2016年09月25日

2016年09月25日

オニビシ退治

 久しぶりにお天道様の顔を見られた本日、ザリガニ捕りとオニビシ除伐をしました。秋の長雨(梅雨より長い)で9月の定例活動はことごとくお流れとなり、優先事項を実施です。

アメザリ捕りはいつものことですが、池のオニビシ除伐がことのほか楽しくて、これはおすすめの活動です。

今日は暑かったので、水が気持ちよかったというのもありますが、水の中に入るのは生きものの本能が満たされる気がします。

オニビシは、水面を覆ってササバモなどの沈水植物を駆逐してしまうこと、枯れた葉や茎が池の富栄養化を招くことなどにより、中央博物館の林さんから、沈水植物と競合している場所は駆除した方がよいとの助言により、実施しました。

写真で見てのとおり、枯れたオニビシが水面を覆っています。水生昆虫がついている可能性があるので、よく振って、とりあえず岸辺に仮置きしました。

ヒシの繁茂

ひしとり、依田さん




b613rokoko at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)