かみ合わせと全身の病気・診療日記

歯やアゴ、かみ合わせの不具合、口腔異常などの病気が原因となって精神疾患、整形外科疾患、皮膚疾患、内科疾患、耳鼻科疾患などの症状として発症してしまっている患者さんに日々向かい合っている千葉県の「さかい歯科医院」院長の診療日記です。

★★流山市 さかい歯科医院★★
TEL:04-7155-5082 http://www.sakai-shika.net/

さかい歯科医院 院長が詳しく紹介されています!
DSCN0700
・院長のこれまでの道のりと目指す医療
・口呼吸は万病の元
・多数の他科医師との連携実体
・歯科治療で良くなる様々な病気
(糖尿病、リウマチ、皮フ炎、各種整形外科疾患 etc)

常に全身を考えた歯科治療
現代書林 1,300円+税

急におそってきた脇腹痛と左腕痛




 ナースがお仕事のKさん


 ここ数日徐々に左脇腹と、左腕の激痛が
 始まり、痛みで左腕を動かすことが全く
 できなくなりました。


 近隣の病院に行ってみましたが、痛みは
 良くならず過去の当院での治療の効果を
 思い出して、かけこんでいらっしゃいました。


 左脇腹から左腕の痛みで、前かがみの状態で
 高齢の方のように、ゆっくりとしか歩けません。


 今回も整形的検査やOリングテスト検査により
 噛み合わせ不調と仙腸関節等の機能低下が
 原因の一つであることがわかりました。



 AKA博団法と藤井佳朗式咬合治療で対応して
 ゆくことになりました。


   ※症例写真
       
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint
    

 
 Oリング検査で原因と思われる部位は
 左仙腸関節頸椎7番、噛み合わせ不調
 でしたのでその部位を中心に手技療法で治療を
 加えていくと示した写真のように、脇腹が痛くて
 上がらなかった左腕が治療が進むに従い徐々に
 上げられるようになりました。



 顔をしかめて来院したKさん、その当日に
 ここまでの結果が出てびっくり、目を白黒
 でも大変喜んでおられました。


 その後3回の治療で95%痛みがとれ
 ニコニコして通院中です。



 

口腔異常感症が治って大喜び

 

上記のあまり一般になじみのない病名で治療をした

Kさん(男性60才)のお話。

 


①右下奥歯が左側に寄ってきて舌を圧迫する

②右下ブリッジが浮き上がっている感じが続く

③右側の奥歯が全体が高くかみ合わない


という症状が数年続いているそうです。

 


もちろん前の歯科医院2軒で、詳しい検査をしましたが

原因がみつかりません。

 

2軒目でブリッジをやり治しましたが変わりません。

 


インターネットを調べて当院にたどりつきました。


私も歯や歯周組織、噛み合わせを検診してみましたが

①~③に直接つながる所見はありませんでした。

 

Oリングテスト検査等も併用して詳しく調べた結果


「口腔異常感症」
と診断しました。

 


この病気はむしろ精神科的疾患として扱われ、抗うつ剤等の

薬剤治療が主体となります。


当院では別法を開発して、対処して改善治癒した症例を

少なからず有していますので、患者さんに詳しく説明・同意
の上、治療を開始しました。(診断的治療)

 

AKA博田法、藤井式咬合治療の重金痛除去デトックス

治療等を組み合わせて、約半年間かけて治療しました。


そして徐々に変化が現れ、現在は①~③の症状のほぼ

90%以上は改善、ほとんど気にならない様になりました。

 


「原因不明、治療法はない」と言われ続けてきたKさん。


「ここに来て本当によかった」
とうれしそうに

 語ってくれました

ゆびのばソックスで魚の目治る!!



長年通院してくださっているSさん。


Sさんは、長年足の魚の目で悩まされてきました。


あるとき、院内スタッフの情報から
当院で ” ゆびのばソックス ” を購入。



数ヶ月履き続けると
悩みのタネだった魚の目がなくなり
その後、現在に至るまで再発はしていません。


ゆびのばソックスは
今井一彰医師他の開発により
足指の曲りを改善する効果があり
この二次的な効果により、魚の目が治ったのでしょう。



livedoor 天気
  • ライブドアブログ