タグ:和食

揚げ茄子のポン酢浸し2のコピー
調理時間 15分 (2人前)

子ども評価 ★★★
 (普通にサッパリとした茄子のポン酢味やね
  下にあるもやしが美味しいね)
嫁さん評価 ★★★★
 (鶏肉が入っててもいいかなとも思うけど茄子と野菜だけも
  美味しいわね もやしがいい仕事してるわね)

今回は茄子を揚げましたがフライパンに油を多めに入れて揚げ焼に
してもいですよー
ポン酢に鷹の爪、醤油を少しプラスしてその中に揚げた茄子を
加えて茹でたもやしにかけていただきます。
鶏むね肉やささみ肉を茄子と一緒に揚げて作るとボリュームの
ある一品になりますよ。

【材料】
 茄子・・・      2本
 もやし・・・     1袋
 青ねぎ・・・     1本
 ミョウガ・・・              1本
 揚げ油・・・     適量
 【A】
 ポン酢・・・     100cc
 鷹の爪(輪切り)・・・1本分
 醤油・・・      小さじ1

【作り方】
① 茄子はヘタを切り取ります
揚げ茄子のポン酢浸し6のコピー

② 縦に6等分に切ります
揚げ茄子のポン酢浸し7のコピー

③ もやしは茹でてから粗熱をとり水分を絞って器に盛ります
揚げ茄子のポン酢浸し4のコピー

揚げ茄子のポン酢浸し10のコピー

④ 茄子は170度の油で2分ほど揚げます
揚げ茄子のポン酢浸し8のコピー

⑤ ボウルに【A】を加え揚げた茄子と3㎝長さに切った青ねぎ、薄切りにした
 ミョウガを入れてざっくりと混ぜ合わせたら③のもやしにかけて出来上がりです
揚げ茄子のポン酢浸し9のコピー

茄子は若干大きめに切ってポン酢をしっかりと吸わせて食べてくださいねぇ
揚げ茄子のポン酢浸し3のコピー

もやしのおかげでなかなかのボリューム感がありますよ
揚げ茄子のポン酢浸し1のコピー




復活!洋食屋さん「アルハンブラ」
復活アルハンブラ3
昨日、ブログに書いたスマホアプリで撮っております。
数ヶ月までに月に2回ほど通ってた「洋食屋さんアルハンブラ」に
行くと「しばらくの間休業します」の張り紙があり「あー残念」と
思ったのです。

あまり情報源がないこのお店なんですが15日に行ってみると
復活アルハンブラ1
「お昼のみの営業」と変わってました。

お昼は復活でございます
復活アルハンブラ2

復活アルハンブラ4
嫁さんはこの日のランチ「ポークピカタと海老フライ」
なんちゅうボリュームでしょうか!!

復活アルハンブラ5
私はミックスフライ定食(魚、海老、帆立貝柱)
ポテトサラダにたっぷり野菜、味噌汁、ご飯がついております。
何はともあれ、復活していただき嬉しく思っております
ごちそうさまでしたm(._.)m

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとしてくれると励みになります!

     ↓


こちらもよろしくです~


このエントリーをはてなブックマークに追加

マグロの炙りポン酢和え1
調理時間 10分 (2人前) ポン酢漬け込む時間含まず

子ども評価 ★★★
 (カツオのたたきのサッパリした感じやね 
  美味しけどやっぱり寿司で食べるマグロが好きかなぁ)
嫁さん評価 ★★★★★
 (私はこれ好きだわよ、ほんとサッパリと食べれるわね
  玉ねぎや青ねぎの薬味もいいわ、ミョウガが欲しかったところかも)

マグロの柵をさっとフライパンで焼いて氷水につけてしっかりと
冷やしてからポン酢を合わせて冷蔵庫で寝かせていただきます。
レシピに炙りと書きたかったのですが炙ってないんで
炙り風にしました。(あんまり意味はない?)
暑い時期にサッパリといただけますよ。

*我が家は毎日新聞を購読してますが、担当の販売店が閉店に
 なったようで代わりに近所の朝日新聞の販売店から毎日新聞を
 配達してくれてます。なんか変な感じですね^^;

【材料】
 マグロ(柵)・・・  80g
 玉ねぎ・・・     1/4個
 青ねぎ・・・     2本
 【A】
 ポン酢・・・     100cc
 おろし生姜・・・   小さじ2
 醤油・・・      小さじ1

【作り方】
① マグロの柵はフライパンで全面サッと焼きます。
マグロの炙りポン酢和え3

マグロの炙りポン酢和え4

面積の少ない部分もしっかりと焼きましょう
マグロの炙りポン酢和え5

② 氷水につけて熱を取り除きキッチンペーパーでしっかりと
  水分を拭き取って一口サイズに切ります
マグロの炙りポン酢和え6

こんな切り口になります
マグロの炙りポン酢和え7

③ バットに【A】を入れてマグロを加え冷蔵庫で2時間ほど寝かせます
マグロの炙りポン酢和え8

④ 薄切りにした玉ねぎと細切りにした青ねぎをボウルに入れます
マグロの炙りポン酢和え10

⑤ つけて置いたマグロとポン酢を加えざっくりと混ぜ合わせたら出来上がりです
マグロの炙りポン酢和え9

ちょっとサッパリすぎると思う人はニンニクチップなんかトッピングしても
いいと思いますよー
マグロの炙りポン酢和え2




「カメラアプリPolcaを楽しむ」
2019-07-15_10-22-49_000.png
スマホのカメラアプリです。
だいぶと前から使っているのですが、特に綺麗に撮れるわけでは
ございません。そういうアプリではないので
写真のように小さな小窓に見える部分が映ります。

