2011年12月

2011年12月31日

千葉ニュータウン21住区 美しいふるさと

 3月11日以来、私たちは、自然の脅威と人智を超えた技術に頼ることの恐ろしさをまざまざと体験しました。今年くらい、絆とふるさとの言葉が聞かれた年はありません。美しい日本というときに、開発の進んだ都会(田舎)や造成地を思い浮かべる人はいないでしょう。美しいふるさと、それは生きもののたくさんいる森や林や野や田んぼです。自然の力にははるかに及ばないとはいえ、それでも、ニンゲンは、大きな力を持っています。この小さな生きものたちといっしょに生きていく知恵と力を持っています。

来年がよい年でありますように。

ハート



b613rokoko at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月28日

印西牧の原で分譲開始 日経新聞

本日の日経新聞千葉版に21住区の魅力について、本部長さんがおおいに語っていらっしゃいました。下に記事をはりつけました。URの宣伝マンの仕事を無料でしてしまいました。さて、財投によって作られたニュータウンですから、その利子(国民の税金を使って、郵便貯金の利子として貯金者に還元されました)を払うために、売り切らなくてはならないのは、よくわかります。ですから、ぜひ、この地域のウリもアピールしてほしいなとこの欄を書いています。26日にSNさんが、北総線をはさんで21住区の南側にあるモールBIGHOPの観覧車から撮影した写真です。

20111226観覧車から2120121226観覧車から




 















 すぐ下のニュータウン、ヨーロッパみたいなきれいなまちなみ(ただしせせこましい)と、今から開発される場所です。都市と田園が共生する印西市です。この貴重な自然、日本のどこにもないすごい価値らしいです。未来に残す日本の遺産です。千葉ニュータウンに来る人たちは、どちらを見て、来るのでしょう。都会の便利さをウリにしていらっしゃまいすが、20年前にやってきたニュータウン市民としては、それはカイではありませんでした。子どもたちが自然に親しめて都会に比較的近い場所というのが一番の理由でした。ですから、その頃、今はぶっつぶれたダイエーができるという時で、買い物する場所なんて、夕方になれば豆腐もないような小さなコンビニだけでしたが、今思えば、そんな苦労なんてたいしたことなかったです。今では、すごいモールが二つもあって、すごい大都会です。モールは、何回もつぶれたけど、生き残っていますし、つぶれても、またすぐに復活します。でも自然の方は、ぶっつぶすともう元には戻せません。せっかくのウリです。どうか、よろしく。

 なお、21日の毎日新聞千葉版にもURが作ったすばらしい自然財産として紹介記事が載っています。この件はまた来年にでも紹介します。


20111228日経千葉版



b613rokoko at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

3市長さんおおいに語る!

6回北総里山タウンミーティング

 山﨑山洋印西市長さん、根本野田市長さん、伊澤白井市長さんの鼎談がありました。お3人とも自然の中で育った経験から、自然を活かしたまちづくりをしたいと夢をおおいに語られました。夢を実現できる立場にある行政のトップの方々、ぜひ、印西の空にコウノトリも舞うことができるような里山を残してください。市民もしっかり協力します。

b613rokoko at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月22日

請願採択

当会から提出しておりました請願が、昨日の本会議において、議員全員一致により、採択されました。
ありがとうございました。


平成

日程第26 請願第238

「千葉ニュータウン21住区の開発において、希少種を含む生態系への配慮を求める請願」              

 

1 建設経済常任委員会報告

建設経済常任委員会委員長より】 

 

 請願第23-8号 千葉ニュータウン21住区の開発において、希少種を含む生態系への配慮を求める請願について建設経済常任委員会における審査の結果と経過を報告いたします。

 

 請願審査は1214日に開催し、審査の過程においては紹介議員と執行部から説明を求め、現地視察を行うなど慎重に審査を行いました。審査の結果、請願第23-8号 千葉ニュータウン21住区の開発において、希少種を含む生態系への配慮を求める請願については、賛成者全員で採択すべきものと決定いたしました。審査の結果を申し上げます。1214日の審査では、始めに紹介議員への質疑を行いました。

それでは審査の過程でのおもな質疑等を要約して申し上げます。まず紹介議員に対しては、請願項目にはできるだけ緑地を残すとあるが、具体的にはという質疑に対しては、調整池周辺の別所の上池、下池それに続く調整池(※緑地の間違いでは?)、この周辺はできるだけ残していただきたい。現実的には約10ヘクタールの樹林地があります。

