あることをきっかけに、約7~8年前から
虫歯(「象牙質感染症」と当院では呼んでいます)
に対して、

除菌薬を主体とした
できるだけ”削らない”治療法
開発・確立を続けてきました。

その甲斐あって、ここ数年は
歯の神経・血管を除去する「抜髄」治療が激減して
以前の1/20~1/30に減りました。
 
スタッフも抜髄治療の
器具や薬品の用意を忘れてしまう程です