本日は、“伴走”について考えてみたいと思います。

 

私は常々、若手社員に「愛されるコンサルタントには

なるな」と伝えています。

 

愛されようとすると、「相手のため」というよりも、

「どうやったら自分がよく見られるか」に意識と

時間が取られてしまいがちになるからです。

 

もちろん、知識を身に付けたり、情報を仕入れたり、

誰も考えたことがないような提案や企画を考えたり

することはとても大切です。

 

結果として、「相手のため」になることもあるでしょう。

 

しかし、その目的がより大切です。

 

「自分がよくみられたい」という欲求からでは、

本物は生まれないものなのです。

 

だから私は、

 

「お客様を愛することができるコンサルタントに

なりなさい」

 

と伝えています。

 

愛することができれば、心から

「相手のことをわかりたい」

「お役に立ちたい」

「成果を出してあげたい」

と思えてくるものです。

 

翻って、この視点は、何もコンサルタントだけに当て

はまるものではありません。

 

どの業種であっても必要な視点ですし、その対象も

お客様に限ったものではありません。

 

「〇〇を愛することができる□□」

 

あなたにとって、この空欄を埋める“相手”と“立場”を

明確にし、その人にしっかりと寄り添い、伴走しながら、

具体的な成果を実現していく。

 

そういう視点をお持ちいただくことも大切ではないか

と思います。