キアゲハの幼虫明るい林縁つくりとギル釣り

2018年08月04日

ヌマトラノオとキアゲハの幼虫の旅立ち

 アメリカザリガニトラップ点検は、酷暑の夏は、ちょっと厳しいものがありますが、それでも楽しみはいろいろあります。

 湿地で見られるヌマトラノオの白い花は、目には涼しくうつります。花穂が上にすっきり伸びています。虎の尾っぽが直立。

 ところで、玄関先の9頭のキアゲハのオチビたち、本日をもって、そして誰もいなくなった‥‥です。三つ葉を何度も足して、鳥の捕食から守るため網を張って、自然界ではありえない生態系に反する甘やかし(ザリガニへの仕打ちをキアゲハで償う)をした結果、まるまると太ったチビたちは、別れの言葉もなく、一頭ずついつのまにか姿を消していきました。脚の早い(6本の脚にキャタピラーまでついているせいか?)ことは想像以上で、メタモルフォーゼの場所を探して、旅立っていきました。(寂しい‥‥)

ヌマトラノオ 1080726




b613rokoko at 16:58│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キアゲハの幼虫明るい林縁つくりとギル釣り