次に21住区の宅地開発にあったては、池及び川の水質の悪化を防ぐため、道路及び宅地内に浄化され雨水浸透枡、路面排水濾過装置などの設置を配慮してくださいとあるが、雨水浸透枡、路面排水濾過装置とはという質疑に対しては、宅地には雨水を効率的に浸透さることができる雨水浸透枡や道路には雨水が浸透するような浸透性のある舗装を考えていただきたい。また、路面の排水濾過装置については、なるべく砂利や砂を雨水が通過することによって池の水質の浄化が図られるというような方法を考えているという答弁がありました。

執行部に対する質疑は、モニタリング調査の実施についてという質疑に対して、現在来年度の環境基本計画策定に向けて、事前環境調査を行っているという答弁がありました。次に、全部の環境を維持するためには開発をしないことが一番いいのではという質疑に対しては、別所第2公園という都市計画決定された近隣公園という位置付けもあるので、近隣公園としての機能が必要であることから一定の工事が必要と考えているという答弁がありました。

次に、トンボの生態系に配慮した公園造りについての質疑に対しては、「千葉ニュータウントンボ類に配慮した別所第2公園他整備の在り方検討委員会」で内容について提言をいただくことになっており、その提言に基づいて公園の設計等に入っていく予定になっている。検討委員会、専門家の意見を聞きながら事業者と市と協働でこの用地と自然について言及すべきという答弁がありました。

その後、請願の審査方法などの取扱いについて協議した結果、本日採択すべきという意見が出され、委員会としては同日に結論を出すということを決定し採決を行いました。なお、請願に対する賛否を問う討論はありませんでした。

 

2 質疑 なし

 

3 討論

【請願に賛成の議員の討論】

 

 印西牧の原駅北側において、現在千葉ニュータウン21住区の開発が行われています。21住区は千葉ニュータウン開発でも最後の住宅開発であり、周辺へ自然との調和、環境への配慮、子どもに安全、子育てに安心などをコンセプトにまちづくりが進められております。こうした中で、21住区内の古新田川最上流部である上池や別所調整池、別所緑地は希少な生き物が生息する地域になってきており、請願者は一帯での生物調査や里山の環境保全活動を行う中でこうした希少な生態系の保全を願い、21住区の開発地域のなかでも池周辺の樹林の保存や道路整備面での配慮、雨水浸透枡の設置等の、水質浄化策等の配慮を求めているのです。印西市は利根川、手賀沼、印旛沼等豊かな水辺に囲まれておりますが、千葉ニュータウン地区は北総台地上にあり、水辺特に自然の水辺が少ない地域です。印西牧の原駅北側では正にこれからまちづくりが進められるところであり、こうした中で、ここに残された貴重な水辺とそこに住む生きもの、周辺の自然を保全していくことは、豊かな自然との調和や環境への配慮等21住区のまちづくりの中で本来目指されているコンセプトに適い、市民や子どもたちが水辺の植物、動物、昆虫、鳥類など本物の自然と共存できる本当に豊かなまちづくりを実現し、印西市の環境政策の目玉、また自然と都市が共生する快適な印西市のシンボルにもなっていくものと思います。千葉ニュータウンでも最後の開発となる21住区が請願者ら印西市を愛する市民との協働により、都市と里山が共存する美しい印西市の象徴となるすばらしいまちづくり向けて進んでいくことを願い賛成答弁といたします。

 

4 全員起立により採択が決定

23年度第4回印西市議会定例会 (当会による聞き取り書き)

 



b613rokoko at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

北総里山タウンミーティングのご案内

 北総里山クラブ主催の行事です。当会も加入しています。(ちなみに代表の一人は当会の会長)
 今回で6回目を迎えます。冬休みの(関係ないけどクリスマスイブ)時期、里山に思いをはせませんか。当会も事例発表します。

第6回北総里山タウンミーティング

「3市長おおいに語る~北総の里山・千葉の里山」

 

の ご 案 内

 

北総里山タウンミーティングは、2006年に始めて今回で6回目になります。

今回は、「里山や水辺環境を再生させ、コウノトリやトキが野生復帰できる地域づくりを進める」根本野田市長をお招きし、「緑豊かな自然を活かす持続的なまちづくり」政策を掲げる山﨑印西市長、「豊かな自然や里山を守り、水と緑に囲まれた美しい白井を未来に残して行く」とする伊澤白井市長とともに北総の里山、千葉の里山について大いに語っていただき、市民・行政・農家・企業・学界等が協働で北総地域の里山自然を未来に引き継ぐ手掛かりにしたいと思います。

12月24日のクリスマスイブに、ぜひ、イオンホールにお出かけください。そして、私たちの未来について一緒に考えてみませんか。

 


