臨時休校が終わり、通常の授業が始まっています。とはいえ、遅れた時間数を取り戻すため様々な工夫をしていることと思います。

6年生理科「燃焼」の授業では、教師実験と児童実験を組み合わせて行うことで、押さえたことと実験技能を合わせて習得することができます。

具体的には、「酸素の中で物を燃やした後、中の気体はどうなっているだろうか?」の授業では、次の通りです。
<教師実験>
集気びんに酸素を入れて激しく燃え、しばらくたつと消える実験
→窒素、二酸化炭素と並行し、気体にはものを燃やすきたいとそうでない気体があることを学ぶ。
<児童実験>
酸素の中で燃やすと激しく燃え、消えてしまった後の気体は何かを調べる実験。
子どもたちは、消えるということは二酸化炭素か窒素、または新たな気体と予想します。
そこで、石灰水を使い、白濁する実験を通して二酸化炭素に変化することを学びます。
DSC00444






学級経営の本を買うなら・・・
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/500322/ref=pd_zg_hrsr_books

https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/562936/ref=pd_zg_hrsr_books


http://kameraai2.blog.jp/ 新人教師と教育実習生の教科書