本日は、“価値”について考えてみたいと思います。

 

皆さんは、『CSV』という経営用語をご存知ですか。

 

『CSV』とは Creating Shared Value の略で、

「共有価値の創造」と訳され、企業が生み出した価値

を、企業と社会で共有し合うことを目的とし、企業が

本業として社会的価値に取り組むことを目指すことを

意味します。

 

具体的には、次のようなアプローチをします。

 

1.解決すべき社会的課題をターゲットにする。

  →生み出すのはどんな社会的価値か?

 

2.当社が取り組まなければならない理由を明確にする。

  →事業や会社のDNAとの必然性はあるか?

 

3.パートナーを決めて連携する。

  →取引先や関係機関との相乗効果はあるか?

 

4.市民に知ってもらい、支援してもらう工夫をする。

  →オピニオンリーダーが生まれるか?

 

5.売上・利益につながる仕組みを創造する。

  →それは結果的に経営力強化に貢献するか?

 

一方で、その内容は、トップ並びにその会社にとって

 

「好きなこと」「得意なこと」「できること」

 

でなければ、長続きはしないでしょう。

 

よって、自社の価値を明確にするためには、外部分析と

内部分析の両面から明らかにしていく必要があります。

 

ぜひこのような内外面の分析から、自社の価値を明確に

していただければと思います。