2007年11月25日

藝大創立120周年記念企画

今日は上野へ行き第3回「アトリエの末裔あるいは未来」展を旧平櫛田中邸でみさせてもらいました。塚本さん案内状いただきどうもありがとうございました。そして東京藝術大学創立120周年記念事業の1つで小学生を対象にした芸術体験「岩を手道具で割ろう」のイベントに本小松石を使っていただけることになりセリ矢の穴を掘って先日持って行きましたが、今日はその実演がありました。非常勤講師の塚本悦雄さん、助手の下川慎六さんがこうやって割るんだよと小学生に指導。芸大芸大芸大芸大









塚本さんに許可頂いたのでユーチューブにUP!割れた瞬間は盛り上がりました。穴掘ったのは私なのでうまく割れてホッとしました(笑)


陳列館では物語の彫刻と言う展覧会を開催していて今日はアーティストトークの日で石彫では助手、竹内 智美さん准教授、原 真一さんが出展されていて作品解説を聞かせてもらいました物語の彫刻物語の彫刻  

Posted by kamegawahiroshi at 23:23 イベント | 彫刻家

2007年11月22日

富山搬入、芸大

月、火、水で眞板さんの作品を富山へ持って行きました。月曜は長野のアトリエに夕方到着し真っ暗になるまで積み込み、火曜は富山に夕方到着し真っ暗になるまで急いで作品降ろしたので写真は撮れなかったです。水曜は朝9時半出発で真鶴着いたのは夜の9時で疲れてヘトヘトでした〜写真は立山連峰と帰りに寄った小布施PAの千曲川ハイウェイミュージアムの公園にあった川上夏似さんのたぶん本小松石の作品富山富山









今日はこの間、穴だけ掘った石を金本石材のチカオさんとダンプで芸大へ運びました。ラフターのオペレーターの方に重さ聞くと5.1トン。4トン半くらいだから自分の会社のトラックで行けるかな〜と悩んでたのでダンプにして良かったと思いました。無事終了〜芸大芸大芸大  
Posted by kamegawahiroshi at 23:28 彫刻家 | 石彫

2007年11月18日

堤一彦展

今日は相模原のギャラリースペース游へ行き堤一彦さんの個展をみさせてもらいました。案内状頂きどうもありがとうございました。イタリアの白大理石、レアなマケドニアの白大理石、黒い石は伊達冠と13人展でも展示してあったレアなベルギーの黒大理石を使ったここ3年くらいで制作した作品を展示していました。堤さんの作品はカッターが入らなそうな作品が多くてどうやって作るんですか?といろいろ作り方を教えていただきました。堤一彦展堤一彦展堤一彦展堤一彦展  
Posted by kamegawahiroshi at 22:44 彫刻家 | 石彫

2007年11月14日

オーバーホール

今日は削岩機の中身を一年ぶりに交換しました。この交換、会社入りたての頃はめんどくさくてとても嫌いでしたが最近は慣れたのですんなりと交換出来るようになりました。1年経つとだいぶロットとの接地面が減りますね。ロットとビットも併せて新品にしました〜11.1411.1411.14









油差して動かすと・・超パワフルです!今までの倍くらいの速さで掘れていくような感じでトルクが全然違います。気持ちいいですね〜
今日は芸大用のこんな穴を掘りました11.14










下の作業場では眞板さんの個展用のお手伝い。職人剛二さんが大きい削岩機を使って30ミリのビットで円切りしてますが大変そうです11.1411.14  
Posted by kamegawahiroshi at 23:28 仕事 

2007年11月12日

鞴祭〜

金曜日は芸大の鞴祭へ行ってきました。林先生、原先生お誘い頂きどうもありがとうございました。三次会では先生方とカラオケに。飲みすぎて先にダウンしてしまい助手の竹内さんに送ってもらい取手校で就寝〜鞴祭鞴祭










土曜日は芸大から幕張へ行きモーターショー見てからモーターショウ










下川さんの個展のオープニングで案内状頂いた伊藤哲一さんの個展をみに南房総市Schieleへ行ったのですが閉まっていました・・・やってる時間に行ったのですが真っ暗でドアが開いていたので少し覗かせてもらい記帳してきました伊藤哲一展










