AP通信によると、米アイダホ州アイランドパークで8日、子供たちの間で流行っている「失神ゲーム」で死亡したと思われる10歳の男の子の遺体が発見された。警察当局によると、ダルトン・イービ君(10)は、7日、友人の家に遊びに行った後、帰宅せず、心配した母親から捜索願が出されていたが、8日、自宅近くの木で「首吊り状態」になっているのが見つかった。別の人間が関与した可能性はないと見られる。

 警察によると、捜査の過程で、子供たちの間に、首を絞めて「一種の酩酊状態」になるという「失神ゲーム」が流行していることが判明した。だが、ダルトン君の両親や、ダルトン君の友人たちの両親は、誰もそのゲームを聞いたことがなかった。

「失神ゲーム」で10歳児が死亡=米国


小学校のときに呼吸を止めて胸を殴ると一瞬意識が飛ぶってのが流行ってものすごい勢いで禁止された覚えがあるなw

どこの国も同じ様なことが問題になるもんだ。




人気blogランキング有名ブログ☆ランキング