2011年05月

SAKE TO RYOURI

調理時間 15分  (2~3人前)


子ども評価 ★★★★★

 (これ中身何なん??めっちゃ柔らかし肉の味めっちゃするけど

  ソース、いっぱいつけて食べたら最高に美味しい!!)

嫁さん評価 ★★★★★

 (ソースたくさんつけたら肉に味せいへんで~ 肉しか入ってないって

  感じやね ガッツリ食べれるから私は3切れ位で丁度いいわ)


娘ったいはソースたっぷりで食べてました

このソースはウスターソースとケチャップ、ほんの少しの

マスタードと醤油を入れたものです

牛細切れを寄せ集めてハンバーグのような形にしてパン粉を

つけて揚げただけです

簡単ですが肉の味がしっかりとして柔らかくて子どもたちには

喜ばれますよー


*明日から東京にお仕事で行ってきまーす


【材料】
牛細切れ肉・・・          300g

卵・・・                1個

小麦粉・・・             大さじ2

塩、胡椒・・・            少々

付け合わせ・・・レタス、きゅうり、プチトマトなど

 【揚げ用衣】

小麦粉・卵・パン粉・・・      適量


【作り方】
1.牛細切れ肉、卵、小麦粉をボウルに入れて

  よく混ぜ合わせ塩、胡椒をします


2.混ぜ合わせた肉は3等分に分けてハンバーグの形に

  形成します


3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて170度の油で

  揚げます


4.器に付け合わせの材料を盛り揚げたカツを食べやすい

  サイズに切ってソースをかけていただきます


*工程も簡単、材料も少なくて便利な揚げものレシピですよ



こんな感じで作ります↓
SAKE TO RYOURI



中が柔らかいので切りにくいです(汗)
SAKE TO RYOURI

相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m






「久しぶりにお好み焼き屋さんへ」
SAKE TO RYOURI
先日、久しぶりにお好み焼きを食べに行ってきました

目の前で焼いてくれるお好み焼き屋さんって考えてみれば

結構久しぶりでした

小さいカップにあぶれんばかりのキャベツを入れて小さな

スプーンで混ぜる

このスタイルは昔から変わらないような気がします



SAKE TO RYOURI
上手い事、スプーンで丸く成型していきます

カメラ撮ってるから少し緊張儀な店員さんでした(笑)



SAKE TO RYOURI
焼けました~(^_^)v

外はカリッと中はふんわり、これ必須ですね



SAKE TO RYOURI
家だとここまでふんわり出来ないですねぇ

鉄板の厚みの差かなぁ・・・・旨いです!!



SAKE TO RYOURI
他には豚ぺい焼きを食べて



SAKE TO RYOURI
オムそばをいただきました

オムそばもきれいに巻いてますよね~

今度、家で作る時はこんな形にしてみよっと(笑)

お腹一杯になったのでした

東京で何食べようかなぁ??


初日の夜は一人だし・・・誰か遊んでくれますか(笑)


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKE TO RYOURI
調理時間 20分  (4人前)

(冷ます時間含まず)


子ども評価 ★★★★★

 (めっちゃ柔らかい~ 箸でとられへんスプーンがいるよ

  出汁が美味しい・・ご飯にかけて食べよっと)

嫁さん評価 ★★★★★

 (さすがに圧力鍋やね 大根もトロトロやし 人参がまた美味しいわね

  手羽先はまぁどっちでもいい感じ・笑)


「圧力鍋」、久しく使ってなかったです

使うと便利だと思うのですがキッチンの棚の上の方に置いてあるので

なかなか手が出しにくい調理器具の一つになりつつあります(汗)

でも、やっぱりこの柔らかさは圧力鍋にしか出せないかもですね

時間が短くていいのがほんと助かります

我が家のは少し大きめの圧力鍋なのでもう少しちいさのだったら

気軽に使えるかも・・・小さいのが欲しいです(笑)


そんなわけで、大根と手羽先、人参をシンプルにコンソメ味で

煮たものです

見た目、あまり味がついて無いように見えますがしっかりついています

この残ったスープで何を作るのかを考え中です(笑)


