紀頃、アモリ人によって征服され、
突如として歴史から姿を消してしまいました。
 シュメール人の一部は、アブラハム一家の
ように北西にあるカナンの地へと旅立ち、
中には後にエジプトを支配する「ヒクソス」
の先駆者となった者もいたことでしょう。
しかしながら、他の大勢の民は、大陸を
横断して東アジア方面に移動したと考え
られます。また、沿岸伝いに船で東方に旅し、
東南アジアまで辿りつき、そこから内陸へと
移動する民もいたのではないでしょうか。
国家を失ったシュメール人の行方はこれ
まで歴史の謎に包まれていましたが、
シュメール国家の消滅と同時期に九夷が
中国史に姿を現していること、その部族の
筆頭が 夷(Chuan-Yi)と呼ばれ、シュメール
の頭文字ではないかと考えられること、そして
後述するように九夷の文化的特徴が西アジア
の中でも特にシュメールや、イスラエルと
類似していることからも、多くのシュメール人
は東アジアに移動し、九夷の原点となったと
考えるのが自然です。


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「謎の古代日本史/ユダヤ人秦氏と神道」
を出版しました。「日本は神道だが、神道はユダヤ教だな。」とは、
明治天皇の言葉である。購入は↓↓ から
          http://www.amazon.co.jp/dp/B00WT3T2S2

kame3328 at 08:56|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2018年01月14日

黄河文明/竪穴式住居、大型動物採集、漢民族ではない

○黄河文明/竪穴式住居、大型動物採集、漢民族ではない



・ Y染色体パブロGはコーカサス地方で高頻度。
5300年前の凍結ミイラ アイスマンのY染色体
パブロはG2a2a1b。クロマニヨン人のY染色体
パブロはI2a北欧で高頻度。

・BC2000頃から不思議に突然の変化。段階的発展
は一切なしで、この国は原始的村から、統率者たちが
青銅の武器と二輪車を持ち、書くことに精通した。
甲骨文字とシュメール絵文字には多くの類似性
発音の類似性 シナ・チベット語族全域から日本 


・夏(か)/紀元前2070年頃〜紀元前1600年頃
は、中国の史書に記された最古の王朝。夏后ともいう。
夏・殷・周を三代という。『史記』『竹書紀年』などの
史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、
471年間続いたと記録されている

宮殿を持つ都市文化である河南省偃師の二里頭村の
二里頭遺跡が、炭素14年代測定法により、殷の建国
(二里岡文化)に先行していることが確定しており、
また後から力を伸ばした殷はこの二里頭文化を
征服して建国し、文化を継承した形跡が見られる。
したがってこの二里頭文化が、史書のいう夏の時代
に相当することになる。
二里頭遺跡は新石器時代の遺跡で、掘り出された
住居の跡から人口2万人以上と推定される。当時と
しては世界有数の大規模集落。トルコ石で表現
された龍、銅爵(どうしゃく)、宮殿区、龍の
文様の入った玉璋(ぎょくしょう)が発掘されている。

「宮殿区」の南門近くにある「一号宮殿」は、
回廊に囲まれ、内部に広い空間「中庭」、正面に
「正殿(せいでん)」を配する構造となっている。
この構造は、後の中国歴代王朝の宮殿構造に近く、
歴代王朝ではここで宮廷儀礼を行っていること
から、宮廷儀礼もここから始まったとも考え
られる。

ヒスイの龍は、二里頭文化以前に栄えた遼河
流域の興隆窪文化、紅山文化でも発掘されており、
遼河流域の文化の影響が及んでいることが示唆
される。龍は歴代王朝は王の権威の象徴として
用いられていること、歴代王朝の宮殿と類似
する宮殿跡などから、二里頭文化が歴代王朝に
影響を与えた文化だと考えられ、二里頭文化
こそ夏王朝だとする学者も多い。

