DH歯科衛生士の診療日記

DHとはDental Hygienist 歯科衛生士のことです。
歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導等を行います。
千葉県のさかい歯科医院のDHエリーが
ちょっと変わった診療の日々のあんなこんなを
ぽつり、ぽつりつづる日記です。

☆☆流山市 さかい歯科医院☆☆
TEL:04-7155-5082 http://www.sakai-shika.net/

さかい歯科医院 院長が詳しく紹介されています!
DSCN0700
・院長のこれまでの道のりと目指す医療
・口呼吸は万病の元
・多数の他科医師との連携実体
・歯科治療で良くなる様々な病気
(糖尿病、リウマチ、皮フ炎、各種整形外科疾患 etc)

常に全身を考えた歯科治療
現代書林 1,300円+税

2014年06月

意を決して!

このところ少し重症化した歯周病の患者さんが多くなってきたような・・・
そんな中、自覚的にも歯周病の症状があちこちに出てきて、不安を抱えインターネットでいろいろ調べて、意を決して来院しましたとのHさん。

確かに『意を決して』と言われた口腔状態です

レントゲンからも歯槽骨の吸収が目立ち、歯周ポケットを検査すると8mm、9mmがあちこちに・・・
歯茎は赤黒く腫れ触ると出血、排膿もありの様子

あらためて Hさんに歯周病の状態を説明
「やはりそうですか・・・何とかなりますか
とても不安気な様子でした。

不安ですよネ・・・

だからこそ『意を決して』来院してくださったんですよネ
歯周病と向き合っていただくことそれこそが歯周病治療の第一歩です

治療計画を立て一歩一歩進めていきましょう
赤黒く腫れた歯茎の下には、たくさんのプラーク、歯石が見えかくれ・・・
まずはこの細菌槽を何とかしないと

ピンク色の歯茎を目指して一緒にがんばりましょうネ

歯茎のビフォー&アフター アップする予定です

講演依頼の募集

 先日のブログでもご報告したNDM講演会
(5/29付・酒井先生の講演会)
医科医師の皆様に大変好評をいただき、
来年も続編講演のオファーを受けました

演目
「顎口腔系と全身疾患との関連。この分野での医科歯科連携」
1 認知症と歯科領域
2 高齢者ケア・在宅医療での医科歯科連携
3 リウマチと医科歯科連携
4 糖尿病、動脈硬化と歯科
5 腎疾患と歯科
6 睡眠時無呼吸症候群と歯科
7 リハビリテーションと歯科
8 整形外科疾患と医科歯科連携
9 皮膚科疾患での医科歯科連携

 この分野(顎・口腔系と全身)はここ数年マスコミでの露出が急増し、患者さんの認知度も高くなっています。
「歯科ことはよく知らない、知らなくて
もよい」
「歯は食べるだけの機能でしょ
ではすまなくなってきています


 歯科領域疾患で通院している患者は大変多く、これからは顎口腔歯科疾患との関連も
説明・相談できるドクターやナースがより患者さんの信頼を得ることと考えます。

 医科医師、看護師、理学療法士等医療従事者向けではありますが
「顎・口腔系と全身疾患の関連性と医科歯科連携治療」
の内容で講演依頼の募集をしています

どんな小さな研究会、勉強会でも結構です。また貴会の予算に応じお受けします。
(当方営利目的の講演屋ではなく上記テーマの啓蒙が目的です)
また遠方の方でも結構です。

 ご相談はさかい歯科医院ホームページ
(http://www.sakai-shika.net/)
よりご連絡ください。

 

 

 

酒井のセミナー講師受付けます
サークルのお茶会、趣味(カラオケ、ダンス等)の集まり、会社の研修会として、ライオンズクラブ等の研修会、お友達の集まり、同窓会、食事会等の余興、新年会、忘年会のヒトコマとしてなどなど。その場を考慮した内容にします!
人数は数人からOK.時間2~30分間から。講演費は応相談、格安可【Oリングテスト、咬合治療等実演可】
詳細はお電話ください