本日は「紹介」について考えてみたいと思います。

「紹介」はお客様の満足度を測るバロメーターの
一つです。お客様をご紹介いただけるかどうかが、
真の満足を得られているかどうかの物差しといえる
のです。

ご自身が何かをお知り合いに紹介をする状況を
考えていただければわかると思うのですが、紹介
のためにはいくつかの条件が必要です。

第一に、その商品やサービスに満足していること。
自分が満たされていないのに、人に紹介しようとは
思いませんよね。それもご自身にとって大切な人で
あれば尚更です。

逆に自分が本当に良いと思うものなら「これ、絶対
良いから使いなよ!」と強烈なお節介ぶりを発揮
するまでになります。究極の満足とは、このレベル
のものをいうのだと思います。

第二に、やはりその商品やサービスを提供している
人が信頼できることです。だからこそ、同じ商品を
扱っていても、紹介をもらえる人ともらえない人が
いるのです。

もちろん、どんなに良い商品であっても、どんなに
その人を信頼していたとしても、紹介自体をしたく
ない人がいるのは事実です。紹介を得られないの
は、もしかするとご自身が担当するお客様がその
ようなタイプなのかもしれません。


しかし、すべてのお客様がそのような方ばかり、
なんてことはないでしょうから、やはりご紹介を
いただく数はお客様満足度のバロメーターと
考えて良いでしょう。

そして一番嬉しい紹介とは、「あなたのような人と
付き合っていることをみんなに自慢したいんです」
といっていただけるものではないでしょうか。その
ようなご紹介をより多くいただけるよう、お互いに
精進していきたいものですね。