アメリカザリガニ捕り大会報告その2もぐもぐタイム

2018年06月14日

アジアイトトンボ

 造成土の流入で様変わりした池に、なんとか、生き延びているイトトンボです。今や、イトトンボといえば、このアジアかアオモンかというふうに、トンボの種類が激減しています。 ニンゲンには勝てないトンボですが、こんなに小さい体で力強く生き抜いているものもいるのです。
アジアイトトンボ180612-006別所緑地


b613rokoko at 21:49│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アメリカザリガニ捕り大会報告その2もぐもぐタイム