2017年05月28日

次回アメリカザリガニ捕り大会 9月3日

 64日実施予定のアメリカザリガニ捕り大会は、27日の午前で締め切らせていただいていますが、まだ申し込みが続いています。お断りしている皆さまには、次回93日に都合がつくことを祈っています。

 小学校4年の理科で、観察しようシールに入っていることもあり、自然に親しむきっかけのこの生き物の人気の高さを感じます。その人気ゆえに特定外来生物にも加えられていないのが、私達には、頭の痛いところです。

今回も、里山保全活動として低密度管理をしようということでのアメリカザリガニ捕りですので、命の大切さを伝えるむずかしさを感じています。

20170424 アメザリ



b613rokoko at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月26日

萌芽更新

 古新田川調節池の西岸、斜面林が薄くなっている場所の話です。

 萌芽更新とは、昭和30年くらいまで普通に行われていた薪炭林の究極の持続型循環システム。20年から30年の木の株本を切り、脇から出てきた芽を成長させて、また大きくします。根がそのままなので、木はすぐに大きくなります。それを何回も繰り返して、一本の木の恵みを恒久的に享受するシステム。

 写真はそのお手本のような木々ですが、実は昨日、植えられたもの。URの担当者さんのお話によると、調節池工事の際、搬入路として木を伐採したので、その時の印西市との約束で、元通り、木を植えることになっており、株本だけ移植して萌芽更新として育てていたのが、移植できる状態になったので、移植したとのことでした。
  美しい谷津景観を守ろうと実施されたものです。

001s



b613rokoko at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アメリカザリガニ捕り大会受付終了しました

 64日開催のホタルを守ろう!アメリカザリガニ捕り大会は、希望者が定数を上回ったため、受付を終了しました。

 アメリカザリガニを減らすためにには、一度ではとうてい減りませんので、第二弾として、93日(日)を予定しています。ふるってご参加ください。



b613rokoko at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月25日

ミヨさらい

 定例活動日の本日は、4日のアメリカザリガニ捕り大会準備の第3弾。参加者が予定より多くなり、釣り場を広げようと、草刈りにミヨさらいをしました。

 ホトトギスの初音が聞かれ、アメリカザリガニはうようよ、サワガニも出てきました。007s006s



b613rokoko at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

キツネアザミ

 4日のアメリカザリガニ捕り大会の準備が続いています。22日は、釣り竿作りで、ノウサギノハラに座り込んで、シノダケにやすりを入れました。

 写真は夕方の帰り道。2月に草刈りした場所にすっかり伸びた(残念ながらの)セイタカアワダチソウ。それに負けずに伸びてきたキツネアザミは、こんこんとは泣きませんが、見つかりそうになったキツネがアザミに化けたけど、トゲを忘れたとのこと。

 やさしい木漏れ日の中のシックなピンクのキツネたち。

20170522 キツネアザミのある風景



b613rokoko at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)