本日は、“ブレーン”について考えてみたいと思います。

 

皆さんは、新規事業を始める際、『撤退』に関して、明確な

基準をおもちになっていますか?

 

新規事業について、私は常々「3年で単年度黒字、5年で

累積赤字一掃が目安」とお伝えしています。それが実現でき

ないと判断できた時点で、速やかに撤退すべきで、たとえ

1円でも赤字が残っているなら止める、そういう姿勢を持つ

必要があると思います。。

 

しかし、このような基準を設けていたとしても、実際には

ブレーキが効かない時があります。特にオーナー企業では

そのリスクが大きいものです。

 

ここがオーナー経営の落とし穴、といっても過言ではない

でしょう。すべての意思決定機能を一身に背負うオーナー

経営者はついつい走り続けてしまう。そもそも人間は弱い

もの、特に自分との約束には甘くなりがちです。

 

よって、そのような問題が生じたときに毅然と“注進”して

くれる人が必要です。それが社員さんであればまさに“忠臣”

となりますが、それはなかなか難しいのが実情でしょう。

よって、信頼できる社外の“ブレーン”をもつことが大切に

なります。

 

“ブレーン”とは、もちろん自分にない“智恵”を授けて

くださる存在ですが、それ以上にこの“ブレーキ”としての

役割も大きいのです。

 

そういう存在が自分の周りにいてくれるか常に振り返り、

不在であれば探し出す努力を続けなければなりません。

 

このことは、オーナー経営者に限らず、誰にとっても大切な

視点だと思います。ぜひ一度、振り返る機会を設けていただけ

ればと思います。