ナースがお仕事のKさん


 ここ数日徐々に左脇腹と、左腕の激痛が
 始まり、痛みで左腕を動かすことが全く
 できなくなりました。


 近隣の病院に行ってみましたが、痛みは
 良くならず過去の当院での治療の効果を
 思い出して、かけこんでいらっしゃいました。


 左脇腹から左腕の痛みで、前かがみの状態で
 高齢の方のように、ゆっくりとしか歩けません。


 今回も整形的検査やOリングテスト検査により
 噛み合わせ不調と仙腸関節等の機能低下が
 原因の一つであることがわかりました。



 AKA博団法と藤井佳朗式咬合治療で対応して
 ゆくことになりました。


   ※症例写真
       
BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint
    

 
 Oリング検査で原因と思われる部位は
 左仙腸関節頸椎7番、噛み合わせ不調
 でしたのでその部位を中心に手技療法で治療を
 加えていくと示した写真のように、脇腹が痛くて
 上がらなかった左腕が治療が進むに従い徐々に
 上げられるようになりました。



 顔をしかめて来院したKさん、その当日に
 ここまでの結果が出てびっくり、目を白黒
 でも大変喜んでおられました。


 その後3回の治療で95%痛みがとれ
 ニコニコして通院中です。