2007年08月22日

22日に競馬再開の判断=出走希望馬2000頭を検査−JRA

8月21日20時35分配信 時事通信


 馬インフルエンザの発生で先週のレースを中止した日本中央競馬会(JRA)は21日、今週末の3競馬(新潟、小倉、札幌)を開催できるかどうかを22日に決めると発表した。
 JRAでは、出走希望馬2012頭(美浦678、栗東540、札幌332、函館336、小倉126)に行った簡易検査の結果などを踏まえ、総合的に判断する。この検査は20、21日に疫学調査として実施したもので、インフルエンザの発生が確認されて以来、最大規模。
 JRAの斉藤茂広報担当理事は「今週は入手できるデータが多い。先週より早い段階で判断できる」と話した。
 また、JRA各施設で20日に発熱した馬は21頭で、6頭が簡易検査で陽性反応を示した。内訳は美浦1、栗東2、函館1、小倉2で、札幌はなかった。20日までに陽性を示した競走馬は計157頭となった。 




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)