2017年02月

s-ネギまみれ茹で鶏1
調理時間 10分 (2人前) 下味時間含まず

子ども評価 ★★★
 (うわ、ネギだらけや、鶏肉は柔らかくて食べやすいやね
  食べてたら段々とネギが美味しく感じてきたわ)
嫁さん評価 ★★★★★
 (鶏むね肉はほんと柔らかいわねぇ しょうがの風味も
  少しして美味しいわ)

鶏むね肉に下味をつけて熱湯でじっくり茹でて
醤油たれで絡めていただきます
ネギ多めが美味しいですよ
今日のもお酒の肴でしょうかね(笑)

【材料】
■ 鶏むね肉・・・   200g
■ 青ネギ・・・    2本
■ 酒・・・      大さじ2
 【鶏肉下味】
■ おろし生姜・・・  5g
■ おろしニンニク・・・5g
 【タレ】
■ 醤油・・・     大さじ2
■ 酢・・・      大さじ1
■ ごま油・・・    小さじ1/2

【作り方】
(1) 鶏肉は皮を取り除き1㎝幅に切りボウルに入れて
   下味の材料とよく混ぜ合わせ15分ほどおきます

(2) 青ネギは小口に切ります

(3) 鍋にお湯を沸かし酒を入れて弱火で(1)の鶏肉を
   中まで火が通るまで茹でます茹でます

(4) 鶏肉の身をほぐしてボウルにれてタレと青ネギを加え
   よく混ぜ合わせたら出来上がりです

こんな感じで作ります ↓
ネギまみれ茹で鶏(統合)

鶏肉は弱火でじっくり茹でて中まで火を通してくださいねぇ
ネギまみれ茹で鶏(統合)2

意外に鶏肉の味がしっかりしますよー
s-ネギまみれ茹で鶏2

お好みで一味をかけて食べても美味しいですよ!
s-ネギまみれ茹で鶏3


今回のメシ通さんは「こんな麻婆豆腐あってもいいんちゃいますか」
ミートソース麻婆
今回のメシ通さんレシピは「麻婆豆腐」です・・・が
普通の作り方ではありません!!
なんちゃって麻婆豆腐だと思って気になった人は

レシピみて下さいねー ↓ 
「かめきちパパのなんちゃって麻婆豆腐」


「日帰りカニカニエキスプレスツアー」最終
17 天橋立 カニカニツアー1
お風呂の紹介を忘れてました
お風呂に入りに行ったら誰も入ってなかったので
ちょこっと、撮らせていただきました。

17 天橋立 カニカニツアー2
こっちが窓がついた普通の方のお風呂です
窓の外には天橋立が

17 天橋立 カニカニツアー3
こっちは窓なしです
外に出れるようにもなっています
ちょっと、寒いですけど季節が良ければ最高ですね

17 天橋立 カニカニツアー4
帰りの電車の中でも赤ワイン飲んでいい気分で自宅へと

17 天橋立 カニカニツアー5
そんなわけがない(笑)
近所のお寿司屋さんに寄ってちょこっと一杯!

17 天橋立 カニカニツアー6
海老食べて

17 天橋立 カニカニツアー7
ウニ食べて

17 天橋立 カニカニツアー8
タラの白子でございます

17 天橋立 カニカニツアー9
こりゃ、たまりません!!
サクッと食べて飲んで

17 天橋立 カニカニツアー10
いつものバーに寄ったらしく写真撮ってました
もうほぼ記憶がございません(;´・ω・)

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
     ↓


こちらもよろしくです~

このエントリーをはてなブックマークに追加

s-丁寧なこんにゃくステーキ1
調理時間 10分 (2~3人前) (下処理時間含まず)

子ども評価 ★★★★★
 (この、こんにゃく なかなか美味しいかも・・・高いやつ?
  なんかおでんのと味が違うような・・)
嫁さん評価 ★★★★★
 (こんにゃくの臭みがほとんど無いわね しっかりとした
  食感で味付けもちょうどいいわね)

最近、少し手ぬきにこんにゃくの下ごしらえをしていたので
今日の食べて味の違いが判るということでこれからは
真面目に下処理しなければと、思い直した私です(笑)
要は塩でシッカリとこんにゃくを揉んで熱湯で茹でて
そのまま自然に冷ますと、いうことだけなんですがね 
こんにゃく焼いて最後に塩、胡椒とソースをかけて
いただきます。

【材料】
■ こんにゃく・・・1枚
■ ニンニク・・・ 1片
■ 鷹の爪・・・  1本
■ 塩、胡椒・・・ 適量
 【ソース材料】
■ バター・・・  15g
■ 醤油・・・   大さじ1.5
■ みりん・・・  大さじ1

