2014年09月

2014年09月25日

生き物調査

 21日の日曜日、生き物調査の日でした。印旛沼から田んぼに水をくみ上げているので、その時に侵入してくる特定外来生物のナガエツルノゲイトウの調査も兼ねました。ゴンズイの実が目立っていました。

アカガシ、シラカシ、コナラなど、チョッキリムシにやられて落ちている緑色の実の殻斗(かくと=帽子の部分)を比べてみたり、遠くからはみんなアキアカネに見えてしまうトンボの顔を調べてみたり。

今年はイネ科などの実の植物が多いのでしょうか。川岸ではスズメのかしましいこと。橋の欄干に百羽近くも停まっていたのは楽しかったのですが、シャッターチャンスがなく残念。

 写真はFさん。宗甫の対岸の斜面林を調査しました。
02140921生き物調査 宗甫
クワの葉を食べるクワコ。鳥の糞みたいなのがいくつもいました。
20140921クワコ



b613rokoko at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

キツネがいた病院

 9月のある日、市の健康診断で印西総合病院を訪れました。21住区の原っぱの端に建てられた病院です。全国的に有名になったキツネの写真はこの病院の建設前の敷地で撮ったものです。

 病院からのながめは最高でした。まだ未造成の21住区が目の前に開けていました。

 緑の効果は意識しているものより無意識の効果がはるかに大きいそうです。こんなロケーションにある病院で治療を受けられたら最高ですね。

病院からs


  写真は携帯から。待合室の窓から奇跡の原っぱの一部を見ています。



b613rokoko at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

刈払機講習会

  秋らしい毎日が続いています。酷暑の夏だったので、なんだかほっとします。外の活動が目白押しですが、さわやかな空気の中の作業となっています。20日は草深の森で刈払機講習会。講師は千葉だけでなく関東でも一番話が分かりやすく楽しいイケメン先生の千葉県森林組合、安全管理指導者の木村正敏さん。
 
まずはとにかく安全の問題から。簡単な機械ほどこれくらいだいじょうぶと思う事故が多いとのこと。自分がけがするなら自己責任ですが、人を傷つけたらたいへんです。
  少数精鋭ならぬ少数初心者でしたので、ばっちり練習もでき、刈払機の管理の方法も実践しました.
20140920刈払機講習会




b613rokoko at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月17日

カエル救出作戦

 15日はほどほどのよいお天気。カエル救出作戦とごみ拾いとザリガニ駆除をしました。カエル救出作戦には5人、ごみ拾い(9月定例ごみ拾いの日が雨天中止となったたため)に5人の計10人で。休憩のあとにザリガニをとりました。

 亀成川の上流。当会の要望を千葉県とURが真摯に受け止めてくださって土水路となった場所です。でも両岸はコンクリート三面の堤脚水路があります。

 IMG_2146
 深いところは、1m50㎝以上。写真は深さ1mくらいの水路です。体をかがめて小動物を探します。

 IMG_2149
落ちて死んでいたカマキリ。飛ぶことができても、深すぎて逃げ出せないのです。

IMG_2147
 この日はトノサマガエルを主に救出。水路にもところどころ泥がたまってドジョウやサワガニがすみついていました。サワガニは救出しようとしたらコガニがいっぱい出てきました。ここで繁殖していたのです。

 ごみが一番取れました。ザリガニは時間切れで100匹くらいでした。

 次回の10月定例ごみ拾いはマコモ刈り作業が中心ですが、ごみ拾いにもぜひご参加を。



b613rokoko at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月14日

亀成川の初秋

 先日、亀成川上流部の斜面林を歩きました。そのときに見つけた生き物たち。ぼけぼけの携帯写真(ただいまRCNの写真教室受講中)ですので、ぜひ、明日のカエル救出作戦とごみ拾いでご自分の目で確かめてくださいね。

 オオカマキリ「私は怒っている!」

IMG_2101
 走り去りながらも怒りがおさまらないカマキリでした。ごめんね。

 IMG_2103
IMG_2105
クモの子の団居(まどい) 『蜘蛛の子を散らすように』という言葉がありますよね。これです。この時期限定。

まどいs
 イオウイロハシリグモのお母さん。おなかに卵を抱えています。飲まず食わずで子どもを守ります。とても大きかったのでものさしを参考に。ものさしが手前なので、本当はもっと大きい。

sハシリグモ
 ツリガネニンジンに産み付けられたツノトンボの卵。トンボではなくウスバカゲロウに似ているツノトンボ科の虫。

IMG_2116
 ピンクのきれいなツルボに羽を休めるウラナミジャノメ。なにしろ修行中なので、チョウをとったのか花をとったのか自分でもわからない。

 IMG_2119




以上は、98日の千葉県森林インストラクターのむしむしクラブで撮影しました。



b613rokoko at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月12日

カエル救出作戦とゴミ拾いのご案内

カエル救出作戦

 コンクリートの水路に落ちた小動物を救出します。

 俗にトノサマガエルと呼ばれるトウキョウダルマガエルは、千葉県では絶滅危惧種です。キツネと同じBのランクです。水路や道路で死んでしまったり移動ができずに繁殖もままならず、絶滅過程にあります。

