2018年10月

s南部鉄プレートでチキンソテー9
調理時間 10分 (鶏肉1枚分)

子ども評価 ★★★★★
 (なんか鶏肉の味が違うというかふんわりしてるというか
  食べやすい味になってるね、塩、胡椒だけで十分に美味しいわ)
嫁さん評価 ★★★★★
 (確かにチキンがふんわりしてる感じ、鉄板が違うから?
  そんなに変わるとは思わないけどねぇ)

先日買った、南部鉄の鉄板 やっと使いました。
シーズニングをしなければいけないと思いながら
箱の中に入れたままでした^^;
とりあえず、シンプルに鶏肉を焼いてみました
感想は美味いです。
不思議と美味しいという感じでしょうか
魚焼きグリルで仕上げるのがいいのかもしれません
後半は鉄鍋のシーズニング方法を少し

【材料】
■ 鶏もも肉・・・  1枚(300g)
■ 岩塩・・・    適量
■ 黒胡椒・・・   適量
■ 白胡椒・・・   適量

【作り方】
① 鶏もも肉は余分な脂身を切り取り皮面に包丁の先などで
  所々突き刺しておきます

② 全体に岩塩をすり込んで身の部分には白胡椒を皮面は
  黒胡椒をふりかけます
s南部鉄プレートでチキンソテー3

③ 熱した鉄鍋にサラダ油を薄く塗り鶏肉の皮面を下にして中火で焼きます
s南部鉄プレートでチキンソテー4

④ 皮面に少し焼き色がついたらひっくり返して魚焼きグリルに入れます
s南部鉄プレートでチキンソテー6

⑤ 中火くらいで6分ほど焼いたら出来上がりです
 (しっかりと皮面にも焼き色がついてます)
s南部鉄プレートでチキンソテー7

鶏肉が鉄鍋にくっつくこともありませんでした
s南部鉄プレートでチキンソテー8

鉄板で焼きながら魚焼きグリルの直火で焼くので火の通りも早いし
身が固くなりにくいのではないんでしょうかねぇ
s南部鉄プレートでチキンソテー1


「鉄鍋のシーズニングはなぜ野菜を炒める?」
s南部鉄プレート下処理1
最初に鉄鍋を使うときにするシーズニング、説明書なんかにも
「野菜くずなどを炒めてください」と書いてある事があります。
鉄鍋は、錆止め用の樹脂コーティングされている事が多いんです。
鍋を十分に空焼きして、この樹脂を焼ききってしまうことが大事なんです
野菜くずなどを炒めることによって、樹脂皮膜がなくなって
コーティングが取れた鉄の表面に樹脂皮膜を新たに作るのです。

この皮膜は鍋の表面にしっかりとくっついて
洗ってもちょっとやそっとでは落ちないので
鍋の錆と食材のこびり付きを防止できるんです。

でも、書くよりやる方が早い(笑)
上の写真は水でさっと鍋を洗った状態です
s南部鉄プレート下処理2
中火にかけて水分が完全に蒸発したら弱火にしてサラダ油を全体に塗ります

s南部鉄プレート下処理3
ここで野菜の登場です。私はキャベツの芯の部分を使いました
これを鍋に擦る感じで炒めます

s南部鉄プレート下処理4
野菜がしんなりしたら火を止め冷ましたら水洗いし再び火にかけて
水分を飛ばしたら出来上がりです。
これだけの作業ですが長く使うと差が出てきますよー

ポチッとよろしくお願いします!
     ↓


こちらもよろしくです~


このエントリーをはてなブックマークに追加

s鯛のカルパッチョ1
調理時間 10分 (2人前)

子ども評価 ★★
 (普通の刺身で食べる方が好きかも こんなんあったら
  パンがあったらええのにねぇって思ってしまう)
嫁さん評価 ★★★★★
 (私はこういうの好きだわ ちょっと和風な味付けなのが
  いいわね 黒胡椒がきいてるわね)

鯛のさくが安く売っていたので少し薄めに切って
カルパッチョでいただきました。
百貨店の鮮魚コーナーで買ったのかもしれませんが
新鮮でした。
刺身も美味しいですがたまにはカルパッチョで食べるのもいいですよ

【材料】
■ 鯛・・・      半身(150g)
■ パセリ・・・    大さじ1(みじん切り)
■ 黒胡椒・・・    適量(仕上げ用)
 【A】
■ オリーブオイル・・・大さじ2.5
■ 醤油・・・     小さじ2
■ レモン汁・・・   大さじ1
■ おろしニンニク・・・小さじ1/2
■ 黒胡椒・・・    少々