【作り方】
(1) こんにゃくは横半分に切って2枚にし表面に格子状の
   切り込みを入れておきます

(2) ボウルにこんにゃくを入れて塩を小さじ1ほど振りかけて
   全体によく揉みこんで5分ほど置き熱湯で茹で冷まします

(3)熱したフライパンにサラダ油を小さじ1入れてこんにゃくを
    中火で表面がしっかりする程度まで炒め器に盛り
    塩、コショウをふりかけます

(4) 同じフライパンにバターを溶かして半分に切ったニンニクと
   小口に切った鷹の爪を弱火で炒めます

(5) 香りが立ってきたら醤油とみりんを加えひと煮たち
   させたら火を止め(3)にかけて出来上がりです

こんな感じで作ります ↓
丁寧なこんにゃくステーキ(統合)1

こんにゃくの表面に薄く焼き色がつく程度焼いてくださいね
丁寧なこんにゃくステーキ(統合)2

仕上げにソースをかけるのでバターの風味がいいですよー
s-丁寧なこんにゃくステーキ2

青ネギとかの緑の野菜があったら彩いいですよー
s-丁寧なこんにゃくステーキ3


今回のメシ通さんは「こんな麻婆豆腐あってもいいんちゃいますか」
ミートソース麻婆
今回のメシ通さんレシピは「麻婆豆腐」です・・・が
普通の作り方ではありません!!
なんちゃって麻婆豆腐だと思って気になった人は

レシピみて下さいねー ↓ 
「かめきちパパのなんちゃって麻婆豆腐」


「ペヨングヌードル醬油味」食べてみた
s-ペヨングヌードル 醬油味1

s-ペヨングヌードル 醬油味2
なんとも、愛想のないパッケージでございます(笑)
ペヨングってあまり関西では馴染みがないので
スーパーで見かけたら買ってしまいます。

s-ペヨングヌードル 醬油味3
中はかやくとスープだけですね
想像通りです!

s-ペヨングヌードル 醬油味4
麺の色はチキンラーメンぽいですねぇ

s-ペヨングヌードル 醬油味5
お湯を注いで3分、香りはチキンラーメンぽいです
具材は思ってた以上に多いかも

s-ペヨングヌードル 醬油味6
食べてみた感想は思ってた以上にあっさり系なような
よく言えば味が優しい感じです
悪く言うと「薄い」のかなぁ
呑んだ後に食べるラーメンとしては値段を考えると
なかなかいいかもですよ!!
リピ度 ★★★

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
     ↓


こちらもよろしくです~

このエントリーをはてなブックマークに追加

s-アボカドのチーズ焼き1
調理時間 15分 (2人前)

子ども評価 ★★★
 (う~ん、普通やね まずくはないけどめっちゃ
  美味しいというわけでもないような)
嫁さん評価 ★★★★★
 (私は好きだわよ 妙に味付いてるところがいいわね
  アボカドって久ぶりに食べた気がするわ)

アボカドを食べやすい大きさに切ってグラタン皿に
入れて塩、胡椒をふりかけチーズのせて焼くだけです
隠し味は麵つゆです
麵つゆの少し甘い感じのつゆがチーズやアボカドに
あいますよー
ちょこっと一品っていうときにいいかもですよ

【材料】
■ アボカド・・・     1個
■ スライスチーズ・・・  2枚
■ 塩、胡椒・・・     少々
■ 麵つゆ(濃縮2倍)・・・大さじ1 

【作り方】
(1) アボカドは皮と種を取り一口サイズに切ります

(2) グラタン皿に麵つゆを入れてアボカドを置き
   スライスチーズを置きます

(3) 800wのオーブントースターでチーズに焼き色が
   つくまで焼いたら出来上がりです

こんな感じで作ります ↓
s-アボカドのチーズ焼き3

アボカドの皮と種の取り方は ↓
アボガドを剥く(統合)1
アボガドを剥く(統合)2
アボガドを剥く(統合)3

チーズのせて焼くだけですよー
s-アボカドのチーズ焼き4

まぁワインの肴ですね(^^)v
s-アボカドのチーズ焼き2


今回のメシ通さんは「こんな麻婆豆腐あってもいいんちゃいますか」
ミートソース麻婆
今回のメシ通さんレシピは「麻婆豆腐」です・・・が
普通の作り方ではありません!!
なんちゃって麻婆豆腐だと思って気になった人は

レシピみて下さいねー ↓ 
「かめきちパパのなんちゃって麻婆豆腐」


金閣寺で見つけた懐かしい自動販売機
s-京都金閣寺11
京都の金閣寺のもう最終出口のところにあった
売店横のカップ麺の自動販売機。
懐かしいというか私が小さいときにあった
カップヌードルの自動販売機とは全く同じでは
ないと思うのですが似たような構造になっていました。

箸とフォークが入るところがあってカップ麺買ったら
外袋外してそのまま給湯口に入れると勝手にお湯が入って
出来がるパターンのものです
分からない人には分かりませんよね(笑)

s-京都金閣寺12
カップヌードル、カップヌードルカレー、シーフードヌードル
チキンラーメンにどん兵衛、天そば、どん兵衛きつねうどんの
ラインナップ、24時間販売と書いてありました
210円かぁ・・・微妙な値段だなぁ、飲んだ後なら勝手食べてそうですね

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
     ↓


こちらもよろしくです~

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