亀井英孝の「千年続く経営」ブログ

名南経営コンサルティング 亀井英孝 公式ブログ

本日は「企業統治」について考えたいと思います。

 

ときに同族企業の統治機能の不具合が取り上げられます。
これは何も同族企業だけの問題ではありませんが、発生
しやすい体質にあることもまた事実です。老舗企業では、
その点に心砕いていたことが認められます。

 

代表例として西川屋(現西川リビング株式会社)中興の
祖と呼ばれる七代目・利助が手掛けた「別家制度の定法
目録」をあげておきましょう。

 

この制度は、「三代目から実施していた従業員に分家の
資格を与える別家制度を、「本家・親類・別家」三者の
共同責任と相互チェックに基づく運営を明確にして、
西川家のグループとしての体制強化を図る仕組みに発展
させたもの」(西川リビング株式会社ホームページより
抜粋)です。
http://www.nishikawa-living.co.jp/company/ayumi/ayumi04.html

 

要するに、本家のやることを親類・別家が監視し、道を
誤ることのないようする仕組みを、当主自らが作った、
ということです。そこに大いなる価値があると思います。

 

現代においても、その機能を果たしてくださる方々は
いらっしゃいます。

 

代表選手として金融機関が挙げられます。お金をお貸して
いただいていることへの説明責任を果たすことはもちろん
ですが、たとえば月一回、試算表・資金繰り予定表などを
持って支店長を訪ね、よりより経営を実現するためのアド
バイスを求める、そういう姿勢が大事です。

 

また税務署もこの機能を果たしてくれます。隠さなければ
ならないことがあるなら別ですが、思い当たる節がないの
であれば、これもまた教えを乞うつもりで調査を受けられる
ことをお勧めします。

 

それ以外にも、得意先様、仕入先様や協力業者様、経営者
仲間や地域コミュニティーの中で、特に箴言を厭わない方
のご意見を定期的にいただく姿勢は、同族企業にとってなく
てはならないものだと思います。

 

「煙たがられるぐらいの意見を言う人」を自ら求める。
同族企業のトップとして、とても大切な視点だと思います。

 

 

本日は“成長”について考えてみたいと思います。

 

ときに「どんなビジネスが儲かりますか?」といった
主旨のご質問を受けることがあります。しかしその問い
の答えはありません。どの業界でも、それぞれの業界の
中で伸びる会社と伸びない会社があるだけです。その
違いはどこから来るのでしょうか。

 

大別すると、3つの視点があるように思います。

 

第一に、方向性を決められるか、決められないかの違い。

第二に、何でもよいからとにかく第一歩を踏み出せるか、
    踏み出せないか、の違い。

第三に、決めたことを徹底できるか、できないか、の違い。

 

特に停滞している会社の特徴は、「よく考えてみます」
という言葉を使われることです。もちろん熟慮は必要で
しょう。しかしこれまでやった経験があることであれば
判断もつくのでしょうが、これから初めて着手しようと
することを、いくら考えても答えなど出てきません。
よって「よく考えてみます」という言葉は、答えを出せ
ない自分を守るための免罪符になってはいないかと疑って
みる必要があると思います。

 

逆に発展している会社では、「やってみないとわからない
から、とりあえずやってみます」という言葉が使われます。
そして大体そういう言葉を使う社長様は、決して途中で
やめたりはしません。成果が出るまでやってみようとする
のです。

 

少なくとも、明るい未来を作っていくためには、新たな
世界に飛び込む勇気を持つことが肝要だろうと思います。

 

また両者の違いからもう一つ学べることは「停滞したら、
逆転発想する」ということ。今のやり方にどこか間違い
なり不足があるから成果が出ない。だったら現状を否定
してみる。

 

「考えてからやろう」と思うなら「やってから考えよう」
と転換する。

「○○のせいで」と思うなら「自分の責任で」と転換する。

「○○ができるようになったらやる」と思うなら「○○に
するためにやる」と転換する。

 

この発想の転換が、事態の打開を生み出し、真の成長に
つながっていくものだと思います。

本日は、「話」について考えてみたいと思います。

私は仕事柄、人様の前でお話しをさせていただく
機会が多くあります。そのときに常に心掛けている
ことがあります。それは

難しい話を易しく、易しい話を面白く、面白い話を深く

です。

この言葉は、今から20年ほど前、かの永六輔さん
から教えていただいたものです。もちろん、直接
お聴きしたわけではありません。NHKのトーク番組
に出られていた永さんが、顔が見えない、言葉で
しか伝えることしかできないラジオのパーソナリティー
として心掛けていることはあるかと問われての回答
でした。

当時の私は、そのような姿勢に欠けていたように
思います。もちろん「いい話をしたい」という思いは
ありました。ただそれまでは、少々独りよがりであった
ように思います。

よくよく考えてみれば、わざわざ話を聴きに来られる
ということは、何らかの悩みを抱え、どうしたらその
問題を解決できるかを真剣に考え、明確な答えを
出したいと強く念願されてのことだと思います。その
想いに応えようとするならば、やはりわかりやすく、
聴きやすく、心に届くお話をするように心掛けなけれ
ばいけない。そのところへの思いが足りなかったよう
に思うのです。

永さんのお話をお聴きして以来私は、常に「難しい話
を易しく、易しい話を面白く、面白い話を深く」を、講演
のみならず、一人ひとりとの会話の中でも意識するよう
にしています。

もうひとつ、話をするときに心掛けていることがあります。
それは「話は“派”無し」という捉え方です。“派”とは、
「本から分かれること」「分かれ出たもの」「枝分かれした
集団」という意味ですから、「考え方が異なっている状態」
と考えてよいでしょう。

よって“派”無しをするとは、「考え方の違いが無くなるまで
話をする」ということになります。

出会ったということは何らかの縁があるということです。
“派”を別の捉え方をすると「本は一緒」です。よって、
「元々根っこで繋がっているからこそ出会っているの
だから、分かり合えない訳がない」のです。

そのような姿勢で“派”無しをする。とても大切なことだ
と思います。

このページのトップヘ