「ものの溶け方」の授業では、水に食塩やミョウバンをとかします。その際に、棒びんを使いますが、古い棒びんは口の部分が劣化し、振ると中の水が出てきてしまうことがあります。あらかじめ、教師が確認し、そのような症状の場合には、新しい棒びんを用意しておきましょう。

また、この単元では理科室の机が食塩の粉が残されたり、水溶液をこぼしたりして汚れたままに放置されることが多いです。

授業では、「マイ雑巾」を一人一枚用意させ、しっかりと片付けをする習慣をつけさせましょう。
この一工夫で、授業後の片付けもしっかりできます。

DSC00186





http://kameraai2.blog.jp/ 新人教師と教育実習生の教科書