また、二里頭遺跡周辺の当時の土壌に残る種子の
分析から、粟(あわ)、キビ、小麦、大豆、水稲、
の5種類の穀物を栽培していた痕跡がある。
これにより、気候によらず安定した食料供給が
可能となったと考えられる。これが、それまでに
衰退した他の中国の新石器時代に起こった各文化
との違いであり、その後の商(殷)とも推定
される二里岡文化へと繋がる中国文化の源流と
なったとも言われる。

夏王朝の始祖となる禹は、五帝の一人??の孫
である。帝堯の時代に、禹は治水事業に失敗
した父の後を継ぎ、舜帝に推挙される形で、
黄河の治水事業に当たり、功績をなし大いに
認められた。
舜は人望の高かった禹を後継者と考えていた。
舜の崩御後3年の喪に服した禹は、舜の子で
ある商均を帝位に就けようとしたが、諸侯が
商均を舜の後継者と認めなかった為に禹が
帝位に即位し、陽城(現在の登封市)に
都城を定めた。禹は姓は?(じ)と称して
いたが、王朝創始後、氏を夏后とした。

禹は即位後暫くの間、武器の生産を取り止め、
田畑では収穫量に目を光らせ農民を苦しませず、
宮殿の大増築は当面先送りし、関所や市場に
かかる諸税を免除し、地方に都市を造り、煩雑
な制度を廃止して行政を簡略化した。その結果、
中国の内はもとより、外までも朝貢を求めて来る
様になった。更に禹は河を意図的に導くなど
して様々な河川を整備し、周辺の土地を耕して
草木を育成し、中央と東西南北の違いを旗に
よって人々に示し、古のやり方も踏襲し全国を
分けて九州を置いた。禹は倹約政策を取り、
自ら率先して行動した。

『竹書紀年』に依れば45年間帝であった

・越国 福建省、広東省、広西省からベトナム
北部にかけて活動していた越人は夏人の末裔を
自称していた。また禹の墓があると伝承される
会稽山は越人の聖地でもある。紀元前333年、
越国は楚に滅ぼされ越人は四散した。
百越倭倭人・倭族は百越の一族ともされ、また
越人の一部は倭国に渡来したとされる

・殷(いん)紀元前17世紀頃 〜紀元前1046年)
は中国の王朝である。文献には夏を滅ぼして
王朝を立てたとされ、考古学的に実在が確認
されている中国最古の王朝である。紀元前11世紀
に周によって滅ぼされた。商(しょう)商朝とも
よばれる。
伝説上、殷の始祖は契とされている。契は、有?氏の
娘で帝?の次妃であった簡狄が玄鳥の卵を食べた
ために生んだ子とされている。契は帝舜のときに
禹の治水を援けた功績が認められ、帝舜により
商に封じられ子姓を賜った。

その後、契の子孫は代々夏王朝に仕えた。また、
契から天乙(湯)までの14代の間に8回都を
移したという殷は氏族共同体の連合体であり、
殷王室は少なくとも二つ以上の王族(氏族)から
なっていた。王朝最後の帝辛(30代紂王)は
即位後、妃の妲己を溺愛し暴政を行った。
そのため、周の武王に誅され
(牧野の戦い)殷はあっけなく滅亡した。


・殷王朝は、「殷・周の起源(中間整理)」に挙げられ
ているように、好戦性・侵略性、残酷な統治、商業活動
の伝統と私権性・蓄財性が高いという特性を持っています。
この特性を見ていくと、単なる遊牧民族ではなく、中原
に入る前に大規模な略奪闘争と交易活動を経験していた
部族であった可能性が高いと考えられます。
前21世紀、東アジアにおいて夏王朝が繁栄した頃、
九夷と呼ばれた異国人が、どこからともなく中国史に
姿を現します。九夷については、「竹書紀年」と
呼ばれる中国の古文書に記載されているだけでなく、
夏王朝の存在自体が、考古学的にも最近の発掘調査
から確認されたことからしても、歴史の重みを感じず
にはいられません。殷は周代に商と言う封建国家に
なり、この国の人は商売がうまかったそうです。
商売のうまい人=商の人=商人になった


