紹介状を持たない初診患者に病院が独自に上乗せできる料金に、無料から5250円までの開きのあることが、全国の800床以上の病院を対象にした毎日新聞の調査で分かった。大学病院や有名民間病院などで高く、自治体病院で低い傾向があった。
この上乗せ料金は全額自己負担のため、掲示して患者に知らせる義務があるが、ホームページなどに記載せず、実際に病院を訪れるまで分からない病院が少なくとも15施設あった。

調査は800床以上の病院103施設(04年10月現在)を対象に実施。最も高かったのはいずれも東京都内の東京大病院、慶応大病院、虎の門病院の3施設で5250円。次いで東京都内など都市部の大学病院などで3150円が目立った。地方の大学病院や民間病院などでは2000円台、自治体病院では1000円台が多かった。
 
一方、無料だったのは、サナトリウムなどを除くと、いわき市立総合磐城共立病院(福島県)など2施設。次いで、京都府立医大病院(京都府)の510円、佐久総合病院(長野県)の520円が安かった。
 料金設定は、ほとんどの病院が紹介患者加算に準拠。これは初診患者が診療所など他の医療機関からの紹介状を持って訪れた際に一定額が加算される制度で、紹介率に応じて、400円から4000円までの6段階に分けられている。紹介患者なら得られる金額分を、紹介状を持っていない患者に肩代わりしてもらう形といえる5250円だった3施設は「近隣の同規模の病院の料金を参考にして決めた」(虎の門病院)などと説明している。
一方、無料とした市立函館病院(北海道)は「地域に根ざした医療を行うため」としている。「地域事情からあまり高くすると住民の理解を得られない」など、地域の
事情を考慮した理由も目立った。

時間内に病院を訪れた際の初診料は現在、2550円で保険適用されている。しかし、厚生労働省は紹介状を持たない患者の場合、初診料自体も自己負担にする方針を固めており、上乗せ料金と合わせると8000円近くになるケースも出てくるとみられる。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051114k0000m040115000c.html


つまりでっかくて人気のある病院は高くして人数を抑えたくて小さいところはあんまり高くしないってことでいいんじゃないだろうか?

もちろんこの地域に病院が1つしかないというケースの場合は話は別だが…

高齢化社会で医療費問題は重要になってきますよーーーー


↓クリックよろしくお願いします。。




人気blogランキングへ

有名ブログ☆ランキング