【作り方】
① 鯛はキッチンペーパーなので水分を拭き取ります
s鯛のカルパッチョ3

② ちょっと薄めに切って器に盛りつけます
s鯛のカルパッチョ4

③ 【A】は良く混ぜ合わせ②にかけパセリをふりかけて出来上がりです
s鯛のカルパッチョ5

当然、刺身用の鯛の切り身を使って作っても美味しいですよ
s鯛のカルパッチョ2


「モソモソと10年前のデジカメで撮ってみる」
s懐かしいカメラ2
2007年発売のリコーの「GRD2」というカメラ
私が買ったのは2008年くらいだったと思うんですが
も10年経ちます。 当時70000円くらいしたと思います
コンデジでは高い方ですねぇ
久しく使ってなかったんですが、軽いしたまには使おうと
奈良の寺院巡りに持って行きました。

sR0011608

sR0011639

sR0011674
天気が良ければ空の色が綺麗に写ります
難点はピント合わせが非常に遅いということでしょうか
24mmの広角気味のレンズなので広く撮れます

s20181025_041657000_iOS
インスタ用にスクエアでも撮れますよ
色の発色も自然な感じです

sR0011684
明暗があるところでは少しもたつきますが・・・
でも、空は白飛び系ですが(汗)

s奈良 山帰来7
テーブル撮影にも向いているんですが少し近くなるので
少しだけ遠目に撮って後で切り取るのがいいと思ってます
なんやかんや今のデジカメに比べると劣るところもあり
勝るところもある。 のんびり写真撮る気持ちでしっかりと
撮ると楽しいカメラですよー

ポチッとよろしくお願いします!
     ↓


こちらもよろしくです~


このエントリーをはてなブックマークに追加

s速攻で作るキーマカレー1
調理時間 15分 (2〜3人前)

子ども評価 ★★★★★
 (よーく混ぜ合わせて食べたら美味しいねぇ 卵が
  なんかめっちゃ美味しいやん、スーパーのではないね)
嫁さん評価 ★★★★★
 (スーパーでも美味しい卵は売っているわよーでもこれは
  奈良の道の駅で買ったものだけどドライカレーは間違いない)

豚ひき肉、細かく切った玉ねぎ、ピーマンを炒めて作る
キーマカレーです。
カレー粉、小麦粉、チューブのニンニクと生姜を使って
パパッと作ります。
卵はお好みでかけてくださいねぇ

【材料】
■ 豚ひき肉・・・     150g
■ 玉ねぎ・・・      1/4個
■ ピーマン・・・      2個
■ おろしニンニク・・・小さじ1/2
■ おろし生姜・・・  小さじ1/2
 【A】
■ カレー粉・・・   小さじ2
■ ガラムマサラ・・・ 小さじ1
■ 小麦粉・・・    小さじ2
 【B】
■ ウスターソース・・・大さじ1
■ ケチャップ・・・  大さじ1
■ コンソメの素・・・ 小さじ1/2

【作り方】
① 玉ねぎ、ピーマンはみじんに切ります
s速攻で作るキーマカレー3

② 熱したフライパンに豚ひき肉を入れて中火で炒めます
s速攻で作るキーマカレー4

③ 豚ひき肉にパラパラ感が出てきたらニンニク、生姜、玉ねぎ、ピーマンを加えます
s速攻で作るキーマカレー5

④ 玉ねぎがしんなりしたら【A】を加えよく混ぜ合わせます
s速攻で作るキーマカレー6

⑤ 【B】を加え再びよく混ぜ合わせて炒めたら出来上がりです
s速攻で作るキーマカレー7

こんな風に卵を混ぜわせて食べても美味しいですよ
s速攻で作るキーマカレー2

カレーが余ったので翌日はストウブ鍋でご飯を1合炊いて
s速攻で作るキーマカレー8
上にカレーをかけて混ぜ合わせていただきました
途中に卵を落としてキーマ風味の卵かけご飯でいただきました✌️

「我が家にある包丁の数は」
s我が家の包丁事情1
まっこんな感じです

s我が家の包丁事情2
ペティーナイフ系です
上からヘンケル、無印良品、ツヴァリングの3本
上2本を嫁さん、娘たちが使ってます
一番下のラージペティナイフ(16㎝)サイズは私の
普段に料理作る時に使ってる包丁なのです


s我が家の包丁事情3
パン切り包丁が2本

s我が家の包丁事情4
上は何用かわかりませんが微妙によく切れます
下はチーズを切るナイフです

s我が家の包丁事情5
21㎝長さの牛刀です。
上がツヴァリング、下はグレステン社のものです
どっちも気合いれて料理作る時に使ってます
和包丁が全く出てきませんが実はしっかりとあるんですが
また今度機会があれば紹介させていただきますー

ポチッとよろしくお願いします!
     ↓


こちらもよろしくです~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