・殷は民族的には東夷に近い人種。東夷とよばれた民族
後漢書東夷伝によると江蘇省、山東省付近
漢民族は周辺の諸民族を文化的に劣ったものとして
見下した。漢民族は周・漢から

九夷の原点は、前20世紀、東アジアの中国に突如
として姿を現した、9つの部族からなる異国人の
集団にあります。九夷については 夷・于夷・
方夷・黄夷・白夷・赤夷・玄夷・風夷・陽夷と
9部族の名前が具体的に挙げられる。

夏王朝と同時期、西アジアで勢力を持ち始めた
イスラエル12部族も、年の月や、個別の色に
結びついてそれぞれの部族がシンボル化されて
いました。ナフタリ族は1月の緑、ヨセフ族は
2月の白、ベンジャミン族は3月の黒、ルベン族は
4月の銀、シメオン族は5月の金、レビ族は6月の
紫、ユダ族は7月の茶、イッサカルは8月の黄、
ゼブルン族は9月の桃、ダン族は10月の青、
各部族には年の月と色が割り当てられていたの
です。つまり、古代社会において抽象的な名称が
使用されることに何ら不思議はなく、むしろ
九夷が、黄、白、赤という同じ色彩のアイデン
ティティーをイスラエルと共有していることに、
九夷とイスラエルの関連性を垣間見ることが
できます。
 イスラエルのルーツは、元を辿れば古代
メソポタミア南部に興ったシュメール文化圏の
大都市、ウル出身のアブラハムに遡るため、
シュメール人が先祖と言えます。そのシュメール人
こそ、当初、東アジアを訪れた九夷の正体で
ある可能性が高いのです。当時シュメール
文化圏では統治国家としての都市の雛型が
存在していたと考えられ、人類最古の文字とも
言われる楔形文字が体系的に整理されていま
した。また戦車を発明し、車を活用していた
だけでなく、高度な天文学の知識も携え、
農業や灌漑、そして航海技術まで会得して
いたのです。ところが、シュメール国家は
前21世紀頃、アモリ人によって征服され、
突如として歴史から姿を消してしまいました。
 シュメール人の一部は、アブラハム一家の
ように北西にあるカナンの地へと旅立ち、
中には後にエジプトを支配する「ヒクソス」
の先駆者となった者もいたことでしょう。
しかしながら、他の大勢の民は、大陸を
横断して東アジア方面に移動したと考え
られます。また、沿岸伝いに船で東方に旅し、
東南アジアまで辿りつき、そこから内陸へと
移動する民もいたのではないでしょうか。
国家を失ったシュメール人の行方はこれ
まで歴史の謎に包まれていましたが、
シュメール国家の消滅と同時期に九夷が
中国史に姿を現していること、その部族の
筆頭が 夷(Chuan-Yi)と呼ばれ、シュメール
の頭文字ではないかと考えられること、そして
後述するように九夷の文化的特徴が西アジア
の中でも特にシュメールや、イスラエルと
類似していることからも、多くのシュメール人
は東アジアに移動し、九夷の原点となったと
考えるのが自然です。
 
○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「日本神話夢幻/国生み国づくり神話」
を出版しました。
日本が米英蘭仏豪などのキリスト教諸国と戦争をして敗戦。
米軍GHQが進駐して教育から「神話」を消し去った。
神話を失った民族は滅び去る


https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E5%A4%A2%E5%B9%BB-%E5%9B%BD%E7%94%9F%E3%81%BF%E5%9B%BD%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E7%A5%9E%E8%A9%B1-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B01HQL2GGQ?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0
kame3328 at 09:30|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2018年01月08日

