鯛のバルサミコソテー1
調理時間 15分 (2人前)

子ども評価 ★★★
 (なんか、普通に塩焼きで食べたほうが好きかも
  よそ行きの味な感じかなぁ?)
嫁さん評価 ★★★★★
 (私はこの味好きだわー骨もないし食べやすいわ
  地味にご飯にあうわねぇ、甘酸っぱい味付けがいいわ)

スーパーで鯛の刺身用の柵が消費期限ギリギリなので
安く売っていたので買いました。
刺身で食べるのもいいんですが、贅沢にソテーして
いただきました。
バルサミコ酢は少し甘みはあるんですがソテーすると
味が物足りないので少し砂糖を入れて味に甘みと
深みを出すといいですよ。

【材料】
 鯛(刺身用)・・・ 半身(柵)
 舞茸・・・     1/2株
 塩、胡椒・・・   適量
 小麦粉・・・    大さじ2
 バター・・・    20g
 パセリ・・・    このみ
 【A】
 バルサミコ酢・・・ 大さじ4
 砂糖・・・     小さじ1
 醤油・・・     小さじ1/2

【作り方】
① 鯛はキッチンペーパーなどで水分を拭き取ります
鯛のバルサミコソテー4

② 三等分に切って塩、胡椒をし小麦粉をまぶします
鯛のバルサミコソテー5

③ 熱したフライパンにバターを溶かして鯛を中火で焼きます
鯛のバルサミコソテー6

④ 底面に焼き色がついたらひっくり返してもう片面焼きます
  この時に舞茸を加え一緒に焼きます
鯛のバルサミコソテー7

⑤ 鯛に火が通れば器に盛ってフライパンに【A】をひと煮立ちさせ鯛に
  かけパセリのみじん切りをふりかけて出来上がりです
鯛のバルサミコソテー8

鯛の表面はカリッとする感じで焼いてくださいね
鯛のバルサミコソテー2

鯛のバルサミコソテー3





「御朱印ブログアップ」でございます。



「あまった天ぷらで天とじは出汁の量が多めがいい」
残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)1
スーパーなどで買ってきた「天ぷら」は形も良くって
美味しんですが衣が少し分厚めなのが多い気がします。
でも家で揚げるの暑いですしね!!

残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)3
まぁこんな感じで残ってしまいました。
翌日に食べることになるんですが、そのままでは少し固くなります

なので
残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)5
「自家製丼つゆの素」とだし汁に玉ねぎのくし切りを入れて
ひと煮立ちさせます。
この時の丼つゆの素とだし汁は少し多めがいいです
丼つゆの素 大さじ4にだし汁130ccの量で作りました。

「自家製丼つゆの素」の作り方は ↓


残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)6

残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)4

残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)8
ここまでは流れ作業です(笑)
卵は2個でございます

残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)7
卵を流し入れたら蓋をして弱火でにて天ぷらの衣に
煮汁を吸わせます。

残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)9

衣にしっかりと煮汁を吸わせるのがポイントですよ
残った天ぷらで天とじ(海老天は大事)2

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとよろしくお願いします!

     ↓


こちらもよろしくです~