かみ合わせと全身の病気・診療日記

歯やアゴ、かみ合わせの不具合、口腔異常などの病気が原因となって精神疾患、整形外科疾患、皮膚疾患、内科疾患、耳鼻科疾患などの症状として発症してしまっている患者さんに日々向かい合っている千葉県の「さかい歯科医院」院長の診療日記です。

2015年10月

<ずっと痛み続けたヒザが1回目治療で改善>

40才代女性のAさん。
AさんはH27年の当初から
急に左ヒザが痛くなりました。

色々試すも、なかなか良くならず、当院が紹介されている
『頼れる9人の歯科医』(現代書林)
を読んで来院されました。

歯科領域疾患で関節痛が起こることを知って、
何とかならないかと来院されました

基礎的検査や関節検査、
O-リングテスト検査で原因、関連を調べ、
まず4~5回を
藤井佳朗式咬合治療AKA博田法
左ヒザ痛に取り組むことになりました。

Aさんは治療法を説明した時から

「変われる気がします!」

と、目をキラキラさせながら答えてくれました。


さて、後日、第1回目の治療開始です。

実際正座をしてもらうと、(術前写真)正座にはほど遠く
痛みでヒザ立ちするのが精いっぱいです。

藤井佳朗式咬合治療で
原因の可能性の高い左下奥歯を調整するごとに
徐々にヒザが曲げられるようになり、
7~8回の調整後、少し痛みはあるものの、
“カカトがお尻についた状態”の正座ができました。
本人が痛さをこらえて無理やりではなく、
「正座できてしまった」のです。

Aさんは、

「本当にびっくり。
でも泣きたいくらい嬉しい!」

と、嬉しさを表現されました


「よかったね。これで歯とヒザが
関係したことがわかったことが大事。(治療的判断)
まだ安定・持続的な効果は長くはないので
この治療を重ねていきましょう。」

と、日常の諸注意を伝えて、
第1回目の治療を終えました

ヒザ痛は今までの経験で、
奥歯と関係性が強いと感じていますが、
今回もやはりそうでした。

ともかく、1回目に関連性がわかり、
改善現象も出てホッと一安心です
加賀谷和子まとめ


 




講演会詳細です

前回お知らせした、
野田市北部公民館での講演会の詳細です


無料講演会 わかりやすい認知症の話

さかい歯科医院 酒井秀俊(日本認知症学会)


*日時*
第1回目:10月28日(水)午前9:30~11:30
第2回目:11月 4日(水)午前9:30~11:30

*場所*
野田市北部公民館(七光台駅徒歩5分)

*参加費*
無料、先着順

参加申込が必要です
野田市公民館までお問い合わせください


予定内容
・認知症はどのようにおこるか
・歯科治療で良くなる?!認知症
・認知症の診断法
・驚異の歯科的認知症改善効果
・標準的な治療法(実録ビデオと画像の数々)
・認知症予備軍とは
 「時計がよめた」「会話ができた」…
・認知症対策あれこれ
・表情筋と認知機能
・栄養素での改善  他多情報

多くの皆様のご参加をお待ちしております 

livedoor 天気
  • ライブドアブログ