シュメール語から、漢字象形文字、直接シュメール語から甲骨龜甲因書に深化する

〇シュメール語から、漢字象形文字、直接シュメール語から
甲骨龜甲因書に深化する


一  丶 丿 ? 乙   基本法則で、
聖徳太子「法興六「乙个可句何元」」語部制度
の辭氣

一  丶 丿 ? 乙 ? 亅 ? ?? 乂 
二 亠 儿 八 冂 冖 冫 几 凵 刀 ? 
匸 十 卜 卜 卩 厂 厶 匚 口 囗 
土 士 宀 小 尸 屮 巛 工 已 己 
巳 巾 干 幺 广 廴 弋  ? ? 
彡 彳 ? ? 才 ? ? ? ? ? 
戸 手  ・助辞

カタカナ 全てが「甲骨龜甲因書」の構成である。

シュメール語から支那「夏時代ニ里頭」宮城
でほぼ完成している。

アイウエオ カキクケコ サシスセソ 
タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ 
マミムメモ  ヤ ユ ヨ ラリルレロ  
ワ ヲ

上記が甲骨龜甲因書の元型である。


イメージ 1

この文字を読むのに、朝廷語部制度の語りが絶対的
に必要になる。その理由は神道国学「概論」で
示します。

ここに、この問題を提起したのは「古代シュメール語」
に、完全に甲骨龜甲因書の前進的文字を、筆者と
して観て、確認が出来たのである。

その一部の「古代クメール語」と甲骨龜甲因書の
類似の表現を「写真添付」します。

比較対象をして見たら、甲骨龜甲因書と古代クメール語
の相関関係が理解されると思います。

神祇官 朝廷中務省正四位 上卿神主祝師太夫 幽斎嗣子

神道国学者 一条力治 印

詳細な読み方・漢字の書き方・音読の語部制度に
ついては「神祇官」朝廷語部制度で解説しています。

甲骨龜甲因書の因書解読の方法、法とは
「漢字の書き順」により、甲骨龜甲因書を解読する。

古代の「慧慈」が倭の国に居住を求めることをせず、
当時の朝鮮半島の文化の低い「独島」野蛮国には
国家の主体的な国語の必要性を、現在の韓国語の
漸進であるクメール語から韓国語へと、変遷
した言語となるクメール語が上記のクメール文字
と推理できる。それほど慧慈は朝鮮半島の文化の
高揚に心がけられたのである。其の身元は北方
騎馬民族倭属の一族で純粋に天皇属族の慧慈で
あった。

慧慈が用いて「ハングル語」を朝鮮半島の文化と
して定着させようとしたのが「オシテ文字」と
想定できる。即ち、ハングル語と、オシテ文字は
二列二連伏字の法則による同意の文字体が確認
できるからである。

ここに記載されている「オシテ文字」には整合性
が認められない。それはオシテ文字に「あいうえお」
仮名が付されている実態である。全く相いれない
表示になっている。◎あ・・文字の同意性が
認められますか。?

処が「あ・ア」同意性が有ると観えませんか。
慧慈が日本を去る時に、日本に有る一部の文字を
朝鮮半島へ持ち帰り、朝鮮半島で新たな文化を
創氣すると言い残して日本を去ったのである。
(平安時代)・現在の日本国には「慧慈」の本質を
知らない人々が多い。史実は「慧慈」は朝廷人で
あったのです。従って、「神祇官」学問の相伝と
して遺されているのである。その根底から
「オシテ文字」と「ハングル語」の対比を国学的
に検証お試みているのである。

 そして、誰がオシテ文字に「仮名」を伏した
のか、非常に不自然である。それは「オシテ文字」
と「梵字」が二列二連伏字の法則として整合性が
認められるのである。

 そこで、この二つの書体。オシテ文字と梵字で
ある。双方ともに「シュメール語」とはほど
遠い現代に近い書体になっているのである。
従って「シュメール語」の深化に非常に近い、
間違いが無く「シュメール語」深化が認めら
れるのは・カナ「アイウエオ」の書体である。

 即ち、梵字とオシテ文字は「シュメール語」
から相当に変化しているとは考えられない。
深化していると認められない「文字書体」である。

そうして「オシテ文字」と「梵字」を甲骨龜甲
因書の「アイウエオ」を対比してみると、甲骨
龜甲因書の方が古代の「シュメール語」より
深化したと考えられる。従って「オシテ文字」
と「梵字」は「アイウエオ」甲骨龜甲因書より
相当の後年代であると、対比すれば言えると
思うのである。


