2005年04月



子ども評価  ★★★ (じゃがいもの方が好き~)

嫁さん評価  ★★★★ (蛸は美味しいけど里芋は
              あまり好きではないよ 蛸だけ弁当へ)

本日は、里芋と蛸を和風だしで煮たものです

煮物と言うよりは煮ころがしに近いかもしれません

家族からは冷たい言葉?を浴びましたが

味は、いいはずですよ

ひと言・・・蛸だけ弁当に持っていくな~

すっとしました(笑)

材料

ボイル蛸の足       8本
里芋            500g
出汁            300cc
砂糖           大匙1.5
味醂            大匙1
醤油           大匙1.5
酒             大匙2.5
塩              少々 

作り方

1.蛸は大きければ適当な大きさに切ってください

2.里芋はよく洗って、皮を剥きます
  大きければ乱切りにします
  普通サイズでしたらそのままで

3.鍋に出汁、調味料、蛸、里芋を全部いれ
  落し蓋をして火にかけます

4.最初は強火で沸騰したら弱火にして15分~20分
  コトコト煮ます

5.煮汁がほんの少しになったら蛸だけ取り出します

6.残った里芋を鍋を振りながら煮詰めます

7.里芋と蛸を器に盛って出来上がりです

*簡単に作るなら里芋は冷凍を使ってくださいね

里芋、美味しいのになぁ??家族ってやつは・・
ランキング、ポチッと応援お願いしますm(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加



子ども評価  ★  (とろろ 嫌~い・・・・)
             (納豆食べるのに??)

嫁さん評価  ★★ (私もちょっと とろろは・・・)
              (一人で食べます(>.<) )

本日は、冷たい麺です

家族からは散々に言われましたが 私は大好きです

山芋とそばってあいますよね

私は、山芋の食感を味わいたいので山芋の細切りの

短冊を少しそばの中に混ぜて食べます

2倍の美味しさになりますよ

材料

山芋           10cm幅
半生そば         1人前
うずら卵          1個
大葉            2枚
刻み海苔         適量
わさび           適量
かけつゆ         120cc

作り方

1.山芋は量の2/3はすりおろし
  1/3は、短冊にします

2.そばを茹でて流水で洗って水気を
  とり山芋の短冊とあわせておきます

3.大葉は、細切りにします

4.器にそばを入れうずら卵、海苔、大葉
  わさびをのせてかけ汁を回しかけて
  出来上がりです

*かけ汁は、市販品でもいいですが
 簡単にできるので作ってみてください

作り方 
*味醂1/3カップ、醤油1/3カップ、水2カップ
  削り節1カップ分を鍋でアクを取りながら
  弱火で少し煮て火を止めて4分くらい
  置いたものをザルで濾して冷まします

*それに、かつをと昆布のだしを好みで
  混ぜ合わせたら出来上がりです

暑くなってきましたね 冷たいそばでもいかがですか?
ランキング、ポチッと応援お願いしますm(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加



子ども評価  ★★★ (お肉~ あっ野菜も入ってる・・)

嫁さん評価  ★★★★ (レタスがシャキシャキしてていい
                         お弁当、お弁当)

本日は、レタスと牛肉を炒めて煮たものです

レタスは、本当 こういう料理にはあいますね

味としてはすき焼きの味がすっきりした感じです

ご飯のおかずにもビールにもあいますよ

材料

牛肉(薄切り)         250g
レタス              1玉
生椎茸              4枚

煮汁 
出汁              200cc
醤油             30cc~40cc
味醂              大匙1
砂糖              大匙1
酒                大匙2

作り方

1.牛肉は一口大に切りさっと湯通しします

2.レタスは適当な大きさにちぎります
  椎茸は厚さ5mmほどにスライスします

3.煮汁はあわせておきます

4.鍋を熱してサラダ油を入れレタス、牛肉を炒めます

5.全体に炒めたら椎茸を加え少し炒めて煮汁を加えて
  少し煮たら出来上がりです 

*レタスから水分がたくさんでますので煮汁は
  少し濃い目がいいですよ

明日からG.Wに突入しますね 
特に予定のない私ですが(^^ゞ
ランキング、ポチッと応援お願いしますm(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