6年生「水溶液の性質」の学習です。本単元は、5年生で学習した水溶液の性質の中で、様々な水溶液がある中で、それぞれの特色を理解する内容です。

とはいうものの、5年生の学習内容を子どもたちはすっかり忘れてしまっていることが多いです。

そこで、導入時には既習知識の整理から入ることをお勧めします。水にはものの溶ける量に違いがあること、しかも温度によってその量が異なることを一つ一つ整理するのです。

この作業は、子どもたちの思考を整理することができるばかりでなく、水溶液への興味を高める効果もあります。
DSC00606





http://kameraai2.blog.jp/=新人教師と教育実習生の教科書=