イメージ 2

基本の形・・参照すると「オ」のカタカナ、と
整合されます。「オ」・・甲骨龜甲因書・・
「一 機.痢Α彳韻任靴腓Α◆屮」が書けます。

カタカナ・が、シュメール語と一致して「オ」
創氣創造しているのです。支那の「象形文字」
とは完全に異なっています

神祇官 朝廷中務省正四位 上卿神主祝師太夫 幽斎嗣
神道国学者 一条力治 印
kame3328 at 09:48|この記事のURLComments(0) 古代世界の謎 

2017年12月24日

カバラ数秘術・マスターナンバー33

○カバラ数秘術・マスターナンバー33



数秘術は誕生日をひとつずつ足していったり
名前をローマ字にして、それをまた数字に
変換することで自分がどんな人生を決めて
生まれてきたのかを数字を通して読み解く
ものです。

例えば・・・
福山雅治 1969年2月6日生まれ
1+9+6+9+2+6=33(6)

誕生日から出したものがライフパスナンバー
といって自分の人生の資質、道になるものです。

これが自分の人生の7割くらいの影響があると
言われています。

難産だった・すぐに産まれた
帝王切開だったなど

自分で決めた運命を生きるためにちゃんと
その日を選んで産まれてきているのです。

神秘的だと思いませんか♪

その他名前をローマ字にしてそれを数字に変換して
運命数=社会での役割、使命
魂数 =魂の欲求
人格数=人がどう自分を見ているか


福山の場合33と6の資質を持って生まれてきています。

通常、一桁になるまで足していくのですが「11」「22」
「33」のゾロ目はマスターナンバーといってこの2桁数字と
一桁にした「2」「4」「6」の資質と「1」「2」「3」の
3つの資質を持っています。このマスターナンバーを持つ人は目に
見えない特別なお役目があると言われています。

ただ、だからといってこの2桁の人はすごくて一桁の人はそうでも
ないかといったらそうじゃなくて単なるお役目の違い。
一桁の小さい数字の人は基本的に楽しむために生まれてきた人。
過去世でたくさん苦労してきたから、今度は遊んでいいよ、
みたいな。

「1」「3」「5」はとにかく遊んでください♪
それが神様に与えられたお仕事。才能。

『数秘術 33』の人 数秘33の人にいつもいうのが
「33の人は宇宙人なので、地球の人とうまく
コミュニケーションをとることをあきらめてください」

私がいう地球人とは数秘1〜8の人。
1〜8の人は地球の上で現実世界を生きる人。これも地球に
とって大切なお役目。お役目が違うから言語が違うのです。

例えば日本語とポルトガル語で会話してもわからないでしょ。
どっちの言葉がいいとかでもないしでも、言葉はわからなくても
笑ってる
怒ってる
悲しんでる
とかはどんなに言語が通じなくてもわかるでしょ。
それくらいのコミュニケーションでいいんです。

33の人を見ていて思うのは、宇宙人なのを一生懸命隠して、
がんばって地球に合わせようとしているのだけど、がんばれば
がんばるほど周囲とずれていきでも、人一倍敏感だから、
ずれていることにも気づくけど言語が違うからどうしていいか
わからない。そして、自分の感性を閉じていく。

子供の頃、自分の感性を理解してもらえなくて、傷ついて自分の
感性をだすことに恐れを持っている人が多いのではないでしょうか?

