かみ合わせと全身の病気・診療日記

歯やアゴ、かみ合わせの不具合、口腔異常などの病気が原因となって精神疾患、整形外科疾患、皮膚疾患、内科疾患、耳鼻科疾患などの症状として発症してしまっている患者さんに日々向かい合っている千葉県の「さかい歯科医院」院長の診療日記です。

★★流山市 さかい歯科医院★★
TEL:04-7155-5082 http://www.sakai-shika.net/

さかい歯科医院 院長が詳しく紹介されています!
DSCN0700
・院長のこれまでの道のりと目指す医療
・口呼吸は万病の元
・多数の他科医師との連携実体
・歯科治療で良くなる様々な病気
(糖尿病、リウマチ、皮フ炎、各種整形外科疾患 etc)

常に全身を考えた歯科治療
現代書林 1,300円+税

咬合治療で非定型歯痛が改善へ

昨年暮れの読売新聞記事を見て、
県外から通院してくださるEさん

左下奥歯の長く引く痛みで
何軒か歯科医院を受診したものの
原因不明で効果がありませんでした。

当院では非定型歯痛として
藤井佳朗式咬合治療とAKA博田法の
組み合わせでアプローチをはじめました。

3回目の受診の今日Eさんは
「痛む日が治療前は毎日だったが、
このごろは4~5日に1回くらいに。
痛みの程度も穏やかになってきた」

と、嬉しそうに語ってくれました。

 まだまだかかりそうですが
良い兆しはでてきました

 



歯周病治療による体調の改善

50歳なかばの男性。Aさん。


重度歯周病で12月から治療を始めました。
約2か月間経つと歯周組織の状態の改善に伴って
体調の良い変化がみられたようです。

「以前は寝ても全然疲れがとれなかったのが、疲れが
 のこらなくなった

「休みの日でも、朝ご飯たべるとだるくてまた寝てしまって
 いたのが、眠くならず起きていられるようになった

「仕事で集中力が続かなくなって困っていたが、続くようになった

その他いろいろ・・

歯周病は糖尿病、認知症、動脈硬化、膠原病などざまざな病気の
一因となっていることもたくさんの研究でわかってきています。

 歯周病は定期的な治療で歯周病菌の繁殖を低レベルに
抑えていくことが大事

歯ブラシだけでは良くなりにくいので専門性の高い治療を
受けることが肝要ですよ


咬合治療の効果が出始めています!

昨年暮れに、読売新聞の医療ルネサンスで
当院の咬合治療の記事が掲載されてから
1~2時間かけて来院される方も少なくありません

頭痛から始まり足の先までの広範囲にわたり
様々な痛みや機能障害等に悩む患者さん達です。

ほとんどはその地域の内科や整形外科等の医院や病院
を複数軒通院したものの原因がはっきりしなかったり
治療効果が不十分だったりする患者さんが大半です。

 このようなケースほど噛み合わせはじめ歯科領域の
障害や疾患が関与している可能性が強くなります。

関連検査を十分に行い、咬合治療や関連歯科疾患
治療にはいります。

 どの症例も治療回数がまだ1~2回程度ですが早くも
f改善傾向を見せている患者さんが現れ始めて
います

  積み重ねる事、継続は力なりです

 






livedoor 天気
  • ライブドアブログ