 

   名 称  第6回北総里山タウンミーティング

日 時  2011年12月24日(土)13時~16時30分

場 所  イオンホール(千葉ニュータウン中央・イオンモール3F)

交 通  北総線「千葉ニュータウン中央駅」北口下車3分

主 催  北総里山クラブ

内 容

    12:30  開場

    13:00  開会・主催者挨拶

    13:05  基調提起

    13:20  3市長鼎談「3市長大いに語る~北総の里山・千葉の里山~」

    3市長の発言(30分)

    3市長鼎談(57分)

    質問票による質疑応答(25分)

              司会 関 健志 氏((財)日本生態系協会事務局長)

    15:30  事例発表(北総で活動する4団体、各15分)

    16:30  閉会

   定 員  200名 予約可 (自由席・当日先着順) 参加費  無料

   問合・予約  北総里山クラブ hokusousatoyama@yahoo.co.jp

                    080-5087-7235(矢野)

   後 援  印西市 印西市教育委員会 白井市 白井市教育委員会

 

    2011年12月吉日

 

           北総里山クラブ

             代表   一 島 正 四

(NPO法人ラーバン千葉ネットワーク理事長)

             同    河 合   泰

(NPO法人しろい環境塾理事長)

             副代表  岩 本 洋 子

                (NPO法人谷田武西の原っぱと森の会理事長)

             事務局長 長谷川 雅 美     (東邦大学教授)

 



b613rokoko at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月20日

ホタルの里クリーン作戦

ホタルの里クリーン作戦報告

b613rokoko at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月18日

これから起こること


もうすぐ河川改修工事が始まります。愛する会の活動により、当初計画されていたカゴマット方式による単断面構造から、カゴマットを使わず河床に土水路を設けた複断面構造に変更することが出来ました。しかし、現況河床は掘削されてしまいます。そこで生き物救出作戦を何度か行いましたが、まだまだ救出できずに残っている生き物がたくさんいます。

DSCF3428 (2)

 
 川の中には未だドジョウやタニシ、ヤゴなどたくさんの生き物がいます。彼らはこれから起こることを何も知りません。水が抜かれ、川底が掘られます。苦しくても痛くても逃げられません。私たちも精一杯に頑張ったのですが守ることはできませんでした。ごめんなさい。悪いのはすべて人間です。未曾有の大人災が起きる前に、また助けに行きます。(S@N)



s2003oct at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月15日

請願採択

 1214日の印西市議会建設経済常任委員会で審議された当会からの請願は、紹介議員の松本さんから詳しい説明がなされたあと、「この請願をよく出してくれた」という言葉も含めて、常任委員会の議員さんから応援質問があいついで出されました。また、執行部(印西市関係部署)との質疑応答でも、この地域の重要性を認識して印西市として残したいという、議員、執行部の気持ちが一致しました。結果、全員一致で採択されましたので、ご報告いたします。

議会でも採択される見込みですが、その後が大きな課題となります。印西市当局も、残したいという気持ちは強いと述べていましたが、現実問題として、URや企業庁が事業主であり、そことどこまでおりあえるか、印西市の宝として、主張できるかにかかっています。

これだけの豊かな自然がものすごい資産価値であり、ニュータウンのアピールポイントになることを、URや企業庁には、考慮してほしいと願っています。実際に生態系評価をして、コスト計算をしてみてほしいものです。

続きを読む

b613rokoko at 21:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年12月11日

クリーン作戦報告その1 川掃除

クリーン作戦のうち、川掃除班の発見。当会が再生した場所に胴長で入りました。高校生、若い女性、それにおじさんとおばさん4人の計6人。寒くなかったし、ごみはでかくてたいへんなのは、ひとつだけ。ドジョウ、カメ、それにでかいクチボソの死体。クレソンなどの外来種はあいかわらずでしたが、沈水性の藻が見られるようになっていました。conv0022s写真はJさん。
conv0024s

b613rokoko at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月10日

皆既月食

今日は、ホタルの里クリーン作戦。美しい日の楽しいひとときはまたレポートします。
空が美しく、URの造成のおかげで、竜ケ崎線から見える富士山が、夕焼けにきれいに映えていました。
皆既月食も楽しみにしていたら、始まりは雲の中でした。だんだん月が欠けてきたので、月が見えなくなるのかと思いきや、11時になる頃には、満月に地球の影が映っているのが、不思議で妖しい。月も赤っぽくて、星がはっきりと見えます。美しい日に美しい天体ショーが見られました。
21住区に住むキツネやオシドリたちも見ていたでしょうか。

b613rokoko at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)