2013年08月30日

碑材〜

碑材のお見積もりで割り込みましたが幅がお望みの寸法より小さかったみたいです。高さ7尺ある大きい石です
DSC05101








水曜日は高虎さんに手ぬぐいのお願いしに行って
DSC05406








石産協の年次大会の打ち上げに行ってきました。来年は3月8、9日に上野公園のスタバ前でJAPAN石博というイベントやります〜お墓は上野公園側がNGだしたそうで(笑)一般の方が石を使って遊べるようなイベントにするそうです。みんなで飲み行って秋葉原に泊まって
DSC05402








眞板さんの作品展をみに横須賀美術館へ。駐車場で充江さんにお会い出来て嬉しかったです
DSC05404








アフターファイブの宝塔作りはやっと軸の外側が出来て四方仏の陽刻し始めました。懸仏っぽく彫っていきます〜
DSC09432  

Posted by kamegawahiroshi at 18:49 仕事 | 芸術家

2013年08月24日

静岡配達

今年の初めから岩崎さんが素敵なお墓を制作していましてついに完成しました!本小松石沢山使っていただきどうもありがとうございます。岩崎さんオリジナルのスリットが入ったいい風?シリーズの作品を連想させます。静岡まで配達し
DSC05398








ラフタークレーンで無事据付け出来ました。とっても素敵なのですが個人のお墓なので遠めに一枚撮らせてもらいました。彫刻家の作るお墓はオリジナル感があって良いですね〜小売りや卸が提案する物とは次元が違います。後ろのお墓は有名女優の実家のお墓でした
DSC05399  
Posted by kamegawahiroshi at 18:47 彫刻家 | 墓石

2013年08月17日

小松石と小松石

お盆休みはギャーテーギャーテー爆音でムシっております〜




下は原石からやっているのでなかなか丸くならない(笑)神奈川県産本小松石の3尺塔の宝塔の軸。上は滋賀県産小松石(江州石、江州小松)で作った宝塔の基礎(格狭間無しの近江文様の三茎蓮にしてみました)本小松石は小松山で採れたから。江州は小松地区で採れたから小松石と呼ばれるようになりました
DSC05147








スが出る畿内の石大好き
DSC05154








江州の基礎は鎌倉時代の宝塔の軸に合わせて作ったので早速乗せてみました。鎌倉時代は1333年まで今は2013年なのでこの軸と基礎には実に680年以上の差がある訳ですね。石の寿命は長いですね〜
DSC05155








今迄寄せていた宝篋印塔の基礎が余ったので
DSC05153













花入れの台にしました
DSC05160
  
Posted by kamegawahiroshi at 20:26 石彫 | 墓石

2013年08月11日

陸前高田へ

「未来への記憶」プロジェクト普門寺へ行ってきました〜9日一関到着 
DSC05396








レンタカー借りて毛越寺へ礎石を見に行きましたがこの辺の礎石は自然石をそのまま使う感じだったので全然面白くなくてがっかりでした 
DSC05272DSC05261DSC05270








それから世界遺産中尊寺へ。素敵な六地蔵
DSC05290








見てみたかった平泉型宝塔とご対面!平安の反りは品があって良いですね〜
DSC05283DSC05395DSC05394








金堂の堂標稲井石
DSC05287








一石宝塔は意外に小さかったですが見れて嬉しい。半分欠けてました
DSC05291DSC05292








一関に泊まり土曜日は普門寺目指しました。気仙沼で第18共徳丸見学。5日のニュースでついに解体が決まったみたいですね
DSC05315








奇跡の一本松見て普門寺へ到着
DSC05327








五百羅漢制作の会場です。関さん、小淵さん、斉藤さん、虎尾さんと再会を喜び普門寺住職熊谷さん、今回のプロジェクト発起人である佐藤文子博士に御挨拶させてもらいました
DSC05340








普門寺は鎌倉時代からの長い歴史をもつ名刹です。奇跡の一本松の場所にあった高田の松原で倒れてしまった松で籔内佐斗司さんと藝大生が制作したおやこ地蔵尊や
DSC05329DSC05332








日石展で石工団地の小野さんが制作した地蔵菩薩がある凄いお寺なのです
DSC05335DSC05334








次男が五百羅漢作りたいと言うので斎藤さんにご指導して頂きながら彫らせて頂きました
DSC05383








先生方優しくご指導されていました。5時までやって初日は8体の羅漢さんが誕生しました!意外に皆さん早くてビックリでした
涙こらえて笑った佐藤さんの笑顔は一生忘れません
DSC05384DSC05382








渡辺さんの羅漢さん、小渕さんの一石五輪塔、佐々木さんの羅漢さんも見守っていました
DSC05362








碁石海岸寄って大船渡のホテル泊まって
DSC05348








2日目開始。市長もいらして記念写真。皆さん良いお顔されています
DSC05357








私たち家族は11時までしかいれなかったので何とか形にして帰ろうと私は必死に荒取りしてやっていました(笑)があるまんど山平さんの歌声が気持ち良くなりクッキー食べながらコーヒータイムとなりました
DSC05381DSC05365








抗火石は面白いほど簡単に彫れていきます。小学生、一般の方には丁度良い硬さですね。次男は途中で飽きちゃったのに私がやろうとすると僕の作品だから触るなと言う始末。父ちゃんはあくまでも僕のアシスタントなんだからと言われガックリ力抜けちゃいましたが(笑)何とか完成しました。大和君の復興、供養の気持ちを込めた羅漢さんです
DSC05380













会場を後にし気仙沼の復興屋台村でお昼食べて帰りました。神輿も出てて賑わっていました
DSC05393DSC05388DSC05387DSC05379








羅漢製作24日までやっています。皆さん是非!  
Posted by kamegawahiroshi at 22:58 彫刻家 | 石彫

2013年08月04日

十日町石彫シンポジウム〜

十日町行ってきました。今年は北島一夫、橋本恵吏、原透さんが参加されていました。オープントークデーに行き作品の事色々お話しされていましたDSC05239DSC05240DSC05241DSC05242








大観さんがいらっしゃいました。相変わらずのノリで面白かったです(笑)DSC05243








去年の作品みて帰りました。この一枚の写真の中にシンポジウムで制作された作品が4点あります。彫刻の街ですね〜DSC05218








長野へ行ったらびんずる祭りで賑わっていました。大好きなとりこまち行って一泊しDSC05224








kmopaで上田さんの作品みさせてもらって帰りました。鉄と本小松石を組み合わせた作品ですDSC05238  
Posted by kamegawahiroshi at 17:38 彫刻家 | 石彫