 カエルが苦手と言う人は、ごみ拾いとザリガニ捕りも実施しますので、ぜひご参加を。秋日和になりそうです。里の初秋を楽しみましょう。

 問い合わせ及び申込み先は亀成川を愛する会事務局まで。

  メール kamenarilove@yahoo.co.jp

電話 080-3594-6267

日時 915日(月・祝)午前930分から12

集合場所 宗甫陸橋の下 (印西市宗甫102付近)

参加者には地図をお送りします。

服装と持ち物 長袖、長ズボン、長靴、軍手、帽子

   スズメバチ対策として、黒色は避ける。

   飲み物 (間で休憩をとります。おやつが出ます)
カエル救出作戦ちらし



b613rokoko at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月08日

奇跡の原っぱとそうふけっぱらのきつね

 今日は中秋。あいにくの曇り空ですが、昨日の月は見事でした。サクラも満開より八分咲きがきれいといいますが、月も十三七つ(じゅうさんななつ)ぐらいが見ごろでしょうか。

DSCF2518 (427x640)

6日の土曜日、ご紹介した「ふるさとの物語」が開催され、盛況でした。絵もスクリーンもないけれど、話者のお話の世界に引き込まれました。何十年も前におばあちゃんにお話をせがんでいた頃を思い出しました。

「そうふけっぱらのきつね」の素話では、「ひれーひれー原っぱ」「雑木林」「落ち葉を踏む、さくっさくっという音」など、情景があざやかに浮かび上がります。

でも待てよ、原っぱも雑木林も落ち葉が降り積もった道を歩いたこともない今の子ども達は、想像の世界が開けるのだろうか。想像の翼が広げられるのだろうか。そう思うと、せっかく残った原っぱや昔の北総の雑木林だった松林など、まだ千葉ニュータウン21住区に残っている風景、ぜひとも子ども達に見てもらいたいとあらためて思いました。

写真は2年前撮影のもの。撮影はSNさん。

DSCF2518 (427x640)



b613rokoko at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

奇跡の原っぱと本日の印西市議会

千葉ニュータウン21住区と印西市議会質問

 本日開催の印西市9月議会本会議において千葉ニュータウン21住区関係の質問が出されました。請願でお世話になっている松本多一郎議員が会派の代表質問の中で『地域振興と里山保全』の一つとして取り上げてくださったものです。

『ニュータウン事業の最後に残った貴重な生態系が見られる21住区については、市民の要望もあり議会でも採択した。貴重な自然を残すためにどのような対応をしているか。』

 地元の出身である市長は、「今ある森や貴重な原っぱをどうするか事業者と話し合っていく」との回答をされました。

 市長答弁に先立ち、都市建設部長さんから、別所第二公園などについては、トンボ検討委員会などの提言に基づき生態系に配慮した計画に変更し、工法に配慮しているも答弁がありました。公園の水抜きの中止や調節池、別所緑地など、水辺については、市として最大限の努力をされたことに私たちもたいへん感謝しています。

 21住区に残る未造成地については、1月末のUR等からの回答から変更はありませんが、市長は話し合いをするという回答をくださっていますし、松本議員も「21住区の中にある貴重な生態系を保全、維持していくためには、市として積極的に取り組む必要がある。力強くURや県との話し合いを進めてほしい」と締めくくられました。

写真は2年前の21住区、立ち入りが許可されていた当時に撮影したオミナエシの群落。撮影はSNさん。


 DSCF2251



b613rokoko at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月07日

本日(7日)のゴミ拾いは雨天中止です

本日7日に予定しておりました定例ゴミ拾いは雨のため中止です。雨はやんでも足元が悪いためです。
15日(月・祝)に実施するカエル救出作戦においてもゴミ拾いをしますので、ぜひご参加ください。
 カエル救出作戦
 亀成川の両岸の水路に落ちた小動物を救出します。
日時:915日(月・祝)9301200
集合:宗甫陸橋の下 (印西市宗甫102付近)
   別添図「亀成川上流 橋の下」を参照。
服装等:長袖、長ズボン。長靴。帽子。飲み物など。
 


b613rokoko at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)