2018年05月25日

2018年05月25日

牧の原小学校 プールの生き物救出 その2

Yさんのまとめより プールの生き物を救出するわけとツバメのちび
スライド9
スライド10


b613rokoko at 19:43|PermalinkComments(0)

オニビシ駆除

オニビシ駆除

 北総地域でも多様な沈水植物が生育していた池です。覆いかぶさる木からの落枝落葉による富栄養化により、オニビシが大繁殖しています。夏になると、池の中央にヒシが盛り上がるほどに繁茂し、大量のヒシがますます富栄養化を促進するという悪循環です。

この時期の駆除は、ちぎれるとまた茎がのびるだけだから効率が悪いと言われていますが、今年は、まだヒシが大きくならないうちに駆除することにしました。

昨年は9月からヒシ駆除をしましたが、なにしろ一粒のヒシから5mにもなる茎を発生させるものですから、二人乗りのてごぎボートはすぐに満杯になります。弱小市民団体ですから、動力付きのボートなどありません。

というわけで、この夏は去年と少しでも違っていることを祈って、本日はボートを2隻だして、駆除しました。ボートに乗るのを楽しんだ会員も。次回は62日の予定。

写真は、優雅な舟遊び? たぶねに積んだ駆除ヒシと採ったヒシの山。ヒシの実ごと引っこ抜きます。もうこんなに長いのです。一粒ですごいエネルギー。

池は造成土の流入で青息吐息。私たちの保全のスピードが生き物の滅亡のスピードに追い付かないかもしれない……。

舟
採ってます
タブねに2杯×2艘
とったヒシ



b613rokoko at 19:34|PermalinkComments(0)