本日は、“道楽”について考えてみたいと思います。

 

“道楽”は通常、三省堂「大辞林」にもあるように

 ①本職以外の趣味にふけること。趣味を楽しむこと。
  また、その趣味。

 ②酒色・ばくちなどの遊興にふける・こと(さま)。

などと説明されます。

しかし、ここでの“道楽”は、

 

「道を楽しむ者は、
  困難に遭遇するも挫折せず、
  敢然として道に進む」
        (澁澤榮一氏)

 

といった意味での“道楽”です。ちなみに「大辞林」では

 ③仏道修行によって得た悟りの楽しみ。

と続きます。どちらかというと、こちらが近いですね。

 

このところ、社員育成に情熱をもって取り組みたいけれども、
熱くなり過ぎるとパワハラと言われるんじゃないか、
精神的な病に罹ってしまいはしないか、と心配される方が
多いようです。まさに今の時代を反映したものですね。

 

これはあくまでも私の主観ですが、仕事にやりがいを感じ、
楽しく面白く、常に達成感を得ながら仕事をしている人に
対しては、そのような心配はないように思います。

 

しかし、やりがいがもてる、楽しく面白くなる、ないしは
達成感が得られることが最初から保証されている仕事なんて
ありません。

やりがいをもって仕事をする、自らの創意工夫で楽しく
面白く仕事をする、目標を達成させよう一所懸命仕事を
することによってしか得ることができない境地です。

 

「職業に貴賤はない。しかし仕事の仕方には貴賤がある。」

 

と言われる所以です。

 

では、貴い仕事の仕方ができる社員さんを育てるには、
どうしたらよいのでしょうか?

 

もちろん、言葉で伝えていくことも大事です。ただ、

 

「子は親の言う通りにはならない。親の通りになる。」

 

と言われます。これは社員さんにも通じる話です。

 

何より大切なのは、自分の仕事好きを伝染させることです。

まず自らが「道を楽しむ」。それを社員さんに伝染させる。

人材育成のためにも、好ましい企業文化を醸成するためにも、
とても大切なことだと思います。