33の人は今までの常識では理解できない高次でスケールの大きな
感性を持っています。33の人に伝えているのは

「とにかく突き抜けていくこと」
「人とずれていることを恐れない」

多くの人に理解してもらうことを手放し理解してくれる仲間を
見つけることが才能開花のポイントだと思っています。

その他33のキーワードは「本質をわかっている・宇宙レベルでの
奉仕の愛、常識を超えた自由のなかで生きる・美しいものが好き・
芸術的センス」など

私たちは全ての人に才能が与えられています。
誰かを羨むのではなく、自分の才能に気づき、与えられた才能=道具を
正しく使っていくこと

特に33の人は与えられた道具が大きく、使い方も難しいためそれを
使いこなすまでに時間もかかるだろうし試練もたくさんやってきます。
自分の中で大人の自分と子供の自分がいるので葛藤も抱えやすいです。

でも33の人はその大きな壁を越え、山を越え、肉体的、精神的、そして
魂までも成長していくことで自分自身が統合して、本来持っている
「宇宙レベルの大きな愛」を使うことができ、そして自由になるのです。

33の人が大きな壁を超えるのに必要なのは努力、忍耐ではなく
子供らしく「3」のエネルギーを思いっきり使っていくこと。
とにかく遊ぶのです。しかし33の人の「遊び」は周囲は理解できない
かもしれません。

でも理解されなくても気にしない!
浮きまくっても気にしない!
恐れずに思いっきり遊んでみてください。

33の人が33の人らしく生きている時、周囲の人たちは幸せになれる
のです。33の人の愛はどこまでも大きく、どこまでもあたたかいから。


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「閃きの種子/アイディアの呼び水」を
出版しました。歴史秘話や表現現場の舞台裏、人間の深層心理、
ものの見方考え方。企画やビジネスに行き詰った時に読んでみませんか?
発想のヒントは思わぬ出会いから
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HURXCBU
kame3328 at 10:02|この記事のURLComments(2) カバラ+チャクラ 

2017年12月22日

みんとメルマガコピペ/あげまんについて

○みんとメルマガコピペ/あげまんについて



あげまんには大きく2種類あって、その女とエッチするだけで
男性が幸運になれるという、伊丹十三監督が映画にした神がかりなのと、
もう一つはお付き合いしたり、結婚したりすると、男性が出世すると
いうのと。

前者は『白魔術と黒魔術』の練斗陣さんに任せて、みんとが解説する
のは後者の方。サッチーさんも後者ですしね。

で、どういう女が、あるいは女がどうすれば、男性が出世するのかという
ことですが。

第一に、男性の仕事を尊重し、それに興味を持ち、可能な限り把握する。
第二に、仕事の中身には口を出さないが、やる気を起こさせるための労を
 惜しまない。
第三に、仕事に関して、甘やかさないが、限度を超えた無理はさせない。
 成果には女として最大限の報酬を与え、怠惰には容赦ないムチを与える。
第四に、仕事以外の部分では、ある意味都合の良い女になり、癒しを与え
 続ける。
第五に、かといって、人格を否定するような態度には鉄槌を与える。

簡単に言うと、お互いが最大限の尊敬を相手に与える関係です。
うーん、書くのは簡単。だけど、できない。とっても難しい。ですよね?

こんな女って、かなりのレベルの男性じゃないと、そもそも相手できないし。
向上心の少ない男性だと、一緒にいるのが、ただの苦痛だろうし。
みんとの友人にも、こういうあげまん居るけれど、全然相手がいなくて、
30代半ばでやっと出会った相手は、結婚後、すごいことになってます。
だけど、その人と出会わなかったら、彼女、一生1人だったと思います。

だからね、難しいのですよね。あげまんと出会うのって。
男磨きをかなり頑張らないと。

まずは、お仕事で一流を狙える位置につく。書くのは簡単だけど、これが
どれだけ大変なことかってのは、皆様が良くご存じのはず。
次に、そのポジションで切磋琢磨しながら、上に書いたような女を探す。
その女が自分に興味を持ってくれたら、自分の仕事をどう理解するか試してみる。
一を聞いて三くらい理解してたら、可能性は大。
大抵の女は興味示さないでしょうし。
そして、仕事内容を愚痴ってみる。同情しないで、励ましてきたら、更に可能性大。
大抵の女は労うのが精いっぱいでしょうし。
そして仕事がうまくいったら、報告してみる。
一緒に喜んでくれるだけじゃなくて、ご褒美をくれようとしたら、本物です。
で、大事なのはお仕事絡み以外の部分では最高に良い女であること。
お互いが尊敬できる存在であることが確認できたら、絶対に手放してはダメですね。

