2011年01月

SAKE TO RYOURI

調理時間 20分  (2人前)


子ども評価 ★★★

 (味がいまいち解らない感じや、辛くも無いし甘くも無いし

  なんとなく、美味しいけどね)

嫁さん評価 ★★★★★

 (なんとなく美味しいって、意味が解らない!!

  食材の味がしっかり出てて私は好きな味やわ)


「なんとなく、美味しい」は多分・・・・まぁまぁくらいでしょうかね(笑)

確かに薄味というか、野菜からの旨味を味わう感じの料理です


「タジン鍋」、せっかく買ったので使い倒さないと思っています

なかなか、料理が冷めないところはやっぱり凄いです!!


春雨が野菜の旨味を吸って美味しいレシピですよ


SAKE TO RYOURI ・・・ポチポチ呟いてます


【材料】

乾燥春雨・・・           40g

たこの足(ボイル)・・・      2本

パプリカ(赤)・・・         1/4個

ピーマン・・・            1個

玉ねぎ・・・             1/4個

人参・・・              2cm

シメジ・・・            1/2パック

鷹の爪・・・            1/2本

鶏ガラスープ・・・        150cc

ナンプラー・・・          大さじ1

酒・・・               大さじ1

ごま油・・・             少々


【作り方】
1.春雨は熱湯に入れてもどいて水洗いし食べやすい

  長さに切っておきます


2.たこは一口サイズのぶつ切りにします

  鷹の爪は輪切りにします


3.パプリカ、ピーマンは種を取り細切りに人参も皮を

  剥き細切りに玉ねぎは薄切りにスライスしシメジは

  小房に分けておきます


4.タジン鍋にごま油を入れ鷹の爪と玉ねぎを入れて

  弱火で炒めます

  玉ねぎに油が馴染んだら、がらスープ、酒、ナンプラーを

  加えひと煮立ちさせます


5.春雨、パプリカ、ピーマン、人参、シメジを加えて蓋をして

  弱火で10分ほど蒸し焼きにしたら火を止めて蓋を取り

  タコを加え再び蓋をして、少し蒸らしたら出来上がりです


*好みで仕上げにもう一度、ごま油をかけても風味が増しますよ


たこは仕上げにさっと蒸すと小さくなりませんよ
SAKE TO RYOURI


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2 ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m





「厚揚げと竹輪のほんわり煮」
SAKE TO RYOURI

調理時間 25分  (2人前)


厚揚げと煮こみ用の竹輪を薄口醤油を使ってさっと煮ました

上の料理であまったタコがあったので入れましたが

無くても全然大丈夫ですよ


できたてを食べると煮こみ用の竹輪がほんわりしてて美味しいです

冷めたら冷めたで美味しいのですが(笑)

煮物は家庭料理には欠かせない料理ですね


【材料】

厚揚げ(三角)・・・        3個

煮こみ用竹輪・・・         2本

たこの足(ボイル)・・・      2本

インゲン・・・            4本

 【煮汁材料】

だし汁・・・            200cc

みりん・・・            大さじ2

砂糖・・・             小さじ1

薄口醤油・・・         大さじ1.5

塩・・・               少々


【作り方】
1.厚揚げは熱湯にさっとくぐらせ油抜きをして

  一口大のサイズに切ります


2.たこはぶつ切りに、竹輪は一口サイズに切ります


3.インゲンは筋を取り半分に切ります


4.鍋に煮汁の材料を入れてひと煮立ちしたらたこ以外の

  材料を入れて中火で煮てひと煮立ちしたら蓋をして

  弱火で10分ほど煮ます


5.たこの足とインゲンを加えて少し煮たら出来上がりです


*たこの代わりに鶏肉を入れても美味しいですよ


本日、2回目のたこの足アップです(笑)
SAKE TO RYOURI




「砥石買いました・・・」
SAKE TO RYOURI
以前からずっと欲しかった

「シャプトン」のセラミック砥石を買いました


この砥石のいいところは、包丁を研ぐ前に水に砥石を

漬けてなくてもいいところです

思いたったらすぐに研げるところです


ちょっと、値段は高いのですが包丁の切れ味は大切なので

ちょこっとだけいいものを・・です


きちんと研げば包丁は一生物ですよ~


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKE TO RYOURI
調理時間 20分  (2人前)


子ども評価 ★★★★

 (ハムやと思ったけどベーコンみたいな味・・・

  でも、食べてたらコリコリするもの入ってるねぇ)

嫁さん評価 ★★★★

 (牛タンやのにポーク・・・不思議な食べ物やね

  味的には普通のハムのような感じがするような)


先日、知人からこの「牛タンポーク」というものをいただきました

牛なのにポークって凄いおネーミングです

とりあえず、薄く切って焼いてみて食べたらロースハムのような

感じの味でしたのでオムレツにもあうだろうと思い

作ってみました


牛タンポークの写真は最後に載せてますよ~

当然普通のベーコンで作っても十分に美味しいですよ


今日は下の娘の誕生日です・・ということは夜は外食なのです(笑)