大手町に泊まり日曜日はGARALLY52へ行き岩崎幸之助さんの個展をみさせてもらいました。水太鼓のシリーズを発表していて岩崎さんと写っている水太鼓4はとても気持ちのいい癒される水の音でした。スムーズに回転する中の部分はいい音にするために試行錯誤した形なんですか?と聞くと「いやそんな時間無かったから適当に作った」とおっしゃってました(笑)岩崎幸之助展

















この日は音楽家 高橋洋之助さんによる水太鼓演奏会の日でデジカメの容量が少なくてちょっとしか撮れなかったですがこんな感じでした〜

それから和田画廊へ行きはじめてお会いしました井上裕起さんの個展をみさせてもらいました。人間が作った兵器と人間に進化していく山椒魚の彫刻で、それでも人間になりたいのか?と訴えかけるとてもメッセージ性の強い作品でした。井上裕起展井上裕起展井上裕起展井上裕起展  
Posted by kamegawahiroshi at 22:27 彫刻家 | 石彫

2007年11月05日

ユマニテ〜せいほう

今日は朝、眞板雅文さんから電話があり今日はオープニングだから山に行けないと。暇ならせいほうにどうぞと言うことで最近会社は暇なので行きました(笑)そしてギャラリーせいほうに行く前に村井進吾さんの個展 -破辺体- を京橋、ギャルリー東京ユマニテでみさせてもらいました。中に入ると眞板さんが!自分のオープニング行かないで村井さんの所にいました(笑)-破辺体-のシリーズ。コヤスケの跡が無くきれいに欠けているこの作品はどう作るの?こうやって〜こうやって〜と作品の前でいろいろと考えてしまいました。奥にあった小品には三十六辺体黒色二十四破辺や菱十二辺体黒色八破辺などとても具体的な題名が付けられていました。去年の雨引の作品DARK/D0604 と同じシリーズ?の1002は削岩機で掘ってあり、毎日削岩機を使っている私にはこんなにきっちり3方向から掘って最後1点で合わせるのは凄いなぁ〜と思いました。作品の置き方は人が入っていい感じに見えるようにと配置してあり個展全体で村井さんらしいキッチリとした感じがするなぁ〜と思いました。
眞板さんは村井さんの作品を「頑固だけどいい仕事してるね〜」と絶賛して村井さんとの久しぶりの再会を喜んでいました。
村井進吾展村井進吾展村井進吾展村井進吾展








それから眞板さんとせいほうへ行き彫刻家の平面展みさせてもらいました。眞板さんは雨雲という題名のドローイング2点とつくばいっぽい作品3点を出してました。眞板さんつくばい好きですね!今、亀川石材の作業場でも何点か制作しています。湯村光さんも出展していて久しぶりにお会いしました〜彫刻家の平面展彫刻家の平面展  
Posted by kamegawahiroshi at 23:53 彫刻家 | 石彫

2007年11月02日

いばらきストーンフェスティバル

第18回匠のまつり いばらきストーンフェスティバル2007へ行ってきました。いろいろな所でお会いする山田石材計画さんは伊達冠を。いつもお世話になっている渡辺信也石材さんも出展していて亀川石材の本小松石を使った坊塔が展示してありました!渡辺さんのブースやいろんなブースでお茶してお話させてもらいました〜帰りに笠間焼きのブースを見ていると岡本敦生さん宇部でお会いした鈴木典生さん栗原優子さんたちにバッタリ会いました!11.0211.0211.02









それから磁場 - 地場 ART SESSIONN TSUKUBA 2007展みて帰りました〜先ほどバッタリお会いした岡本敦生さん鈴木典生さんらが出展しています。平沢官衙遺跡に着いたころにはもう6時くらいで真っ暗のなか岡本敦生さんの作品からの着メロ聞いてました(笑)11.0211.02  
Posted by kamegawahiroshi at 23:55 石彫 | イベント