2020年03月27日

黒御影を切る

北川さんがもらってきた黒御影を切ってみました。愛知修業時代は使っていましたが真鶴の本小松石産地に戻ってきてからは黒御影石は全く扱ったことはなく、ワイヤーソーでも切ったことが無かったので切ったらどうなるのか心配でしたが
IMG_2017





本小松石と変わりなくあっさりと切れました。切れなかったらどうしようと思っていましたが無事切れて良かったです!
IMG_2019





兵庫県の北川さんの実家のアトリエまで配達しました。夜中に走って行ったので眠かったです(笑)
IMG_20200326_221926_773





北川さんち実家は石屋さんで10トン吊れるクレーンがあるので2.6トンの石も楽々吊れます!うちのクレーンは1トンまでなのでうらやましいです〜
IMG_20200326_221926_771





石を降ろしてから京都へ向かいアンティークフェアに行ってきました。コロナウイルスの影響でアンティークフェアも全然人がいなく出ていない出展者もいたりしました。東京では外出自粛のお願いが出ていたのでまぁこのイベントに行った私も後ろめたい気持ちでありました
IMG_2025





小さいぐいのみ買って帰りました
IMG_2031





京都に泊まり次の日は立本寺のしだれ桜が良さそうなので一石五輪塔を持って撮影に行きました(笑)ちゃっかりとトラックに積んでいったのよ〜
IMG_2050





もう散ってしまっていましたがとても綺麗でした
IMG_2066





桜と一石五輪塔。なかなか良いでしょ!
IMG_2091

  

Posted by kamegawahiroshi at 21:22

2020年03月21日

五輪塔お嫁に行きました

高松、岡崎、静岡、東京のイベントに展示していた
DSC00740





五輪塔(額安寺忍性塔モチーフで基礎は鎌倉時代の関東型モチーフ)がついに
IMG_2290





お嫁に行きました!イベントを回っていただけに愛着が湧き嫁いでしまうのがちょっとさみしいです(笑)まぁまた作ればいいんですけどね
IMG_1329





イベントで見せて皆によく言われたことは「これは凄く良い五輪塔だけれども、石屋は良いってわかるけどさ、一般の人にこの良さは分からないよ」でした。やっぱり買われたのは石屋さんで自分のお墓にするそうです(笑)一般の方にもこのむしり仕上げの良さをちゃんと伝えなければいけないなと改めて思いました
DSC00143





私は職人技の良いものがとにかく好きです!釣り竿でもなんでも日本の良いものが好き。そういった物に囲まれて生きていきたい!です
DSCF0591





今週墓誌も作って取りに来てくださいました。建てたら見せてもらおう!楽しみです
IMG_1966

  
Posted by kamegawahiroshi at 19:38

2020年03月14日

大きい碑材立てました

採石場に置いてあった大きい碑材を下の作業場にもってきて立てました。底割って
IMG_1925





立てて洗って傷を見て
IMG_1934
IMG_1936





作業場の入口に据えてみました
IMG_1946





幅6尺高さ7尺位(1.8m×2.1m)本小松石としては特大サイズです
IMG_1947





まぁ〜大きいと重くて大変です!石を吊るワイヤーも太くて硬くてなかなか思うように動きません。重さは4トン位ありそうな石なのでユンボで吊るのもやっとでした
IMG_1930
  
Posted by kamegawahiroshi at 21:19

2020年03月07日

自然石の墓誌

幅尺7寸、高さ3尺位の自然石の墓誌を探してと言われ探してきました。丁度尺7寸位の幅で良い石があったので洗ってエアーを吹いて傷の確認をしたところ傷も無さそうでしたので3尺のところで割ってみました
IMG_1906
IMG_1908




厚みは4寸5分で切って切った部分は磨いて正面にするそうです。正面以外は本小松石の茶色い皮肌を使いたいそうです。自然の石なのでなかなか希望の寸法に合った石ってないのですが今回は希望の寸法ピッタリでした!あとは切って傷が出ないことを祈るばかりです(笑)
IMG_1909
  
Posted by kamegawahiroshi at 19:52