【材料】
大根・・・              1/2本

手羽先・・・             8本

人参・・・               1本

ローリエ・・・             1枚

コンソメスープ・・・        800cc

白ワイン・・・            50cc

塩、胡椒・・・            適量


【作り方】
1.手羽先はさっと熱湯にとおして余分な脂分を落とします


2.大根は1.5cm厚さに切って時間があれば面取りをします


3.人参は大きめの乱切りにします


4.圧力鍋に少量の油を入れて手羽先を中火で焼きます

  手羽先の皮に焼き色がついたらワインをふりかけます


5.アルコール分が飛んだら大根、人参、コンソメスープ

  ローリエを加えて蓋をし中火で煮て高圧になったら弱火で

  20分煮こみ火を止め自然に冷めるまで置いておきます


6.蓋をあけて塩、胡椒で味を整えてひと煮立ちさせていただきます


こんな感じです↓
SAKE TO RYOURI




手羽先にはしっかりと焼き色をつけて
SAKE TO RYOURI



大根は瑞々しく仕上がりますよ~
SAKE TO RYOURI



「この時の食卓風景です」
SAKE TO RYOURI
奥に黒っぽい鍋の中に本日料理が入ってます

面倒なので鍋ごと出しました

こういう時は、取っ手が取れる・・・の鍋が便利ですね(笑)



SAKE TO RYOURI
新しい「一眼デジカメ」購入しました(^_^)v

どんな写真になるのか???ってもう今日のレシピの写真は

このカメラで撮影したものなのですがね・・・

「今までとあまり変わらない」と言わないでくださいね~(爆)


相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m



このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKE TO RYOURI
調理時間 20分  (2人前)


子ども評価 ★★★★

 (普通に美味しいよ あんがかかってないカリカリのところが好き

  白菜もっとたくさん入っててもええのに)

嫁さん評価 ★★★★★

 (あれ、珍しい白菜多めって・・・味は確かに鶏ガラっぽい感じが

  出てるわね ちょっと薄めな感じもするけどバランスがいい感じ

  に仕上げってわね・・・)

鶏肉をたっぷり入れて鍋をした翌日に作った皿うどんです

相変わらず我が家は基本、日曜日は鍋なので残っただし汁を

再利用するのですがその一品が皿うどんです


鶏ガラの出汁が利いてる感じで仕上がって私は好きな味なのです

嫁さんは珍しくきちんと評価していましたね(笑)


【材料】
皿うどん(市販)・・・        2玉

豚バラ肉(薄切り)・・・       50g

剥き海老・・・            8尾

白菜・・・              葉2枚

白葱・・・               1/3本

うずら卵・・・             4個

椎茸・・・               2個

蒲鉾(ピンク)・・・         2cm分  

【あんかけスープ】
鶏ガラスープ・・・          300cc
醤油・・・               大さじ3
みりん・・・              大さじ2
酒・・・                大さじ1強
砂糖・・・               小さじ2
片栗粉・・・            大さじ1~1.5


【作り方】

1.鍋の残りのスープはざるで濾しておきます


2.豚バラ肉は2cm幅に白菜は3cm幅に白葱は斜めに

  1cm幅に椎茸は薄く切り蒲鉾は5mm厚さに切り縦半分に切ります


3.熱したフライパンにサラダ油を入れて豚肉を中火で炒めます


4.豚肉の色が変わったら海老、椎茸、白葱、白菜の順に

  入れて炒めます


5.あんかけスープの材料を入れてひと煮立ちしてトロミガ出てきたら

  蒲鉾、うずら卵を加えて少し煮こんだら器に盛った

  皿うどんにかけていただきます


*お好みでごま油をふりかけてくださいね


こんな感じで作ります↓
SAKE TO RYOURI



やっぱりうずら卵とピンクの蒲鉾は必須なのです
SAKE TO RYOURI





「鶏鍋の時の食卓はこんな感じでした」
SAKE TO RYOURI

相変わらず、激戦です(@_@;)ポチッとよろしくですm(__)m!!
Bloglogo_2ブログランキングポチッと応援お願いしますm(__)m

←こちらも、めっちゃよろしくですm(__)m


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