SAKE TO RYOURI ・・・ポチポチ呟いてます


【材料】

牛タンポーク・・・          3cm分

卵・・・                 3個

玉ねぎ・・・              1/4個

ピーマン・・・             1個

パプリカ(赤)・・・          1/4個

胡椒・・・                少々

パルメザンチーズ・・・       大さじ1


【作り方】
1.牛タンポークは5mm厚さの3cm長さに切ります


2.玉ねぎは薄切りにピーマン、パプリカは半分に切って

  種を取り細切りにします


3.ボウルに卵を割りほぐしパルメザンチーズ、胡椒を

  ふりかけておきます


4.小さめのフライパンにオリーブオイルを入れて玉ねぎ

  パプリカ、ピーマン、牛タンポークを中火で炒めます


5.玉ねぎがしんなりしてきたら、(3)の卵を流し入れます

  そこの面が焼けたらひっくり返して蓋をして弱火で

  卵の中まで火が通る程度、焼いたら出来上がりです


*ひっくり返しにくいので、蓋や皿などを使ってひっくり返してくださいね


SAKE TO RYOURI


牛タンポーク、横からみたらこんな感じです
SAKE TO RYOURI


横からはこんな感じで、所々色が違うところが牛タンなのです
SAKE TO RYOURI

存在感のある牛タンポークでした
SAKE TO RYOURI


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m





「新しいデジカメです」

SAKE TO RYOURI

以前から、カバンにちょこっと入れておきたいカメラが欲しいと

思っていたのです

料理を撮るためのコンデジは何台か持っているのですが

街をぷらっと歩いていて気軽の取れるカメラを持っていなかったのです


一番、必須な機能は高倍率ズームがついてる

あと、デザインが気に入りないといけない(笑)←ここが一番大事かも


この「PENTAX Optio RZ10」はまずデザインが気にりました

なんか、おもちゃっぽいところが好きなのです
SAKE TO RYOURI
シャッターボタンとズームレバー、電源スイッチだけしかありません



SAKE TO RYOURI

2.7型液晶、ちょっと小さめですがまぁ私にとっては十分です

この形で10倍ズーム、値段も1万円台で買えるお気軽カメラです


ちょこっちょこ、撮るには十分です

「料理」の写真は、ちょこっと撮りましたが・・・・・


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKE TO RYOURI

調理時間 20分  (2人前)


子ども評価 ★★★★★

 (これ、毎日作って~ めっちゃ美味しいわ

  こういうのが毎日続いたら幸せやのになぁ)

嫁さん評価 ★★★★★

 (幸せじゃないん?その言い方、とげがあるわね・笑

  お店でてる来る感じ・・こんな串あったっけ?)


前から一回作りたかった「チーズつくね」作ってみました

娘たちは絶賛です(^_^)v

今は手ごろにチェダーチーズも売っているので便利です


鶏ミンチ肉を卵、小麦粉、生姜、白葱を混ぜ合わせて

串に巻きつけて焼きました

串は100均で買ってきました(笑)


普通の串でもできますが、雰囲気も大切ですのでね

娘は買ってきたチーズつくねだと、最初思ったようですよ

「チーズつくね」売ってるの見たこと無いですがね(爆)

味付けは「丼つゆの素」を使いました


SAKE TO RYOURI ・・・ポチポチ呟いてます


【材料】

鶏ももミンチ肉・・・        300g

卵・・・                1個

小麦粉・・・            大さじ1

白葱・・・              1/3本

生姜・・・               1片

塩・・・                少々

丼つゆの素・・・          大さじ2

水・・・                70cc

チェダーチーズ(薄切り)・・・   2枚


【作り方】
1.白葱、生姜はみじん切りにします


2.ボウルにミンチ肉、卵、小麦粉、塩、(1)を入れて

  よく混ぜ合わせます


3.混ぜ合わせた材料を串に巻きつけます

  (結構、生地が柔らかいので巻きにくいですが)


4.串にミンチ肉を巻きつけたらすぐにフライパンに

  入れて中火で焼きます

  形が崩れたらヘラで形を整えてくださいね


5.片面、焼き色がついたらひっくり返して弱火にして

  蒸し焼きにします

  おおむね中まで火が通れば丼つゆの素と水を混ぜ合わせた

  物を入れて中火で煮詰めます


6.煮汁が煮詰まったら弱火にしてチェダーチーズ(1/2枚)を

  ひと串にのせて蓋をしてチーズがとろけたら出来上がりです


SAKE TO RYOURI


娘が言うにはこの色がたまらないらしいです(^_^)v
SAKE TO RYOURI


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m






「牡蠣とほうれん草のバター醤油焼き」
SAKE TO RYOURI
調理時間 15分  (2人前)


小さめの牡蠣の時は他の食材と一緒にバター醤油味で

炒めることが多い我が家です

ほうれん草、ベーコンあたりが間違いなく合います

きのこ類を入れてと牡蠣からの旨味を吸いとって

また美味しくなるのですが今回は入れていません

シメジ、マッシュルームあたりがいいと思いますよ


【材料】

牡蠣・・・              8粒

ほうれん草・・・          1株

ベーコン・・・            2枚

バター・・・             20g

醤油・・・              小さじ2

塩、胡椒・・・            少々


【作り方】
1.牡蠣は水で洗ってから水分をよく拭き取ります


2.ほうれん草は熱湯でさっと茹でて水分を絞り

  3cm長さに切ります


3.ベーコンは1cm幅に切ります


4.熱したフライパンにバターを溶かしてベーコン、牡蠣を

  中火で炒めます

  牡蠣からうっすら水分が出てきたらほうれん草を加えます


5.全体に混ぜ合わせたら塩、胡椒をし醤油をまわしかけたら

  器に盛って出来上がりです


*牡蠣の炒めすぎに注意ですよ


小さい牡蠣でも、味はしっかりです(^_^)v
SAKE TO RYOURI

娘たちは、これに入ってるほうれん草はあまり食べないのですが



SAKE TO RYOURI
こんな風にしたら、ほうれん草も食べます(笑)


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