本日は、“資産”について考えてみたいと思います。

 

ときに、家や会社、または通い馴れた場所の近くで、

「こんな場所があったんだ」と、新たな発見と感動を

いただくことがあります。

 

「お客様が来ても連れて行くところがない」と言われる

東海地方ですが、決してそんなことはなく、ただ単に、

あまりに近すぎて、目に入っていないだけなんだろうと

思います。

 

翻って社内を眺めてみたとき、同じようなことになっては

いないでしょうか。

 

「自社の経営資源の価値をきちんと認識し、

十分に生かし切っているといえるだろうか?」

 

そんな疑問を感じる会社に多く出遭います。

 

一方で、そのような疑問を感じることができた結果、

いくつかの“埋蔵品”の発掘ができることがあります。

 

結構、眠らせてしまっている資源があるものなのです。

そしてその機会損失は、意外に大きかったりします。

 

そして、これらの取り組みは一時的に行うものではなく、

継続的に行っていくことに価値があります。

 

その時々の状況や抱える課題などによって、

気付くところが違うからです。

 

よって常に

 

「眠らせてしまっている資産はないか?」

 

との疑問を持ちながら仕事をすることが大切です。

 

みなさんもぜひ、そのような視点をもって、

日々を過ごしていただければと思います。