上記のあまり一般になじみのない病名で治療をした

Kさん(男性60才)のお話。

 


①右下奥歯が左側に寄ってきて舌を圧迫する

②右下ブリッジが浮き上がっている感じが続く

③右側の奥歯が全体が高くかみ合わない


という症状が数年続いているそうです。

 


もちろん前の歯科医院2軒で、詳しい検査をしましたが

原因がみつかりません。

 

2軒目でブリッジをやり治しましたが変わりません。

 


インターネットを調べて当院にたどりつきました。


私も歯や歯周組織、噛み合わせを検診してみましたが

①~③に直接つながる所見はありませんでした。

 

Oリングテスト検査等も併用して詳しく調べた結果


「口腔異常感症」
と診断しました。

 


この病気はむしろ精神科的疾患として扱われ、抗うつ剤等の

薬剤治療が主体となります。


当院では別法を開発して、対処して改善治癒した症例を

少なからず有していますので、患者さんに詳しく説明・同意
の上、治療を開始しました。(診断的治療)

 

AKA博田法、藤井式咬合治療の重金痛除去デトックス

治療等を組み合わせて、約半年間かけて治療しました。


そして徐々に変化が現れ、現在は①~③の症状のほぼ

90%以上は改善、ほとんど気にならない様になりました。

 


「原因不明、治療法はない」と言われ続けてきたKさん。


「ここに来て本当によかった」
とうれしそうに

 語ってくれました