どんな写真かというと
カメラアプリで撮る福島上等カレー2
ちょっと、レトロチックな写真が撮れるのです。

カメラアプリで撮る福島上等カレー1
よく食べる「福島上等カレー」の厨房もこんな感じに

カメラアプリで撮る福島上等カレー3

カメラアプリで撮る福島上等カレー4
カレーを撮ったらこんな感じ

インスタアップする時に加工加えたら
カメラアプリで撮る福島上等カレー7
こんな感じの厳ついカレーに(笑)

2019-07-12_09-56-50_000
丹波篠山の大書院で撮った写真です。
ちょこっと趣のある写真になって好きなんです
遊びでちょこちょこと撮ってると思うわぬ気に入った写真に出会えるかもですよ

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとしてくれると励みになります!

     ↓


こちらもよろしくです~

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜えびたっぷりな卵モダン2のコピー
調理時間 20分 (1~2人前)

子ども評価 ★★★★
 (これって醤油で食べるかソースで食べるか悩む味やね
  でも、私はやっぱりお好み焼きソースかなぁ)
嫁さん評価 ★★★★
 (私はこれに関しては醤油がいいと思うけれど真ん中に
  焼きそば麺が入ってるからねぇ・・・微妙なところだわ)

いつもの卵モダンに桜えびをたっぷりとのせて焼いてみました。
桜えびが焼けた香りが香ばしくてたまりません。
作ってる時はやっぱり醤油で食べるのがいいかな?と
思ってたんですがお好みやきソースも捨てがたく
あえて直接何も着けないで切り分けて各々の器の上で
醤油かソースをつけるとこにしました。

【材料】
 焼きそば麺・・・  1玉
 卵・・・      2個
 桜えび・・・               大さじ4分程度
 キャベツ・・・   1/8個~1/6個
 豚バラ肉・・・    50g
 小麦粉・・・     大さじ1
 塩、胡椒・・・    少々
 お好み焼きソースか
  醤油・・・     好み

【作り方】
① キャベツは1㎝幅のざく切りにし豚肉は2㎝幅に切り
  焼きそば麺はほぐしておきます
桜えびたっぷりな卵モダン4のコピー

② 熱したフライパンに豚バラ肉を入れて中火で炒め
  豚肉の色が変わったらキャベツを加え塩、胡椒をします桜えびたっぷりな卵モダン5のコピー

③ 中火で
少し炒めたら焼きそば麺を加え混ぜ合わせて炒め
 ボウルに卵と小麦粉を入れて混ぜ合わせておきます
桜えびたっぷりな卵モダン6のコピー

④ ボウルに炒めた麺を加えざっくりと混ぜ合わせます
桜えびたっぷりな卵モダン7のコピー

⑤ 熱したフライパンにサラダ油を薄く敷き④を加え丸く成型したら
  桜えびを全体に盛ります
桜えびたっぷりな卵モダン8のコピー

⑥ 弱めの中火で両面焼けたら出来上がりです
桜えびたっぷりな卵モダン9のコピー

私は醤油をつけて食べましたがポン酢でも美味しいと思いますよ
桜えびたっぷりな卵モダン3のコピー




「マルちゃん正麺 汁なし担々麺」がなかなかシビれました
マルちゃん正麺 汁なし担々麺1
今回はマルちゃん 汁なし担々麺を食べてみました
「濃厚コク痺坦々味 花椒仕立て」
どこまで花椒の痺れがくるのか楽しみです

マルちゃん正麺 汁なし担々麺5
液体スープに粉末スープ、かやくですね

マルちゃん正麺 汁なし担々麺3
麺はフリーズドライ麺 ちょっと太めな感じです

マルちゃん正麺 汁なし担々麺4
熱湯を入れて5分

マルちゃん正麺 汁なし担々麺2
しっかり液体スープも温めておきます

マルちゃん正麺 汁なし担々麺6
はい出来上がりです
この時点で結構な香りがしてきます

マルちゃん正麺 汁なし担々麺8
なかなか攻めている色ですねぇ

マルちゃん正麺 汁なし担々麺7
味はなんか独特です。少し辛く舌が痺れる感じはします。
この感じに弱い人はこのカップ麺でも十分かと思います
麺は美味しいです。
旨味の点でどうかな?とも思うけれどこの痺れ感がいいんでしょうね

マルちゃん正麺 汁なし担々麺9
でもカロリーは地味に高めです
カップ焼きそばの中では高い方ではありませんがね

最後まで読んでくれてありがとうございます
ポチッとしてくれると励みになります!

     ↓


こちらもよろしくです~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