ま、並大抵の努力じゃ、こんな女とは付き合えないでしょうけれど。
ちなみに、神がかり女について練斗陣さんに聞いてみました。
そんなあげまん、本当に居るの?って。

とても少ないけれど、存在するそうです。
なんか、2タイプあるそうで。
女の中に座敷童みたいなのを宿してる女と。
自分自身が座敷童みたいな神的精霊的存在の女と。

前者は期間限定のあげまんで、そういうのが宿っている間だけ周囲の者に幸運を
与えられる女。期間は数か月から数年だそうです。日本中探せば千人くらいは居る
だろうって。
後者は自分自身がそういう存在なので、一緒に居る者はずっと幸運なんだとか。
これ、男性にもあるらしい。
で、そういう人は明らかに神々しいので、普通の人にも解るらしい。
みんとの知ってる人で、居る?って聞いたら、「昭和天皇」って。
人間宣言された方が、実はって、なんか皮肉ですよね。
で、そういう人、日本中探せば10人くらいは居らっしゃるかもしれないそうです。
女性が多分半分くらいなので、日本に5人くらいはいらっしゃるのかなw
年齢も様々らしいので、そういう人と出会うのは無理って考えた方がよさげですw

なので、結論。
あげまんと出会うには、男磨き、頑張りましょうw


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o
アマゾンのKINDLEから「女性恋愛心理塾」を出版しました。
とかくこの世は男と女。男と女は仕方ない。何かと恋愛の悩みは
尽きませんよね。彼氏から愛されたいと願うそこの貴女。悩みを解決する
ヒントが見つかるかもしれませんよ!
https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%81%8B%E6%84%9B%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A1%BE-%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%B9%81-ebook/dp/B00HN5IW6O?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0




kame3328 at 10:11|この記事のURLComments(0) 人間心理 

2017年12月10日

北海道伊達市事始め

先日、伊達市の祖・亘理藩主・伊達邦成=2万3千石=藩士・8千
を特集していた。明治2年に有珠郡開墾の許しを得て藩士+家族が
移住。4月だというのに雪が積もり、前途暗澹たる思いだったとか。

この地にはもともと(白老町)北蝦夷の警備を行う仙台藩の陣屋が
置かれており、藩主に移住を進言した家老の友人が、蝦夷奉行を
務めた相馬黒光の祖父という因縁があった。

私は登米伊達2万3千石の藩士で、代々祐筆だったと、最近、親戚の
著作で知った。一歩違えば、私たちが有珠開墾にあたっていたかも
しれないなぁ・・・と、妙な感慨がある。

最初56棟の開拓小屋で雨漏りや飢えを凌ぎながら、麦・蕎麦・大麦・
小麦などを収穫。中でも5年で3986石も収穫出来たのが小豆だった。
おはぎを食べながら、藩士たちはどうせなら「砂糖」も・・・と思った。
クラーク博士によると、砂糖が出来る「てんさい」という
大根があるとか。しかしこの大根は雨水に弱い。しかーし、有珠は
そもそも火山灰の土地。水はけがよく、ついには明治政府が日本初の
砂糖工場を作るまでになったのだった。

ちなみに余市のりんごは会津藩士が最初。登別のカルルス温泉の源泉
発見は仙台藩士だそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=4njb7mEeNbY


○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o

アマゾンのKINDLEから「みちのく福袋」を出版しました。仙台人と
しての東日本大震災の記録。マルコポーロのジパング黄金伝説の
モデルは、平泉の金色堂など、東北地方に関連する興味深い人物や
事件の数々
http://www.amazon.co.jp/dp/B00HMZSIA0
kame3328 at 17:13|この記事のURLComments(0) 歴史・幕末