今日は“器”について考えてみたいと思います。

先日、当ネットワークの創業者・佐藤澄男をよく
知っているという方と出会いました。私が入社
する前の佐藤のことを懐かしくお話しいただき、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。


その方が、話の区切りごとに付け加えられた
言葉がありました。それは


 「とくかく何でも取り組む人だったなぁ。
  だからここまでの規模にできたんだろうね。」


確かにその通りだったと思います。私たちに
対しても

 「いいと思ったらやってみろ」

が口癖でしたから。


ある程度の意思決定ができるようになった今、
痛切に感じるのは、この言葉の凄さです。
一部門長の立場ですら「いいと思ったらやってみろ」
と心から言えているかどうか・・・自分自身を内観して
みた時、甚だ疑問です。それが会社全体の命運を
決める立場であればなおさらです。


しかし、この言葉が言えるかどうか、それがトップの
器であるようにも思います。


やったこともないことに対して、いくら考えたところで
その良し悪しを判断できるはずはない。だから
 「いいと思ったらやってみる」。

でも失敗したとき、上手くいかなかったときにどのような
リスクが待っているかもわからない。だから決めかねる。
そのせめぎ合いの中で「GO」の意思決定ができる器の
大きさ・・・


私は本当によいトップに恵まれたと、改めて思います。
天国の創業者に恥じない“器”を創っていきたい、そう
感じさせていただいた面談でした。