かみ合わせと全身の病気・診療日記

歯やアゴ、かみ合わせの不具合、口腔異常などの病気が原因となって精神疾患、整形外科疾患、皮膚疾患、内科疾患、耳鼻科疾患などの症状として発症してしまっている患者さんに日々向かい合っている千葉県の「さかい歯科医院」院長の診療日記です。

2014年09月

溝口徹先生のサプリメント

先日60才代の女性が舌の痛みを訴え来院しました。

診ると左側舌の横に直径5~6mmの丸い舌炎が3か所。(ふつうの口内炎とはちがいます。)
上から舌をみると左側だけ波を打ったような形に舌が腫れています。
色々考え「亜鉛、ヘム鉄、ビタミン群サプリメント」を4日分処方しました。
これは分子整合栄養学療法(内科・溝口徹先生主催)で処方される医療用サプリメント。(医師処方が必要)

4日後に再来した患者さんは
「舌の腫れや痛みがだいぶなくなりました。まだ少し先端の方が残ってますが」
とニコニコさらに数日分追加処方しました。

この栄養素補充療法はなかなかのもので要所で私の診療を助けてくれる頼もしいアイテムです
 

講演発表してきました

先日、日本病巣疾患研究会で症例発表をしました。
この会は腎臓内科の名医・堀田修先生を会長にリウマチ科であいうべ体操、ゆびのばソックス考案の今井一彰先生、歯科の相田先生が中心となって発足された会です。
病巣感染、病巣疾患に焦点をしぼり色々な診療科の医師が集います。
病巣疾患治療は多くの疾患の根本的治療になるので大変意義深い学会です。
名医や有名医がごろごろいて私はその中でインスパイアされています 

金属の悪影響!?

ある種の歯につめる金属が体の痛みや機能障害の原因の一つになっていることがある様です

30代女性Kさん。上下奥歯2本の金属を除去すると長い年月治らなかった後頭部から肩にかけての痛みがなくなったそうです。(ひどい時には指先まで痛かった)

実はこの金属を除去した方が良いといったのは歯科領域の異常が全身に及ぼす影響を良く認識しているスーバードクター(内科)からの歯科への紹介です。
すごいドクターです  
livedoor 天気
  • ライブドアブログ