2009年08月22日

高速道路無料化

自動車という交通手段における新技術が出現すると、それまで
の「馬」と共に、水飲み場、納屋、ポニー速達便、馬を手入れ
する人間、鍛治屋などのサブネットワーク全体が崩壊してゆく。
それと同時に、車と共に舗装道路、ガソリンスタンド、交通信号
交通警察、ファーストフードのドライブスルー、モーテルなどが
登場して、物やサービスの新しいネットワークが成長してゆく。
人々の意識や文化も、これらによって変化している。

この「馬と自動車」の大量絶滅と創造的成長の同時進行は、
通信手段における「手紙とケータイ」や、流通システムとしての
「デパートとネット通販」など、さまざまな代入が可能で、
ある程度の未来予測を可能にする。

さて、衆議院選挙である。世論調査によると民主党300〜
320議席の単独過半数獲得、自民150議席以下か? 
などの数字が踊っている。民主党+鳩山首相の可能性が強い。
となると・・・民主党の公約「高速道路無料化」は実現するか?
関銭が撤廃され、楽市楽座になるのか?

ネット通販は便利だが、送料が加算される分の割高感がある。
だが高速道路無料になると、送料軽減が期待出来る。高速バスも
伸びるか? 現在でも仙台・東京間3000円だ。半値になるか?
全国の観光業界も活性化するか? 困るのはどこか? 
と、未来予想をしつつニュースを見ている。

kame3328 at 16:32│Comments(2)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yuki   2009年08月23日 19:44
『高速道路無料になると、送料軽減が期待出来る』・・・そっか!確かに。大阪から車で帰省してるいとことも選挙&高速道路無料化について昨日の晩、いろいろ話してたところです。コンセプトが変われば、それに付随するサブネットワークが変わってゆく。時代のうねり、変遷。それを見守る目・・・
2. Posted by 亀松   2009年08月24日 09:27
YUKI姉>詳しくは「M・ミッチェル・ワールドロップ著/複雑系(新潮社1996初版)」を読むことをお勧めします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