「かめ七」おかみさん日記


 石巻・アイトピア通り商店街にある
 老舗呉服店「かめ七」おかみさんの日記です。
 震災直後に書かれたメモをもとに構成した
 2011年3月11日から6月20日まで、約100日間の記録です。

みなさまからのメッセージやコメントをお待ちしております。
※なお、掲載された記事の著作権はコメント、写真も含め「コミかめ」に帰属させていただくことをご了承ください。

ここまで読んでいただいた皆様
ありがとうございます。


東日本大震災のその日から、
日々の出来事を書き留めていたメモは6月20日までありました。
その後はお店の日誌としてノートに続いていますが、
このブログの更新はひとまずここまで。
約100日の記録としたいと思います。


記事にもあるように
津波を受けて店の1階は泥と瓦礫に埋まりました。
その後、ボランティアさんたちの支援もあって
何日もかかって泥と瓦礫をかき出し、
ご近所で毎日ミーティングをして、
徐々に日常の生活を取り戻してきました。


2011年10月からは呉服店としての営業を再開。
ミニコンサートなどのイベントも行っています。

ボランティアの皆さんほか、
お世話になった大勢の方々にあらためてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


かめ七呉服店のキャッチフレーズは
「昔も今も のかめ七」というのですが
まさにこれまでも、これからも
ひとの笑顔が寄り合い、
つながりが深まっていく場所でありたいと思います。

今後とも石巻を、
そしてかめ七呉服店をどうぞよろしくお願いいたします。



                 「かめ七」米倉絹枝
 




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



石巻・アイトピア通り商店街の「かめ七呉服店」
おかみさんの日記をお届けしてきました。

地震と津波直後の混乱した状況、
泥と瓦礫との戦いだった日々、
そして少しずつ復興への歩みが始まった頃の様子を
感じていただければ幸いです。


2011年10月のお店再開後も
かめ七には多くの人が訪れ、
いろんな取り組みがされています。

震災後の石巻をあたらしく「つくる」事業、
石巻2.0のプロジェクトとして
こんな手作りCMも作られたんですよ。




また2012年4月には、
店内に「コミュニティカフェ・かめ七」(通称「コミかめ」)もオープン。
ボランティアや地元の方が集う交流の場所となっています。

そうやって大勢のひとが集まってくるのも、
社長とおかみさん、ご夫妻の
温かい人柄があってこそだと思います。


皆様、ぜひ一度石巻へ、
そしてアイトピア商店街・かめ七呉服店へ
足を運んでみてください。

そこは、たしかな縁が生まれ育つ場所です。











  【朝ミーティングのメモより】
  ・まちカフェの件(向山、亀山)
  ・リリーフ2.0 植栽見積もり
  ・コモンビート ミュージカル
   100人100日プログラム 7月半ば公演予定
  ・公費での解体はじまる。
  ・17:30~ かめ七にて 田宮俊彦 ギター演奏会


PM6:30よりかめ七にて
田宮俊彦さんのギターミニコンサート

亀山
(肉店)さんの甥の友達で
東京・町田にてラジオ番組のパーソナリティ等をしている方。
アコースティックギターの弾き語りをしていただいた。

30歳くらいだろうか、
気持ちの優しさが歌と曲に表れていて
とても良いシンガーソングライターだった。

終了後、「月夜野」にて
亀山さん主催の打ち上げに招待していただいた。

カウンターのみの小さなスナックだけど、
出前で寿司をとっていただいたりして
いっぱいごちそうになった。

石巻で開いているお店はまだ少ない。
お客さんは町内の人が中心で、
しっとりとしたいい雰囲気だった。



  【朝ミーティングのメモより】
  ・ボランティア第12陣 帰る
  ・まちカフェオープン 桜井教授
(東北学院大学)ほか
   バイオリンミニコンサート
  ・所得税 申告延長しています
  ・東北大 大学院生 狩谷さん

  ・7/4(月)米良美一コンサート
   石巻小学校講堂 13:40開演
  ・正岡理事長より 植栽についての説明
  ・ap bankボランティア 120名
          15:30~ かめ七にて移動販売会



星野薬局の向かいの2階に
「まちカフェ」がオープン。
オープニングイベントとして
12時からバイオリンミニコンサートがあった。

「まちカフェ」は
都市計画や建築の専門家が来て
相談にのってくれるスペースとのこと。


午後3時からかめ七店内にて
移動販売会(ボランティアさん向け土産等の販売会)
ap bankのボランティアさんたち120名が来られた。
大人数だったので何グループかに分けて行った。

RiPのTシャツや
八幡家さんのお弁当がよく売れていた。
そのほかにも寿屋さんのお酒、
レストラン「茅」のフライドチキン、
亀山肉店の牛タンスモークなどなど。
クレープ屋さんも台車で機械を運んで来て
かめ七前で営業していた。


