2018年12月26日

干支設置

年末恒例の西巻さんの干支設置に行ってきました
DSC07402
DSC07405




今年の干支、戌を移動して
DSC07409




新作の来年の干支、亥を設置しました
DSC07426




西巻さんと記念写真して石庄庵で忘年会しました。今年も一年お疲れ様でした。ありがとうございました
DSC07419




  

Posted by kamegawahiroshi at 23:30

2018年12月23日

尺角配達

貴重な尺角一組配達しました。最近は中台という墓石の一番大きいパーツの下の台(尺角でいうと23×23×高さ11寸)がとれなくなってしまい原石の在庫もほぼ無くなってしまった状態なんです。これからは中台は2枚合わせにしないと墓石が組めなくなってしまうと思います。青一色でなければまだ少し中台の1枚ものは出来ると思います。今回はその貴重な中台に私が浅草で習っている己書(おのれしょ)でありがとうと書きました
DSC_1016_1





その己書から筆が出ました!パッケージも可愛いくて使わないで飾っておきたいくらいです
DSC_1135_1
  
Posted by kamegawahiroshi at 21:21

2018年12月09日

自然石のお墓〜

自然石のお墓磨き終わり配達しました。拝石は磨いたら傷が出ちゃって納期間際に作り直したりしてバタバタでしたがなんとか出来て良かったです。もう一基自然石のお墓やってます
IMG_6257



 それから神田の山口屋釣漁具へ
IMG_6273



6月に山女魚用のルアー竿をオーダーたのですがようやく出来上がって取りに行ってきました。半年待ってようやくご対面です〜!
IMG_6264




リールシートは黒柿でヤマメ彫刻してグリップ部分はスタッグ(鹿の角)でオーダーしました。
IMG_6291




ホンナミロッドという竿ですが銘木でオーダーするととってもカッコイイ竿が出来るんです。リールシートに彫刻してもらえるのも魅力です
19983450_1503563393035004_2253213218929541022_o[1]



黒柿もスタッグも自然の物なので1点1点模様が違って同じ物が出来ないところが良いですね。スタッグは水難除けのお守りとして使われているので渓流釣りやっている人が身に付けています
24312850_1951236845140620_8061917223034651556_n[1]

  
Posted by kamegawahiroshi at 22:23

一石五輪塔作り始めました

石塔寺の一石五輪塔は美しかった。私も一石五輪塔を本小松石で作り始めました
IMG_6007



切削、墨出しして
DSC06824



火輪と地輪はちょっとむくり(真っ平の直線を少し湾曲させて張らせます)をつけていきます。こうしたほうが室町時代っぽくなって味わいがあり目に優しい飽きのこない形になるんです
DSC06976



ノミでむしって仕上げていきます
DSC07144
  
Posted by kamegawahiroshi at 12:35

2018年12月01日

一石五輪塔の旅

豊橋に勉強会に行ったので一石五輪塔の旅へ。勝尾寺の町石を見てきました。ここの町石は高野山のよりも古くて最古の町石だそうです。鎌倉時代中期 宝治元年(1247)の造立で完全な形で残っているのは一町石と二町石だけです
IMG_6160
DSC07328
IMG_6154


あとのは地輪のみの三、四、五町石
IMG_6120


空・風輪折れちゃっている七町石でした。結構坂道がきつい道で寒い日でしたが汗だくになってしまいました(笑)
IMG_6153


次の日は久しぶりに石塔寺へ行ってきました。大好きなちっちゃい一石五輪塔沢山見て研究してきました
DSC07314
IMG_6030
IMG_6013
IMG_6021


一尊も沢山ありました。室町時代の供養塔は美しいですね!
DSC07324
IMG_6032
  
Posted by kamegawahiroshi at 23:21