2005年08月28日

栃木、目黒

きのうは早起きしていつものごとく築地で朝ごはん食べてから栃木県、大田原市ふれあいの丘でやってる那須野が原国際彫刻シンポジウムに行きました。
豊田晴彦さんを激励にいったのですがもうほとんど完成してて暇そう?でした。そして盒供‐ ▲ム ジュン ミ、チョイ クム ワさんたちと木彫作家の制作してるところを見せてもらってお茶して帰ってきました。
8.278.278.278.27










それから東京へ戻って第2回現代彫刻美術館野外彫刻選抜6人展のオープニングに行きました。鈴木武右衛門、須藤博志、高田 大、田中康二郎、田中 毅、平井一嘉さんたちの作品と館内のコレクション展を見させてもらいオープニングパーティーでいろんな人たちにお話を聞かせてもらいました。渡辺館長ごちそうさまでした。
8.288.288.288.28 












8.288.288.288.28  

Posted by kamegawahiroshi at 19:34Comments(0)TrackBack(0) 石彫 | 彫刻家

2005年08月21日

加藤正行 石彫展

きょうは愛知県知立市の画廊じんがらへ加藤正行さんの個展をみにいきました。加藤さんは僕が修行してた菅沼石材を紹介してくださった彫刻家です。
毎年じんがらで個展をやってるのですが今回は小さめの作品で去年?からの溶、雫のシリーズがたくさんあり、かたつむりシリーズなど何点かうちの本小松石を使ってくれました。いつもどうもありがとうございます。
8.218.218.218.21









8.218.218.218.21  
Posted by kamegawahiroshi at 23:02Comments(0)TrackBack(0) 彫刻家 

2005年08月09日

新潟

日、月曜日で第11回十日町石彫シンポジウムに行ってきました。日曜日は午後3時ごろ着いてもうおそいからシンポジウム見に行くのは明日にしようと思い、へぎそば食べていきたかった小千谷市の錦鯉の里に行きました(笑)錦鯉きれいですね〜それから小千谷市の墓地を少し見学。墓石はもう元どうりになってましたが倒れた時の傷跡を見て地震の被害はすごかったんだなぁ〜と思いました。
鯉










それから十日町に戻りホテルへ。なんと僕の泊まったホテルニュー十日町の入り口にはいつもよくしてもらってる西巻一彦さんの彫刻があるじゃないですか!西巻さんの彫刻に出迎えてもらえてとても嬉しかったです。それから夕食を食べに行きながら商店街をぐるっと歩いて彫刻を見ました。パンフレットではよくみていたのですが十日町に行くのは初めてで蛭川もそうでしたが町のいたるところに彫刻があってすごくいいですね!

8.788.78.7











月曜日は公開製作してる十日町市総合体育館北側広場に行き仲根栄二、安田明長、柴田正徳、木裳耕二さんたちの製作してるところを見させてもらいました。体育館が日陰になり涼しい風が吹くなかの制作は気持ちよさそうでした。そしてオーガナイザーの藤巻秀正さんとお話してお昼ごはんご馳走になりギャリー6坪で今回の参加作家4人の小作品展見て西口側の彫刻見て帰りました。



8.98.98.98.9











8.108.108.108.10  
Posted by kamegawahiroshi at 21:44Comments(0)TrackBack(0) 石彫 

2005年08月01日

蛭川〜銀座

日曜日は岐阜県中津川市蛭川でやってる石彫のつどいに行ってきました。参加作家 八木麟太郎、加藤正行、遠藤隆彦、鈴木太加志、櫻井壽人、尾崎慎、岩本幸三、酒井信次、別府博文、安部大雅の皆さんの製作してるところを加藤さんに案内してもらい採石場も見させてもらいました。蛭川はいいですね!のどかな街の道路沿いにたくさんの彫刻が置いてあって真鶴もこんな町にしたいなぁ〜なんて思いました。それから石材組合と作家の人たちの飲み会に参加させてもらい作家の人たち8人が泊まってる所に泊まらせてもらいました。加藤さんお世話になりましてどうもありがとうございました。7.317.317.317.31











8.18.18.18.1










8.18.1










月曜日は蛭川を朝出てから銀座へ。運転疲れました(笑)東北芸術工科大学・京都造形芸術大学 修士2年交流展のオープニングパーティーに行ってきました。まだ学生なので失敗や迷い、作品の配置などで悩んでるという事を芸工大の渡部さん、上野さん、二神さんに直接話が聞けたことがすごく良かったです。二神 勲さんは小松石使ってくれててうれしかったです。8.18.18.1

 
  
Posted by kamegawahiroshi at 23:04Comments(0)TrackBack(0) 石彫