夜は
私の運転で車を出し、
向山さんご夫妻と4人で駅前の富喜
(ふき)寿司へ。
2次会はトマト&オニオン
(ファミレス)へ行って
おなかいっぱいになった。




  【朝ミーティングのメモより】
  ・アコースティックギターライブのお知らせ
  ・罹災証明について
   居住地以外(店舗、借家など)も発行できます
  ・明日、大潮
  ・アイトピア通りの植栽の見積もり
  ・明日日曜 移動販売会 125名予定
  ・本日10:00~10:30 
          ピースボート ボランティア入れ替え
  ・自衛隊風呂 日曜または月曜で終了予定
  ・アイトピア商店街 役員会/理事会 かめ七にて
  ・石巻市合同慰霊祭 震災100日目 
総合運動公園にて


【いただいたもの】
押口様:ネコ・犬のエサ

  【朝ミーティングのメモより】
  ・移動セブンイレブン 6/20なし
   6/21より10時~16時(月・水・金)
  ・市報義援金:35万(複数世帯一世帯につき) 
   県から:10万( 〃 )
   市から:1万( 〃 )
  ・6/19(日)石巻まちカフェ
   12時オープン ボックスピア2階
   12:30よりバイオリンミニコンサート
  ・佐藤整形外科 患者さん用お風呂を地域に開放
  ・マルナオ薬局 マスク配布
  ・15:00~ 移動販売会 かめ七にて
   70名予定 14:30より準備  


朝4:00、今日も大瓜の実家でいちご狩り。

そのあと、午前中は
石巻ZENKAI商店街(RiP)の仕事で大忙しだった。

8時からの朝ミーティングのあと、
かめ七2階の会議室スペースにて
RiPの復興Tシャツを
みんなで箱詰め、仕分け、発送する。

注文は日本各地から
電話やファックス、ネットでいただいた。
県内より県外からが多く、
個人の方からも法人からも注文が届いている。
なんと海外、スコットランドからの注文もあった。

仙台放送でも紹介されたのも
影響していると思う。
やっぱりメディアの影響は大きい。

もちろん、まだまだ
店自体はどこも復活できていないのだけど…。


午後3時にはかめ七にて移動販売会。


【いただいたもの】
サトミ(文具店)の奥様:クッキー
 
 

  【朝ミーティングのメモより】
  ・コフレ「香水とソプラノの集い」報告
  ・中小企業補助金の説明会
   申し込み 6/24まで
  ・移動販売会 かめ七にて15時~(or 16時~)
  ・押尾コータローライブの写真あり
   写ってる方に差し上げます


朝4:00に起きて苺狩り。

大瓜の実家では毎年、
苺の季節終わりに苗を抜いて
新しい苗を植える。

その前に
今年の苗にまだいくつも実がなっているので
ほしければ摘みにきなさい、
ということになるのだ。

それも、昼になってしまうと
ビニールハウスの中が暑くなるので
早朝のうちに…
ということで車で向かう。


どんどん摘んでいったら
バットに5~6杯も採れた。

完熟していて
すぐに傷んでしまうので
ジャムにしたり冷凍にしたり、
加工用に使うしかないのだけど。

ご近所にもけっこう差し上げた。



  【朝ミーティングのメモより】
  ・明日1日お風呂なし
  ・15時~ グランドホテルにて 中小企業助成金の説明
  ・13時~ かめ七にて「香水とソプラノのつどい」 
  ・6/20  かめ七にて 田宮俊彦 弾き語りコンサート
  ・大潮に注意 今週金~土曜 68㎝
         7/15(金)~16(土) 70㎝
         7/30(土)~31(日) 最高
  ・もりや(蕎麦屋)、加非館(喫茶店)明日オープン
  ・6/18(土)震災100ヶ日目 市の慰霊祭予定


13時から、かめ七店内にて
「香水とソプラノの集い」があった。
先月に続いて
コフレ・プロジェクトが企画するイベント
Make-up Caravan”の第4回目。

声楽を教えてらっしゃるという
和田静乃さんのコンサート。
クラシックの曲を、
ピアノの伴奏と一緒に歌われた。

同時に、会場には
音楽にあわせた香水の香りを漂わせてある。
たとえば蝶々の歌を歌うときには
「バタフライ」という香水を撒く、という具合。

和田さんの透き通る声が耳に心地いい。
癒し系という感じ。
近所の奥さん方がたくさん集まっていただき
盛況だった。香水の注文もあった。

また、和田さんに
パティシエの友人がいらっしゃるとかで、
クッキーなどもいただく。


【いただいたもの】
及川先生:俊輔の結婚祝い

 

このページのトップヘ