2017年03月23日

フデリンドウ

 もう春支度は完了。Yさんの撮影です。

フデリンドウ170323-012



b613rokoko at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月22日

フデリンドウを守るセイタカアワダチソウ引っこ抜き作戦

  損保ジャパン日本興亜の助成金を受けて実施するイベント第3弾。

 フデリンドウなど里山の草花を駆逐する外来種セイタカアワダチソウを引っこ抜きます。フデリンドウの群落地やキンランなどの春の花の観察会を楽しみながらの作業です。昼食付。昼食後に別所谷津公園を中心に春の花の観察会を実施します。里山の春を守る活動にぜひご参加ください。参加費は中学生以上300円、子供100円です。

 申し込みは事務局まで。草取りですので、対象は小学校4年くらいからです。 kamenarilove@yahoo.co.jp

4月23日と6月4日のお知らせ



b613rokoko at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月19日

タヌキのため糞

 春うららというよりはすでに暑い陽気の本日は、地元の人の参加もあり、落ち葉かきとアナゴかご投入、樹木伐採と盛りだくさんの作業日となりました。

 作業のご褒美は、鶯のさえずりに春の花。そしてなぜかタヌキのため糞。紫のものは花ではなく、飲み込んだらしいビニール。害がないといいですね。

ミツバツチグリやムラサキサギゴケなど、目に優しい花たち。

20170319 タヌキのため糞

20170319 ミツバツチグリ

201703019 ムラサキサギゴケ

20170319 緑地東 シュンランs





b613rokoko at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月17日

アメリカザリガニの季節

 いよいよ春本番となりました。

 13日の活動の折、アメリカザリガニの冬用トラップの竹筒に加えて、そろそろかなとアナゴかごを設置しました。

 16日に点検したところ、すでに大型のものが何匹もかかっていました。19日の定例保全作業では、会のアナゴかごすべてを設置します。まだ餌も少ない時期ですから、せめてものお詫びにたっぷりおいしいものをごちそうしたいと思っています。

 シュンランが満開でした。
20170316 緑地 シュンランs


b613rokoko at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月14日

ニホンアカガエル卵塊が消える

 12日は、今季最終の卵塊調査でした。毎年、ごっそり減っているニホンアカガエルの卵塊ですが、今年は、雨の少ないのもたたったのか、3つの谷津で、卵塊が見られませんでした。

 卵が消えた谷津は耕作放棄田が多くなって、ミヨ(水路)が埋まっているのが原因の一つかもしれません。農家の迷惑にならない範囲でミヨのごみ拾いや泥あげを細々としていますが、この地域からニホンアカガエルが消える日が近づいているような不安にかられます。

 写真は三面コンクリートの水路にいたニホンアカガエルと乾燥間近の田んぼから救出した場所で孵化したオチビだち。  (撮影と写真編集はYさん)  

側溝のカエル

救出卵塊孵化

               



b613rokoko at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)