2017年07月27日

ミクリ

 30日開催の夏休み亀成川生き物観察会は、毎年好評につき、今年も定員をかなり超えました。申し訳ないけれどもお断りした家族も数組。

 本日は霧雨の中ではありましたが、暑いよりずっとましと、観察会場の草刈りをしました。

 川幅が1mだった頃は両岸が田んぼで、農家の方が草刈りをされていました。ところが、ニュータウン造成による雨水対策のため、管理用道路まで入れると幅24mの大河になってしまった今、マコモにヨシにミクリが繁茂し、おまけに印旛沼から引いている水田の水から入ってきたナガエツルノゲイトウで、ジャングル状態。草刈りするのは、雨水対策の恩恵にあずかるニュータウン市民の責任かもしれないと思いつつ、ほんの少しですが、草刈りしました。ミクリは大きな実をつけていました。

20170727  亀成川 ミクリ



b613rokoko at 20:59|PermalinkComments(0)

2017年07月24日

魚とりしました

 昨日の魚とりのメンバー。このモニタリングなど、ノーバスネット(全国ブラックバス防除市民ネットワーク)の助成金を受けています。

集合写真

 ノーバスというけれど、在来の生き物の生息環境に壊滅的な影響を与える外来種の駆除には順序があり、最近では、まずアメリカザリガニを駆除してから次を考えようというふうになっています。

今や外来種といえども、生態系を担っている生き物、とにかく排除というものではありません。とはいえ、在来種の絶滅をもたらす種については、駆除せざるを得ない場合もあり、生き物を守る活動をしていて、生き物を排除しなければならないのは、本当につらいです。本日もアメリカザリガニをおよそ100匹、天国にひきとってもらいました。



b613rokoko at 17:29|PermalinkComments(0)

2017年07月23日

川の生き物調査

 定例モニタリング今年度第二回目は、曇り時々小雨の恵まれた天気でした。昨日の予報では、熱中症は警戒レベルということでしたので、ラッキー。

 マコモやヨシが茂って、足元さえ気にしなければ昔の川のようです。でも違うのは、中身。今回はメダカはまったくいなくて、バスがこれだけ取れました。同定中の写真も。

 再生区では、コウホネが増えて、ヤナギモともども下流に広がっています。フェイスブックでは、ビデオで紹介しています。

オオクチバス
同定




b613rokoko at 17:25|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

ハンゲショウ

 50年前は田んぼだった湿地です。ヨシを刈るとそこからはハンゲショウが姿を現します。

 72候の半夏生とも、半化粧とも言われ、花が咲くころに葉が白くなります。

20170708 ハンゲショウ



b613rokoko at 18:42|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

アメザリ捕り

 本日の定例調査のあと、午後からアメザリ捕り大会でした。モニタリングのため、トラップ(口径3センチ)を仕掛けましたが、なにしろ、いるいる。

急遽、素手と網でのザリガニ捕り大会。新たな素手捕りチャンピオン誕生か!という状況でした。ここのアメザリたちは、アホウドリ状態(アホウドリさん、ごめん)です。アメザリと言えば、近づくとさっと姿を消しますが、ここは、掬い取りできるくらい、動かない。

 湧水の出口で日陰でしたので、涼みにきているザリガニを捕る人間の方も、汗をかくことなく、楽しいアメザリ捕り大会でした。

 アメザリ捕りしたい方、募集しています。高校生以上対象です。食べるという方以外、お持ち帰りできません。

20170716 ザリガニ捕り



b613rokoko at 19:54|PermalinkComments(0)