先日、ある社長から相談を受けました。3年前急逝された先代の後を継ぎ、
「この3
年間、脇目も振らずにやってきた」というAさんです。

 

「就任直後は周囲から不安視されていた」ものの、「実力の1.5倍の力
が出た」という言葉通り打つ手打つ手が成果を上げ、毎期増収増益を実現
されています。「責任は果たせたと思う」というその言葉には、3
年間の
苦労の重みをかじるものでした。

 

ところが今期に入り「急に不安になってきた」のだとか。

「この先数年間は業績的に何の不安もない」にも関わらず、漠然とした
不安に襲われ、その不安の渦から抜け出せないでいるとのことでした。

 

そこで私はAさんにいくつかの質問を投げ掛けました。

この3
年間取り組んできたこと、将来の方向性、先代から引き継いだこと、
これからの課題など、いろいろな切り口から社長の心の中に既にある答え
を引き出そうとしたのです。A
さんは包み隠さずお話してくださいました。

 

先代の遺志を継ぎ、先代の夢を叶え、内外の不安を払しょくし、より良い
会社にしていくために、全力投球されてこられたことがよくわかりました。
実際に周囲の期待を超える結果を残し、将来の業績にも目途を立てられた。
大変素晴らしいことです。

 

しかし短期間にそれほどの成果を出される陰には、「置き去り」にせざる
を得ないことが出てくるもの。Aさんにとってのそれは、幹部とのコミュ
ニケーションと育成がそれでした。

 

「社長を継いだばかりの頃は、ワンマン社長だった先代と違ったやり方で
結果を出したい、みんなと力を合わせ、意見を出し合いながら経営したい、
と思っていました。ところがそうはいかなかった。」

「一日も早く結果を出したい私と、現状を変えることを望まない幹部との
溝は深くて大きかった。」

 

「しかしそのリーダーシップには限界があったようです。やるべきことが
明確にあり、トップダウンで指示できているうちはよかったが、打つべき
手を打ち、特に指示すべきこともなくなってしまって、不安を感じるよう
になったんだと思います。」

 

「原点を忘れていた」とつぶやかれたAさん。

 

 「特効薬がもらえるものと密かに期待していたのですが、基本的なことを
私が置き去りにしていただけだったんですね。ちょっとがっかりしました。
でもとっても心安らかになりました!幹部とのコミュニケーションのあり方
を見直します」と言って、笑顔で帰って行かれました。

 

不安の原因というものは、大体において足元にあるものなのです。
何か置き去りにしてしまっている大切なことはないか、時には少し足元を
照らしてみる必要があると思います。