2007年04月


調理時間 15分  (2人前)

子ども評価 ★★★ (この、お刺身は食べれるよ
              でも、マグロのほうが好き~)

嫁さん評価 ★★★★ (中華風やね 鯛はどんな味付けでも
                あいそうやね)

本日は、鯛を少し薄く切って

胡瓜、人参の細切りを巻いていただきます

味は、よくある中華風です

ちょっと、上品にいただきましょう

【材料】

鯛の刺身(塊)・・・         80g
きゅうり・・・             1/2本
人参・・・               2cm分
大葉・・・               4枚
タレ
たまり醤油・・・           大匙2
酢・・・                大匙1
ごま油・・・             小匙2
ラー油・・・             小匙1/2
白ごま・・・              少々

【作り方】

1.鯛は、厚さ5mmほどの削ぎ切りにします

2.削ぎ切りにした鯛はお皿に回るく盛り付けます

3.きゅうりは、皮を剥いて斜めに3mm幅に切って
  縦に細切りにします

4.人参は、皮を剥いて細切りにします
  大葉も細切りにします

5.きゅうりも、人参も水に少しさらしておきます

6.タレは混ぜ合わせておきます

7.きゅうり、人参、大葉を(2)に盛って食べるときに
  鯛の身で巻いてタレをつけていただきます

*すべての材料を薄く、細く切ったほうがいいと思いますよ~

banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんに、支えられて頑張ってこれた

この SAKE TO RYOURI も 3年を超えて4年目に入りました。

これも、皆さんの温かいコメントやメール

そして、ランキングの応援等があって毎日助けられて

続けることができていると思ってます。

本当に「感謝!感謝!」しております

さて、そんな SAKE TO RYOURI も 

現在 ある出版会社の協力のもと

書籍化に向けて企画検討しております。

ほとんど、レシピしか載せてない、このSAKE TO RYOURI 

どんな料理本にするのか思考錯誤しております。

そこで、皆さんにお願いなんですが

こんな、本になったらいいなぁ」とか

こんなコーナーを設けたらどう?」とか

レシピに対する質問」等ございましたら

お気軽にコメント及びメール

いただけたら嬉しいのですが・・・・

(前向きな意見でお願いしますm(__)m)

皆さんに支えられてきた SAKE TO RYOURI」 

皆さんのアイデアを取り入れた本になったらいいなぁ」と

思ってます。

本当、お気軽に ご意見くださいね~

お待ちしておりますm(__)m

banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 


このエントリーをはてなブックマークに追加


調理時間 10分  (2人前)

子ども評価 ★★★★★ (うわ!玉子丼の豪華版やね)

嫁さん評価 ★★★★ (た・た・確かにそうとも言うかも・・)

本日は、お昼に何も無かったので

冷蔵庫の中にあった蒲鉾を使っての

丼です 役に立つのが丼汁の素です

丼汁の作り方はこちらでみてくださいね~

冷蔵庫で保存すれば長く持ちますよ~

【材料】

ご飯・・・              丼2杯分
蒲鉾・・・              1/2板
玉子・・・               4個
玉ねぎ・・・             1/3個
青葱・・・               1本
丼汁の素・・・            90cc
水・・・               180cc

【作り方】

1.釜簿は、5ミリ幅に切ります

2.玉ねぎは、薄くスライスします

3.青葱は、小口に切ります

4.小さめのフライパンに、丼汁の素(45cc)と
  水90ccを入れて中火にかけます
  (材料は2人前なので1人前づつ作るから
   材料は半分になります)

5.ひと煮立ちしたら玉ねぎを加えて少し
  煮込みます

6.蒲鉾を加えて少し煮て青葱、溶き卵(2個分)を
  鍋の廻りから流しいれます

7.卵が、とろりと半熟状になったらご飯の上に
  乗せて出来上がりです

*卵は、本当 固まってないなぁくらいで丁度ですよ
 卵の煮過ぎに注意しましょう

banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