イヌスギナ観察会の下見

2013年05月31日

雑木でもきれいな花

あちこちの公園や街路樹にハナミズキやイチョウなどの外来種が植栽されています。確かに花や黄葉は綺麗ですが、当地にも日本古来の美しい花を咲かせる木はたくさんあります。外来種や園芸種ばかりに目が行きがちですが、もう少し日本古来の木も大切にしたいものです。

サワフタギ

サワフタギ

高さ3mほどの落葉低木で、5月頃に白い花を咲かせ昆虫たちが蜜を吸いに来ます。秋には青紫色の実をつけ鳥が食べに来ます。

カマツカ

カマツカ
高さ5mほどの落葉小高木で、5月頃に白い花を咲かせ昆虫たちが蜜を吸いに来ます。秋の終わりに赤く熟し鳥が食べに来ますが、寒くなっても食べられずに残っている実もよく目にします。美味しくないのかもしれませんが、たぶん他の木に実がなくなってから食べてもらおうという戦略なのかもしれません!?

エゴノキ

エゴノキ

高さ78mほどの落葉小高木で、5月頃に白い花を咲かせ昆虫たちが蜜を吸いに来ます。実はとくにヤマガラが好きで、夏の終わり頃から熟し始めます。また実には虫こぶがよくでき、エゴノネコアシと呼ばれています。



s2003oct at 19:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
イヌスギナ観察会の下見