2021/04/24
こんばんは.
大学の研究室と撮影が忙しくて, 更新ができませんでした(笑)
順番にご紹介していきたいと思います.

遂に, 両毛線でキヤE195系を使用した工臨が運転されました.
山前卸しということで, 作業の様子を見てきました.

終電後、日付を跨いだ頃, 沢山の作業員が待つ山前に定尺キヤがゆっくりと入線.
停止位置の調整後, 線閉し作業が始まりました.
9647-1
工9647D(キヤE195系ST-16)@山前
「工9647D」という列番は違和感の塊です.

9647-3
LEDは眩しいです. 光源もないので厳しい環境でした.
初回ということで, 社員がiPadで作業の様子を記録していました.

つづいて, 駅に移動.
9647-2
地元にも新型工臨気動車... 本当に釜の工臨は終わったんですね.

9647-4
今回は訓練が目的だったようで卸したレールは2本.
作業はあっという間に終了しました.

9647-5
ATS確認. 
深夜の静かな駅構内にキヤE195系のアイドリングが響きます.

9647-6
跨線橋から1枚.
両毛線をまたぐ北関東道と奥に見える日赤.
夜ですが, 地元感を精一杯出してみました.

一通り作業が終わったところで自分も撤収.

キヤは一旦小山に向かい, 折り返して高崎へ戻ります.
釜と違い機回し不要なので, 返却も夜明け前. 早すぎて撮影はしませんでした.

工臨は新時代へ.
チキ車と違って色々と撮るのが難しいです.
慣れが必要かもしれません.

ご覧頂きましてありがとうございました
よろしければ拍手👏お願いします

鉄道コムへはこちらから!
 https://www.tetsudo.com/blog